「痴女が何をしでかすかわからない件」のあとがき
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「痴女が何をしでかすかわからない件」のあとがき

2014-11-02 20:45
  • 13

公式が病気って、確かにそうだよな・・・・

ということで、次回作の製作途中でしたが、放送を見て、急遽、つくりました。
公然わいせつ罪というと、S○○Pの×彅×が思いついたのですが、動画が削除されるどころか、社会から抹殺されたくなかったので、使うのを思いとどまりました。

さて、コメントの中で、軽犯罪法第1条第20号の規定について言及されたものがありました。条文では「公衆の目に触れるような場所で公衆にけん悪の情を催させるような仕方でしり、ももその他身体の一部をみだりに露出した者」とあります。
じゃぁ、カオルのこの行為も軽犯罪法違反ではないのか?と思われるかもしれませんが、無理があります。

というのは、この規定自体、公衆わいせつ罪の補充的規定であるため、この規定が適用されるのは、公然わいせつ罪の構成要件に該当しない場合のみ成立するものです。そのため、公然わいせつ罪が成立するのなら、この規定が適用されないのです。

刑法と軽犯罪法の補充的規定について説明すると、一例として、軽犯罪法第1条第32号の規定があります。
「入ることを禁じた場所又は他人の田畑に正当な理由がなくて入った者」
このように規定されていますが、後段の部分(「又は」からの部分)でいえば、他人の田畑に入ることは住居等侵入罪を構成しません。つまり、住居等侵入罪で罰せられません。
ところが、田畑の所有者や管理者にしてみれば、まったく関係のない者が勝手に自分の田畑に入られては困りますよね。そのため、軽犯罪法の規定でこれを処罰行為として規定することで、刑法で処罰できないケースを、軽犯罪法で処罰できると「補充」しているのです。

では、軽犯罪法第1条第20号の規定は、公然わいせつ罪をどのように補充しているのか?という問題があります。
そもそも、わいせつとは、「いたずらに性欲を興奮または刺激させ,かつ,普通人の正常な性的羞恥心を害し,善良な性的道義観念に反するもの」(昭和26年最高裁)と定義されます。
まとめると、
1 いたずらに性欲を興奮又は刺激させ
2 普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するもの
この1と2を同時に満たさなければならず、特に1の問題が、軽犯罪法第1条第20号を補充します。
1は、つまり性的意図があることを要するという意味で、故意の質の問題になってきます。

例えば、行為者が性的意図がない路上パフォーマンスと言い、尻などの身体の一部を出す行為をした場合、性的意図を必ずしも立証できるとか限らなくなってしまいます。そうなると、公然わいせつ罪で検挙、処罰できなくなる可能性があります。それ以上に、問題なのは、公然わいせつ罪として、その行為をその場で止めさせる根拠がなくなってしまうのです。
逆に言えば、行為者の意図に関係なく、軽犯罪法第1条第20号の規定で、「おい!やめろ!!」と止めさせる根拠も存在しますし、場合によっては検挙できます。


では、動画のケースではどうなのか?といえば、上記の2は充足するのはもちろんのこと、1についても充足しています。そのため、軽犯罪法での適用をする必要性がなく、公然わいせつ罪での適用がされるのです。

最後に、刑法では、「○○だから違法」「××だから違法じゃない」と単純に決められるものではありません。キスや胸を出す云々、一概にわいせつではないとするのは、これは誤解を生みます。
恋人同士がキスをする行為は公然わいせつ罪に該当しませんが、実際に無理やりキスをする行為について、強制わいせつ罪で処罰したケースもあります。(実際にはほとんどのケースで暴行罪の適用をしていますが)同じキスという行為でも、わいせつかどうか?違ってくるのです。
わいせつとは何か?ということについて、具体的な事案、行為を照らし合わせて、その罪の構成要件に該当するのか?と検討をする必要があるのです。



