• このエントリーをはてなブックマークに追加
『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』を見てきた!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』を見てきた!

2016-04-14 12:44
  • 12

 あ、どうもこんばんは、いい大人達のオッサンです。

 約1ヶ月前、通常アカウントにて投稿したモンスト動画『ギガゾンビ編』にて映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の話題が出ておりまして、今度みんなで見に行こうぜ的なお話をしていたと思うのですが、久々に行ってきましたよ映画館、いやぁ何年ぶりでしょうか。

 そんな私オッサンなので映画の良し悪しだのレビューだのというものには縁遠いわけですが、それでも率直に感想を申せば大変満足、気持ちよく映画館をあとにできましたよ、えぇ。


 今作は、見る人の年齢とその重ね具合で、中心に据えて見る部分というか、感情移入する箇所が変わりそう、という印象。小さなお子さんなんかは純粋に『楽しかったー!(^ω^)』と言うでしょうし、そのお子さんを連れてきたお母さんなんかは『そうねぇ楽しかったわねぇ(;ω;)』みたいになるのでは、と勝手に想像しております。

 ネタバレにならない程度にもう少し書いてみようと思いますが、どこまでをネタバレと感じるかは人それぞれでしょうから、この記事の最後の方にスペースを取ってそちらで書くとしましょう、ということで一旦お知らせのコーナーに入ります、それでは続きはお知らせのあとに!





 本日4月14(木)は17:00より、超会議特番公式生放送にいい大人達からタイチョーが出演しますのでどうぞよろしく、出演にあたり告知ラジオと称したいい大人達の赤裸々雑談ラジオも投稿済みでございます、お時間ある方はこちらもぜひ!




 
 明日4月15日(金)は21:00より、いい大人達のチャンネル生放送特別企画・お便り募ってトークSP、ニュース・ワイドにどうでショー!を予定、お便りの内容は自由で、誰かに聞いてもらいたい手前味噌なお話、いい大人達に聞きたいあんな事こんな事、いい大人達に喋ってもらいたいトークネタ、等々なんでもOKです。当日の放送中にお便りの宛先をリアルタイムで公開しますので、今のうちにテキストファイル等にまとめオススメ!





 4月18日(月)の闘会議TVレギュラー放送のゲームタイトル調整完了、公式放送ページも立ちました! 今回は『さわるメイドインワリオ』で遊ばせていただきます! 21:30より放送開始としつつ、公式枠が終わると同時にチャンネル放送枠に切り替える予定となっております。







 あまり長々とお知らせが続くのもアレでしょうから、とりあえず近日中に予定されているモノのみとしておきましょう。

 というわけでここから先は改めて『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の感想を、ネタバレにならない程度に書いてみます、見る前に一切情報入れたくないという方もいらっしゃると思うので、しばらく空白スペース改行ののちに再開ということでひとつ。

 と言っても特に大したことを書いてはおりませんので悪しからず!







































 先述の通り、今作は見る人の年齢とその重ね具合で、受け取り方が変わりそう。

 公式キャッチコピーは以下の5つらしいですがー・・・。
『友情は、7万年の時をこえる。』
『パパは、20世紀の「日本誕生」を見た。僕は、21世紀の「日本誕生」を見る。』
『ドラえもん映画は、タイムマシンみたいだ。誰もが同い年になれる。』
『むかしむかし、日本をつくったのは勇気と友情でした。』
『ボクたちだけのひみつの日本(ばしょ)―』

 私オッサン的には、仲間達との友情や日本誕生の背景とかよりも、子を育てる親の不安と、親の気持ちや期待を受けとめきれない子、そして、そんな子たちが親のあずかり知らないところで少しずつ大人になっていく、そのほんの一部分といったところを強く描いた作品だったように感じております。

 特に家の中での、子どもたちだけのシーンは背景色などが明るく、親が登場するシーンは軒並み曇天の夕方レベルで暗く描かれる辺りは分かりやすい部分であり、且つ、創り手が明確に意図している箇所と予想。

