2013AKB総選挙 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2013AKB総選挙 感想

2013-06-09 17:18
    総選挙が終わり、今年は
    篠田麻里子さんの卒業発表、
    新世代の台頭による神7の崩壊、
    そして何より指原莉乃さんの1位など、
    サプライズ満載、マンネリ空気を振り払う1大イベントとなりました。



    しかし個人的にはやはり、SKEメンバーの大躍進が一番の嬉しいニュース。









    フューチャーガールズには中西優香さんをはじめ3人がランクイン。
    ネクストガールズには新兼任メンバーの大場美奈さんをはじめ5人。
    アンダーガールズにはセンターの座を射止めた柴田阿弥さんをはじめ何と7人。
    そして選抜メンバーには前回総選挙からのジャンプアップを果たした須田亜香里さんをはじめ3人。
    何と合計18人。ランクインメンバー内4分の1以上がSKEメンバー









    しかも嬉しいのは、今まで上位メンではなかったメンバーが数多くランクインしていること。
    金子栞さん、磯原杏華さん、小林亜美さん、斉藤真木子さん、松本梨奈さん、梅本まどかさん、そして何より柴田阿弥さん!!全開総選挙では「圏外メンバー」だった彼女たちが大活躍!!彼女たちのファンもここぞとばかりに投票をしたはず・・・・・・。否が応にも、SKEメンバーと、ファンの底力を感じてしまう結果です。



    総選挙後、彼女たちがこの「人気」を継続できるか。それはわかりません。
    でも今回、彼女たちが「機会」を手にできたことは事実。このチャンスを、ぜひモノにして成長していってほしいものです!








    圏外メンバーの活躍に触発されるように、前回ランクインメンバーも軒並み順位をアップ。
    個人的な感情を挟んでしまえば、やはりW松井W神7入りが一番感慨深いです。
    特に推しメンの松井玲奈さん7位入賞は本当に嬉しい。本人にはもっと上を目指せたと悔しい気持ちもあるでしょうが、今は素直に「おめでとう!」「嬉しい!」とお伝えしたいです(笑)









    そんなわけで、今年はSKEに注目して楽しんだ総選挙。
    次回総選挙があるならば、今回ランクインできなかった古畑奈和さんや菅なな子さんなど、次世代メンバーの躍進に期待したいです(^-^)/!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。