• このエントリーをはてなブックマークに追加
光ファイバ(SFP)のインライン接続全二重キャプチャ対応 ETAP-2406登場しました。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

光ファイバ(SFP)のインライン接続全二重キャプチャ対応 ETAP-2406登場しました。

2020-04-30 22:05
    Dualcomm社より、光ファイバ(SFP)のインライン接続全二重キャプチャ対応 ETAP-2406が登場しました。SFPx2の100/1000MBASE-X対応のインライン接続ポートx2とモニタ用のRJ-45ポートを4つ持ち、リピータハブのように全ポートをフラッディング(SW1)と光ファイバ側SFPインライン接続の送信・受信別々のキャプチャ(SW2)を切り替えて利用できるSFP100/1000Mbps対応タップです。

    新製品登場しましたDualcomm社 ETAP-2406

    ETAP-2406
    リピータハブのように全ポートをフラッディング(SW1)と
    光ファイバ側SFPインライン接続の送信・受信別々のキャプチャ(SW2)を
    切り替えて利用できるSFP100/1000Mbps対応タップです。

    ETAP-2406

    USD899.00 お問合せください

    機種名 ETAP-2406
    製品 ETAP2406
    ETAP-2406
    製品名 Dual-Speed 100M/1G SFP Network Tap
    種別 SFPx2 インライン接続 100M/1G対応 全二重型タップ
    ファイバ

    100/1000BASE-X SFPインタフェースx2 (インライン接続)

    電源 USBバスパワー動作(USBケーブル付属)
    インラインポート

    光ファイバ側 SFP2ポート間をバイパス接続

    モニターポート

    モード#1(ディップSW設定)
    ※リピータハブのようにモニタポート(RJ-45)とSFPが通信可
    有線ポート(RJ-45)1-4番ポートとSFPx2(インライン接続)が
    すべての通信を全ポートにフラッディングします。

    モード#2(ディップSW設定)
    ※光ファイバ(SFPx2インライン接続)の全二重キャプチャを行います
    ファイバ側の通信を全二重(送信・受信別々)でモニタポート(RJ-45)
    1番・3番ポートで送信側をキャプチャ
    2番・4番ポートで受信側をキャプチャ

    全二重モニタ ○モード2 ファイバ側インライン接続
    有線側 送信1・3番と受信2・4番でモニタ
    (NICが2枚以上必要になります)
    スタック接続 ×
    速度 100/1000Mbps
    価格 USD899.00 お問合せ

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。