広告
他3件のコメントを表示
×
>>3
眠いので色々めちゃくちゃで申し訳ないのですが
公然わいせつに関してはぐぐれば「これでつかまんねーのかよwwww」って画像が一杯出てくるので面白いです。
あと、わいせつ性の判断にあたっては徒に性欲を興奮又は刺激せしめ、かつ、普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的動議観念に反するもの。ですが
これってたしかサンデー娯楽の後チャタレイかなんかの表現の自由絡みで踏襲された規範で、差し止めの事例かなんかだったような気がしますが、ぶっちゃけ明確性の原則に反するしめちゃくちゃ批判の多い規範なので私はあんまり好きじゃありません。
というか徒に性欲を興奮又は刺激せしめ、の部分が故意の質の問題とされてるのですがそれは本当なのでしょうか
これはわいせつ性の定義、つまり実行行為性、ひいては客観的構成要件該当性の問題であり、その意味するところ故意の認識対象です。
もしこれが故意の質に絡む話なら体系論上ちょっとおかしな話になってきます。徒に、というところが必要にせまられたわけでなく(家事で逃げ出すときに全裸であったなど)、と解釈するのならそれは積極的に故意の判断に用いるのではなく消極的な判断にすぎず、やはり積極的判断である故意の質の問題として認識すべきでないと思われます。というか故意の質ってなんでしょうか
あと、芸術に関しては判例は相対的わいせつ概念を否定していますので、芸術性の高さやエロ目的であったかどうかということがわいせつ性を否定するものとはなりません。
文書全体においてほんの極わずかにエロい所があった場合にその文書自体の発行指し止めなどはわいせつ性が否定されますが、たぶんに含まれていた場合はエロエロです。
大事なことなのでもう一回、本人がエロい気分かどうかはわいせつ性の判断に影響を与えません。あくまで一般的観点からみてエロいかどうかなのです

私エロいの大好きです
60ヶ月前
×
>>4
最後に

恋人同士がキスをする行為は公然わいせつ罪に該当しませんが、実際に無理やりキスをする行為について、強制わいせつ罪で処罰したケースもあります。(実際にはほとんどのケースで暴行罪の適用をしていますが)同じキスという行為でも、わいせつかどうか?違ってくるのです。

とありませうが、これわいせつ性の程度が主な問題ではなく、保護法益が異なるため判断もことなっているんどす。
強制わいせつの保護法益は個人の性的自由です。公然わいせつの保護法益は性的秩序の維持という社会的なものです。
強制わいせつは個人の性的自由を侵害したからアウトで、公然わいせつは性的秩序維持の見地から見てそれを害するほどのわいせつ性ではないと判断したのです。
60ヶ月前
×
>>5
ああ・・・よく読んだら別にわいせつ性の程度によって判断が異なると書いてるわけではないですね・・・すみませんおとなしくねます・・・
60ヶ月前
×
>>3
まずは、たくさんの長々としたコメントありがとうございます。

さて、指摘の件ですが、その前に、動画作成に当たってのスタンスについて説明をします。
まぁ、ネット上で投稿といえるものは、ニコ動以外では、ヤフー知恵袋での法律カテゴリーでの回答を普段しています。
ナレッジコミュニティーですから、いろんな人が質問をしてくるわけですが、「それくらい判るだろう!」とか「さすがに小学生でも分別つくだろう」と思うような質問も多くあります。

先日あった質問で、「先日はじめて窃盗をはたらいてしまい、捕まりました。相手方には損害賠償を支払いましたが、被害届を未だ取り下げてくれません。これって酷くありませんか?どうしたらいいでしょうか?」といった趣旨の質問がありました。
どれだけ頓珍漢な質問かわかりますよね。
他の回答に「万引きで、初犯なら、おおよそ微罪処分か不起訴処分になりますよ」といくつかありました。
けど、問題なのは、この質問者が大きく勘違いしているところですよね。民事上の責任を果たすことで、刑事上の責任と引き換えにできるという誤解ですよね。けど、大方の人の認識って、こんなものだったりするわけです。別に小馬鹿にするつもりはありませんよ。だってそのためのナレッジコミニティですし、自分も10年以上まえだったら、そんなに変わらない認識でしたから。

もちろん、回答自体、間違ではないし、そのように処分するケースが多いです。問題は、ネットのなかで、この手の話というのは、罪にならないほうに、罪が軽くなる方に拡大解釈されるということです。この質問でいえば、この質問者も、この質問を読んだ人も「初犯であれば」とか「おおよそ」という条件が抜け落ちてくるんですよ。

