ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

メガロポリスさん のコメント

お医者様にどうご指導頂いてるのかわからないのですが、
ネットは気分がフラットになるまでしばらく絶つ方がいいと感じます。
勿論、ネットは映画や音楽、YouTubeで楽しく気分よくなれるなら心の栄養を補給できる素晴らしいツールだと思います。
ですが、ずっと部屋で1日過ごせてしまう、隙間時間を埋めて脳を無理やり回し続けるツールでもあります。
(パソコン中毒みたいな書き方をして申し訳ありません。そんな決め付けのつもりはありません。あくまで、「脳の暇」を作る事の意味を知ってほしくて書いています。)
心がざわつくならノートに書きだすとかでもいいのですし。
まずは現状を把握して、今できるほんの少し前向きな行動を、期限をつけて行うといいと聞きます(スモールステップというそうです。)
っていうか心が疲労している時に一足飛びにアクティブな行動なんてむしろ疲労を加速させるだけです。
トラックに跳ね飛ばされて半死半生になった人にジム通いすれば筋肉つくよ!と言うようなものです。
段階を踏む事で余裕をもって自分を回復させた方がいいのではと思います。復讐は全快してからやった方が効率的です。
自分なりの最終目標を決めて、それが例えば働くことだったとしたら
1週目はコンビニに行って帰ってくる
2週目はストレッチや散歩をしてみる
3週目に以前働いてた時間に起床就寝を少しずつ合わせていく
4週目にスーパーに行って自炊をしてみるとか図書館で本を借りてくる
みたいな。あくまで無理のない範囲でですけど。そうして少しずつ生活習慣を元に戻していく。
そしてそれが達成できたと実感したら、自分にご褒美を出す(これが一番重要です。自己実現能力というものを刺激するそうです)
好きな食べ物とかあればいいんですけど…食欲がわかないようなら自分を褒めるだけでもいいです。
最終的な社会復帰のビジョンに合わせて少しずつ段階を踏むんです。
聞きかじっただけのたわごとですが、妹はセラピストさんからそう指導を受けていたそうです。

ですが、私には筆者さんの現状がわかりません。専門家でもありませんので、相談できるお医者さんがいらっしゃるならそのご指示を順守するべきかもしれません。創作に復帰されるかとか関係なく、筆者さんの幸福をお祈りしております。長文失礼いたしました。
No.9
2ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
疑問回です。  療養とはなんなのでしょうか。  ゴミのように寝腐って家畜のように毎日毎日似たような即席ラーメンと安物の菓子を食い漁って引きこもって過ごすことは癒しなのでしょうか。  とても疑問です。  むしろそういう状態に追い込まれているという負い目引け目を毎秒感じて神経をゆっくりすり減らしながらただ時間だけを浪費することなのではないかと思う今日この頃です。  気が狂いながらそれはもう必死に耐えました。  どんな不義理に対してもマネジメントだからと言い聞かせて耐えて庇って励ました挙げ句の果てがこの様です。  いつまでも腐っていたら自分が一番損をすると言うことは分かっていて、早く立ち直りたいと言う気持ちだけが空回りしています。  誰か助けてください。  でも必ず恩と怨は返します。  できればペンで返したいので、死なないように気を付けます。