コルゲートチューブと治具(じぐ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コルゲートチューブと治具(じぐ)

2020-12-01 01:21
    12月に入り、徐々に肌寒くなって来て、インコの体調によっては、鳥カゴにヒーターを取り付ける季節になって来たかと思います。

    ただ、インコには電源コードぐらいの太さの配線を、遊びで噛み千切ってしまう習性があり、場合によってはインコが配線をかじった事が原因でショートしてしまい、火事の原因になったり、クチバシを火傷してしまったり、様々な事故の原因になってしまう事があります。

    そこで、今までは、100円均一でも手軽に手に入るスパイラルチューブを配線に巻いて、インコにかじられるのを防止する事をオススメしていました。

    (100円均一では、テレビ裏などのゴチャゴチャした配線を、一まとめにするグッズとして売っている感じです。)

    しかし、スパイラルチューブには隙間があり、我が家では二重に巻くなどの対策をしていましたが、そもそも、破壊力がある子に対しては、スパイラルチューブは比較的、素材が柔らかい為、防御力が足りない気もしていたのです。

    そんな時、SNSでコルゲートチューブの事を教えて頂いたのです。

    コルゲートチューブも、一時期は100円均一に置いてあって、手軽に手に入ったのですが、最近は、ホームセンターぐらいでしか見かけなくなったような気がします。

    コチラ、スパイラルチューブよりも丈夫で、隙間も少ない為、ある程度の破壊力のある子に対しても、コードを守る時間が稼げるような感じです。

    我が家では、ハナのテリトリーの床暖用のホットカーペットの配線を包む為に使用しています。ハナが間近で生活する場所の配線なので、強度のあるチューブが欲しかった所なんですよね。

    (どれぐらいの強度があるか?…は、実際に、手に取って見れば解ると思いますので、興味のある方は、是非、ホームセンターに足を運んで下さい。)

    しかし、コルゲートチューブで配線を包むのは、結構、骨の折れる作業で、凄く面倒……更に、手が痛くなって仕方なかったんです。それもあって、巻く手間こそ掛かりますが、スパイラルチューブをオススメしていた面もあったぐらい…。

    しかし、コルゲートチューブを使うのに強い味方の情報を手に入れたのです。ソレが…コチラの治具(じぐ)っ!

    この小さな道具を使うと、嘘みたいに配線がコルゲートチューブの中にスルスルと一瞬で入ってしまう優れ物っ!!

    コルゲートチューブに配線を入れる他に使い道の無い道具なのですが、配線をかじろうとするインコと一緒に生活するつもりなら、安全、安心を買う為に、是非、家に1つ置いておきたいっ!!

    今回は、コレからの季節の為の飼育情報でした!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。