コメントにあったように、強制わいせつ罪の成立は難しいでしょうね。旦那の体力とか考えれば。
動画の中のコメントにも、「ただその場合他人に対するものより相当程度深刻な事情が必要だろう、そもそも結婚している時点で性交渉に対する包括的な同意があったとみなすべきだ」というものがありました。
また、判例では強姦罪、強制わいせつ罪の脅迫や暴行の程度は、強盗罪等における相手の反抗を抑圧する程度までを要しないとしています。

しかし、動画を見た人に、どれだけ正確に伝わるのか?という問題があります。

別にこれを見たからどうのこうの責任が云々だなんてことは、考えていませんよ。
しかし、見た人間に、変に曲解されても、こっちとしても気分が悪い。まぁ、確かに、これまでの動画のなかで、これは罪にならないよというネタも少しはあります。けど、大抵は重い方へと、無理くりに内容を作成しています。
まぁ、だから「酒の席の与太話程度」なんですよ。

だからといって、それで誰かに迷惑がかかるわけじゃない。むしろ、「この程度なら罪に問われないよ」とか、そっちのほうが迷惑をかける可能性がある。
強制わいせつ罪のことでもそうです。先の動画の中でのコメントでも、じゃぁ、そのニュアンスが、正しく伝わるか?という問題がある。もちろん、動画の批判としてそのようにコメントを寄せることは歓迎するけど、それを動画のなかで取り上げるのは、笑い話にはできなくなる。そういったことです。
60ヶ月前
×
>>7
続きですが、このブロマガも、内容を変な誤解をされたくないということから、始めました。
一番、最初に作った「勇者エミリアの違法行為」が現在、再生数が4万以上です。
最初、1万を超えた時点で、ちょっとやばいと思ったわけですよ。これは本当のところですが、今でも、正直、桁が一つ繰り上がることになったら、このシリーズをやめようと思っています。
おそらく、自分も楽しめれなくなると思いますからね・・・きっと。

まぁ、いまのところそんな心配は不要ですが。
60ヶ月前
×
>>3
もう、関心を失われてしまっているかもしれませんが、公然性の問題について。

コメントでは、居酒屋の個室の場合、「①は、扉やふすま、窓を開けっぱなしにする。②は、多数がその部屋にいるとった状態であった。(大体5・6人くらいから多数だと思われます)」とあります。
①については、扉やふすま、窓が開けっぱなしにするというのは、当然ですが、不特定又は多数の者に、開けられる危険性があるのか?ということが問題です。旅館やホテルの一室ならばともかく、居酒屋の個室で施錠はできませんよね。ですから、公然性があるといえるのです。
60ヶ月前
×
>>9
上記の公然性について、これが否定されれば、例えば深夜の人気(ひとけ)がない公園や人通りのない道路で全裸になるということと、バランスを欠きます。

次に酩酊状態について。

まず、酩酊状態では、普通酩酊、異常酩酊と別れ、異常酩酊は複雑酩酊と病的酩酊に分かれます。
普通酩酊と複雑酩酊は量的な関係にあるのに対して、病的酩酊は前二者とは質的に違ってきます。(Binderの酩酊分類)
普通酩酊は責任能力があり。複雑酩酊は責任能力が限定され、病的酩酊は完全に責任能力が阻却されるといわれています。

病的酩酊の場合、記憶障害は全健忘、若しくは部分的な健忘が見られます。そうなると、健忘という点では、カオルは病的酩酊に区分されることになりますが、それだけでは不十分です。というのは、意識障害がどの程度あり、また正常な思考,感情行動の心理学的連関が断裂しており,その行動は,周囲から了解不能であることが、病的酩酊の判断基準になります。
酔った勢いで、野球拳をし、じゃんけんで負けたことで脱いだ、そして、旦那に抱き付いたということを考えれば、一連の行動に意味があり、周囲からみて了解可能で、病的酩酊とはいいがたい状態です。

というのは、病的酩酊の場合、幻覚や妄想が発生する点で、他の酩酊状態とは質が違っているのです。幻覚や妄想が酩酊者に発生するため、弁識能力を完全に失うことから、周囲から見て了解不可能な行動に出るのです。カオルの様子からして、このような幻覚や妄想が発生しているとはいえないことも、病的酩酊ではなく、責任能力が完全に阻却されるわけではないといえます。