 そうした前置きがありつつの、エンディング後のスタッフロールでの後日譚部分を見て、予想が確信に変わるのを感じつつ危うく涙腺が破壊されそうになるオッサンなのでございました。

 必要以上に悲しさやネガティブ要素が表現されなかったところもオッサン的にはグッド。人が死ぬだの二度と会えないだのは生きていればイヤと言うほど味わえるので、わざわざ映画館に足を運んで時間とお金を使ってまでは見たくなかったりします。ドラえもん達は、タイムテレビででもタイムマシンででも、あの時の仲間達と会おうと思えばいつでも会える、それで良いんだと思うわけですよ、えぇ。


 ということもありましての『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』、私オッサンの総評としましては気持ちよく見られたの一言に尽きます。人によって価値観や感じ方に差はあるでしょうが、少なくとも私オッサンみたいな方にはオススメ。

 お試しあれ!
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
いい大人達が本気でブログを書いてみた
更新頻度: 毎日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

他2件のコメントを表示
×
タイチョーとマッツァンのレビューに期待して自分も見てきました。
旧版よりも親の気持ちに焦点が強く当てられていて、のび太がペガ達を育てる親になっている姿と対比させて見せているのかなと感じました。
映画で久々にボロボロ泣きました。あらためて教えてくれてありがとう!タイチョーマッツァン!
40ヶ月前
×
自分はこの映画は公開一週間後くらいに見てきたのですが、タイチョーやマッツァンのようにボロボロ泣いて見ましたw
冒頭のシーンにもファンには嬉しい、過去の作品名などやキャラが隠されてたり、エンディングにはアフターエピソードなんかも描かれていて、遊び心があってとても良いリメイクになってたと感じました。
まぁ、旧作も見てた世代なんで、懐かしさと歳のせいもあって余計に感情移入しちゃったんでしょうがw
できれば他のメンバーの感想も聞いてみたいなぁ。
40ヶ月前
×
旧は漫画・映画ともに見ましたが、新がここまで勧められるとは。親戚か知り合いの子供を使って見に行こうかな。
闘会議TV、「さわる」ですか。タイチョーは既に色々と触っている気がw
40ヶ月前
×
オッサンさんが自分から涙腺が云々言うなんてもしやこのブロマガニセモノ・・・?

初期の生放送でオッサンの涙腺のもろさをうつしたアレ、私はしつこく覚えてます(いい意味で)
私は汗っかきなのですが、最近はいい映画や舞台などを見るととうとう目から汗が出るようになりました。
歳ですかねえ。
40ヶ月前
×
鬼の目にも涙(おっと失礼)しかしドラえもんとあの幼稚園児の映画はどんなに年をとろうが泣けるもんは泣けますねぇ―(しみじみ)
40ヶ月前
×
子供の頃に帰った気分で久しぶりに映画館に行って自分もちょっぴり泣きましたよw
声優さんが変わってもドラえもんはドラえもんなんだな…っておもいました
40ヶ月前
×
自分はドラえもんを見たわけではないのですがつい先日映画に行きました、アーロと少年にまさかのオッサン(にそっくりなヒゲの人)が出演してて驚きました乁( ˙ ω˙乁)

感動して泣いてたのにちょっと笑ってしまいました
40ヶ月前
×
昔見た物でも、年を重ねると考え方が違ってきますからね。
どっちかっていうと昔は何も感じなかったのに、大人になって見たら琴線に触れるものがあって涙ボロボロ…なんてことよくあります。
40ヶ月前
×
鬼のようには泣かなかったんですね、期待していたのに!
それにしてもキャッチコピー、20世紀の日本誕生を見ていた人はパパじゃないといけないのか・・・アハハ
40ヶ月前
×
「泣ける映画」という内容じゃないのにやけに沁みるんですよね。序盤のうちに涙腺決壊してずっと泣きながら観てましたw
モンストの動画でタイチョーさんがあそこまで勧めていなかったら観に行っていませんでした。感謝しています。
40ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。