• このエントリーをはてなブックマークに追加
WiPry2500x iOS/Android/macOS/PC対応SSID探索+スペアナ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

WiPry2500x iOS/Android/macOS/PC対応SSID探索+スペアナ

2019-06-26 11:19
    WiPry2500x

    WiPry 2500x iOS/Android/Mac/PC
    SSIDスキャナ付2.4/5GHzスペアナ
    価格USD649.97$お問い合わせください

    WiPry 2500xはWiPry 5xの後継となる新型の2.4GHz/5GHzスペクトラムアナライザです。
    WiPry 2500xでは内臓電源を持つことで端末側のバッテリーを気にせずに長時間の計測が行えるようになりました。
    また、iPhone/iPad/Android/Mac/PCで利用可能で様々な機器で計測と確認を行うことができます。
    iOSの制限を回避してSSIDの検索およびRSSIの表示に対応しています。
    IEEE802.11a/b/g/n/acおよび802.15.4(ZigBee)のチャンネルガイド機能を搭載しており、チャンネルの状況をからFで表示します。

    →WiPry2500xデータシート(PDF)
    →クイックスタートガイド(2500x)(PDF)
    →WiPry2500xユーザガイド(PDF)


    iOS(iPhone/iPad)/Android/macOS/PC対応で5GHzと2.4GHzのスペクトラム分析とSSIDスキャン

    WiPry2500x

    主な仕様
    スペアナモード
    周波数範囲:
    2.4~2.495GHz
    5.15~5.85 GHz
    周波数解像度
    2.4GHz 333kHz
    5GHz 1.665MHz
    振幅範囲
    -95~0dBm
    振幅解像度:
    0.5dBm
    アンテナ:
    RP-SMA
    電源
    単4電池x3


    WiPry5x

    スペクトラム情報にSSID情報を重ねて表示することができます

    Evaluation

    各無線LANの水準を評価できます。

    主な仕様
    SSIDスキャンモード
    周波数範囲: 
    2.4~2.5GHz
    5.15~5.85 GHz
    振幅解像度:
    1dBm
    アンテナ:
    外部 2dBi
    SSIDスキャン速度
    調整可能

    スキャン表示項目
    IEEE802.11a/b/g/n/ac 
    スペクトラム図および
    ウォーターフォール図
    セキュリティ種別
    SSIDおよびBSSID
    周波数およびRSSI 
    無線のランク表示

    WiPry2500x

    2500xでは端末側のバッテリーを消費せず単四乾電池で動作します。また、電源用にマイクロUSBコネクタも用意しており、モバイルバッテリーなどから電源を供給することもできます。

    Compatibilities
    接続ソフトは AppleStore GooglePlayおよび
    Windows用(→WiPryInstaller_2_36) 
    macOS用(→WiPry_2.36

    ソフトウエア要件
    iOSバージョン7.0以上
    Android 4.0.3以上
    Windows7以上
    MacOS10.10(Yosemite)以上

    Case

    ハードウエア要件
    iOS Lightningコネクタ
    Android USB OTG
    Windows USB
    Mac USB

    付属のフックとベルクロでスマートフォンの後ろに簡単に設置できます。
    本体およびこれらをまとめて収納できるキャリングケースが付属します。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。