では、複雑酩酊となるのかということですが、その可能性はあります。
酩酊状態になると、言うまでもなく、判断能力の低下、運動能力の低下、理性や自制心の低下、記憶力の低下などが見られます。これらが、著しく起きる場合、複雑酩酊といえます。
カオルの酩酊状態では、理性や自制心の低下と記憶力の低下は見られます。

ところが、ここで一つ問題があります。
これは動画作成でのシーンカットの問題です。確かに「酒を飲んで酔っ払った状態でエロいことをしてやろう」という点では、故意がないといえます。
しかし、この前の段階で、襲われた翌日に、旦那がカオルに「今度、酔っぱらったときに動画を撮る」と挑発し、カオルがこの挑発に乗る形で、酒を飲みに出ていきます。つまり、この一連の行動が、自分の酒癖の悪さをある程度認識しつつ、自ら飲酒したという点で、「原因において自由な行為」に照らし合わせてみた場合、責任能力を阻却、若しくは限定的に認め心神耗弱としていいものだろうか?という疑念が生まれます。つまり、未必の認識があったのではないのか?ということです。
60ヶ月前
×
>>7
たぶんそれは拡大解釈じゃなくて縮小解釈ですね。通常の用法より適用範囲を制限する方向で解するならば縮小解釈のほうが合ってると思います。
あと、強姦や強制わいせつにおける暴行が強盗におけるものほど強度である必要がないというのは、強盗は相手が抵抗できない状態にしてから物を奪う必要があるわけですが、強姦や強制わいせつは最悪エロいことが出来る程度に相手の反抗を抑圧できればよいからです。
解りやすい例としては、電車で降りる際にドア付近にいた女性の胸をわしづかみにしたら強制わいせつです、相手方はこの際不意をつかれ反抗が出来なかったのでそれで反抗を抑圧されたと言ってしまってよいのだそうです。
相手方の反抗を抑圧する程度の解釈が異なるだけでそれ自体はやはり必要です。
59ヶ月前
×
>>10
まず、公然性ですがその理由付けで認めることはいささか乱暴だと思われます。
居酒屋の個室の扉を不特定又は多数の者にあけられるなんてことまずありえません。店員ですら何か業務上の必要があるか、呼ばれた時でない限りは開けることはありません。
そして、人気が無いとはいえ公園や道路では不特定又は多数の者に見られる危険性が非常に高いのでその性質が大きく異なり、一緒にして論じるのはまさに暴論です。
酩酊状態の区分についてはさすがに初めて知りました、勉強になります。
確かに病的ではないでしょうから複雑酩酊の可能性について検討すべきであり、その場合心神耗弱者の検討に入るのでしょうね。
カオルに未必の認識があるかが問題となると指摘していらっしゃいますが、これはないと言ってしまってよいです。
未必の認識とは正確な法律用語ではなく、未必の故意と言い、原因において自由な行為においてもその判断についてはこれに準じます、そしてその中身は結果を認識しつつ認容することを言います。
例えば、この石をあちらの方に投げたら人に当たって怪我をさせるかもしれないが、まあ、いいや。と思って投げて傷害の結果を発生させれば未必の故意ありです。
この点、カオルたんの場合酒を飲んでまさか自分が酔っ払った時に横暴の限りを尽くすなど思っておらず、そもそもそれを否定するために飲みに出かけた訳です。
酔っ払ってエロいことするという結果に対しては認容どころか認識すらないので未必の故意も否定されます。
59ヶ月前
×
一応補足として
未必の認識という言葉はありませんが、未必的認識という言葉はあります。
ただ、この場合でもその意味は未必の故意の中でも認識、認容まで要するという立場の学者があれて用いているものであり、つまるところ未必の故意のことです。
個人的に一部の学者が勝手に使っているだけの言葉をその学説を指示する人以外の目に触れる可能性のある場所では用いるべきではないと考えているので、私はこの場合でも未必の故意、もしくは未必の故意的な認識と言うことにしています。
59ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。