• 高齢鳥飼育者のコロナ対策として

    2021-01-21 17:08

    新型コロナウィルスの第三波の最中ですし、私が感染し隔離されてしまうと、高齢で何かと問題の多い、いいちこインコさんの飼育に支障が出るので、もしもの時の為に、現在、残される家族に「いいちこインコさん飼育マニュアル」を作っています。

    (特に老眼な母の為に写真と文字の大きいモノを。)

    このチャンネルが「飼い主がコロナに感染し隔離されている間、お世話が不十分になり、いいちこインコさんは死んでしまいました」なんて終わり方を望んでいる人はいないでしょうし、感染する事なく、こんなマニュアルは使わないで済む方が良いのですが、防災と同じで、何事も備えて置く事が大事ですからね!

    「明日やろう!」ではなく「今からやる!」が大事です!

    因みに、チュン太さんの方は若くて持病もないですし、インコ飼育歴25年の家族なら、特にマニュアルが無くても飼育は大丈夫です!(*´ω`*)b


  • 広告
  • インコ!怒りの「あ゛!!」

    2021-01-10 17:32

    最近、インコ動画の中で着ていたので、既に、お気付きの方もいると思いますが、コチラが、以前、一宮のことりマルシェで買ったTシャツですっ!!

    このオカメインコが怒っている感じ…… スッゴい、いいちこインコさんが怒っている時にソックリなんですよねっ!!!(笑)

    インコって賢いし、愛情深いし、甘えん坊だし、面白い生き物で、実は人間に近い感情を持つ生き物なのですが、何故か、怒りの感情だけが、凄いシンプルで単純。瞬間湯沸かし器のように一気に怒りが沸点に達するんですよ…

    普段は賢いのに、怒りの時だけおバカな感じが…また、可愛いんですけどねっ!!(*´ω`*)b

    ●追記●Tシャツの通販はコチラになります→ https://roi.base.ec/


  • インコを保護して8年経ったらこうなった

    2021-01-08 16:30

    2013年1月7日の夜にチュン太さんを保護してから、かれこれ8年が経過しました。
    チュン太さんも、条件は限定的ながら「おいで!」が出来るようになり…。

    保護した当初はタンスの上から降りて来てくれなかった事を思うと、随分、我が家の人間に懐いてくれたモノだな……と思うと同時に、ココまで慣れてくれても、まだ、自分からは撫でさせてくれない事に、一抹の寂しさを感じたりもします。

    しかし、人間に甘えるのも、甘えないのも、チュン太さんが決める事。

    チュン太さんの事は、この上なく可愛いと思っているし、もしも、撫でさせてくれたなら、何十分でも……下手したら、何時間でも撫でてあげたい気持ちがありますが、それはチュン太さんが望んだ時に、初めて叶えてやれる事で、決して、人間が望んだからと言って、無理強いしてはイケない事だと思うんです。

    確かに、いいちこインコさんは、この上なく、嬉しそうに、毎日、家族に撫でられています。

    しかし、私達、飼い主家族がチュン太さんを撫でてやる事は出来ません。
    当然、チュン太さんの事を、ちょっぴり苦手に思っている、いいちこインコさんがチュン太さんの事を羽繕いしてやる事もありません。

    チュン太さんは、この8年の間、誰ともスキンシップをした事が無いのです。

    ソレは、いいちこインコさんと見比べると、とても可哀想な子に思えます。
    しかし、チュン太さん自身は、人間とのスキンシップを望んでいない。
    ソコを、人間の思い込みで、無理矢理、距離を縮めてはイケないと思うんですよね。

    いいちこインコさんには、いいちこインコさんの人間との距離感があり、チュン太さんには、チュン太さんの人間との距離感がある。

    飼い主の希望としては、もっとチュン太さんとの距離を縮めてやりたいですが、チュン太さんが自分から望んでくれるまで、飼い主としては、気長に待つつもりでいます。

    それと同時に、保護してから8年が過ぎ、チュン太さんも中年……もしくは、老鳥と呼べるような年齢に入って来ているのではないか?……と思います。

    飼育の方法を若い個体の飼育から、いいちこインコさんの飼育に近い…老鳥の飼育に切り替え、体調の管理を、今まで以上に、しっかりとしてやる必要が出て来ていると思います。

    正直、まだまだ、目立った老化は感じませんが、いいちこインコさんを飼育していて、老化は、一旦始まると、あっと言う間に進んで行くのも経験済み…。

    ただ、老化が始まると、体の不安からか、一気に、人間に対する信頼度や依存度が上がるのも経験済みなので、今の、体に不自由が無い内に、コツコツとチュン太さんの信頼度を稼ぎ、いざ、老化が始まった時には、飼い主家族に体を預けてくれる子になってくれるよう……コレからも、愛情タップリに育ててやりたいと思いますっ!!