【MME】ikPolish v0.24 ボリュームフォグの設定
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【MME】ikPolish v0.24 ボリュームフォグの設定

2017-11-23 14:26

    ■ これはなに?

    ikPolishShader v0.24で、ボリュームフォグを追加しました。ここではコントローラから操作できる値について説明します。

    ボリュームフォグは、ikPolishShader.fxsub内の、FOG_TYPEを 2にすることで有効になります。デフォルトでは0(無効)または1(擬似空気遠近)が設定されています。
    まや、コントローラ(ikPolishController.pmx)での操作が必須になっています。

    ボリュームフォグの処理は例によってそれなりに重いです。
    FOG_QUALITYで、クオリティと速度のトレードオフが可能です。

    ■ 設定モーションファイル

    FogSettingsフォルダに、フォグ関連の設定を行ったikPolishController.pmx用のモーションファイルがあります。

    ■ フォグ高度起点/端点



    ハイトフォグを開始する高さと終了する高さを設定します。任意の位置を指定できますが、高さしか見ていません。

    起点と端点の高さの差が少ないほど、フォグのある面とない面の距離が短くなります。ステージ全体をフォグで包みたい場合は、起点を上空にもちあげてください。

    ■ フォグ風向大/小

    (画像なし)

    フォグのノイズを有効にした場合の、ノイズの流れる方向。

    ■ フォグ濃度



    フォグが濃いほど光を散乱しやすく、視界を遮るようになります。
    ※モーフの数値が高いほど、濃度が下がる点に注意。

    ■ フォグ距離

    ボリュームフォグでは今のところ見ていません。

    ■ フォグ散乱度+/-



    光の散乱のしやすさ。散乱度が高いほど光を散乱させて、明るくなります。

    ■ フォグ減衰度



    フォグによって光が遮られる度合い。
    ※モーフの数値が高いほど、減衰度が下がる点に注意。

    光が減衰するほどフォグの先は見えなくなり、背景は暗くなります。
    ある程度減衰させないと眩しくなりすぎる場合があります。

    フォグ濃度は散乱度と減衰度を同時に上げる効果があります。

    ■ フォグ視線依存



    視線方向による光の散乱、減衰のしやすさを変更する。

    空気中の微粒子が小さいと、散乱のしやすさは視線の角度の影響を受けます。粒子が大きいと、角度に関係なく散乱するようになります。
    つまり、快晴では視線依存度が高く、霧が出ている状態では視線依存度が低くなります。

    本来は、視線依存度によって明るさが変わるはずですが、調整の容易さを考えて、明るさは影響を受けません。(特定の方向にだけ光を散乱させるのと、全方向にばらまくのでは、合計した明るさは同じでも、後者のほうが最大の明るさは低くなるはずですが、そういった処理を入れていません)

    ■ フォグノイズ

    (画像なし)

    ボリュームノイズを有効にした場合だけ効果があります。
    モーフの値が高いほど、ボリュームノイズを平坦にします。




    ノイズの有効/無効の違い。画像では効果が分かりにくいです。
    ムラがあるため、平均するとフォグの濃度は下がります。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。