• 寂しがりやのケータイ君【2007年2月28日・記】

    2016-06-22 21:59

    私は一時期、2台の携帯電話を使い分けていました。
    1台は仕事専用、もう1台はプライベート用です。どちらにも頻繁に電話がかかってくるので、いつも2台とも持ち歩いていました。

    ある日、家を出ようとして玄関で靴を履いていると、仕事用の携帯が鳴りました。
    画面を見ると、もう1台の携帯からの着信でした。

    私は震撼しました・・・なぜなら発信元であったその携帯は、玄関から目につく場所に置いてあったからです。
    この日は急いでいたので、かばんに入れるのを忘れていたのです。すぐに取りに戻ると、着信は止みました。

    家に置いていかれることを察知した携帯が、私を呼んだようです。

    DATE: 02/28/2007 21:07:46


  • 広告
  • カラスに好かれる人【2007年2月27日・記】

    2016-06-22 21:57

    本日は何事もなかったので、予告通りストーカーカラスの話をお伝えしましょう(笑)。

    知人に、やたらとカラスに好かれる人がいます。

    それは中学生の頃のこと・・・

    ある学校帰り、通学路を駅に向かって一人で歩いていると、電線にとまったカラスと目が合ったそうです。
    その時は特に気に留めなかったそうですが、カラスは即座に彼女に向かって飛んできました。そして、進行方向の突き当たりの塀にとまりました。
    カラスに注意しながら突き当たりを左に曲がると、同時にカラスも飛び立ちました。
    少しほっとしながら歩いていると、そのカラスはまた彼女の目線の先で待っていたのです。
    そんな事をくり返しながら、駅に着きました。
    ほっとしたのもつかの間、ホームに出ると目線の先にそのカラスが・・・!

    こんなことが1週間近く繰り返されたので、それから卒業まで毎日のように一緒に帰る相手を探していました。


    それは高校を卒業する頃のこと・・・

    彼女が学校に行こうと家を出ると、門の前にいたカラスと目が合いました。またカラスにストーカーされるのではないかと、一瞬不安になりましたが、その時は何事も起こりませんでした。
    しかしそれから数日後、朝家を出ると、そのカラスが門の前で待っていました。
    それからほどなくして、帰宅する姿を偶然カラスに見られてしまった彼女は、毎夕カラスの待ち伏せに遭うようになりました。
    そのうち、彼女の出したゴミがカラスによって漁られる事件が発生しました。
    彼女が出すと、生ゴミに限らず散らかされてしまうので、彼女のゴミ出し当番はなくなったそうです。


    それからつい最近のこと・・・

    近所で偶然目が合ったカラスが自室を訪ねてくるそうです。
    彼女の部屋はマンションの2階です。窓際に向かったデスクで作業をしていると、度々目の前をカラスが横切るそうです。
    そして、ベランダには何かの肉のかけらや、木の実、残飯などが毎日のように届けられるようになりました。


    彼女に会うといつも『偶然行き合ったカラスと目を合わせないように。』と注意されます。

    DATE: 02/27/2007 22:00:12


  • カラスが集会を開く時には【2007年2月26日・記】

    2016-06-22 21:55

    ここ最近、マンションがカラスに取り囲まれています。

    朝はそれほどではないのですが、夕方になると四方八方からカラスが集まってきて、屋上の柵にびっしり!!
    カラスの定期集会でしょうか。

    ところで、ある団地では『カラスが集会を開く時には不吉なことが起こる』そうです。

    一時期は自殺の名所にもなったその団地では、人死にが出る前後にはカラスの数が増えるとか。

    亡霊に対して癒しの気を持つ私は、知らず知らずのうちに自殺の名所にいることがあります。
    小さな頃はその団地が大好きで、たくさんのカラスに囲まれながら、屋上でお菓子を食べていました。
    なぜかいつも、屋上の隅に新しい花や手紙が供えられていました。
    私が屋上に上りたくなるのは自殺者が出た直後、カラスが集会を開いていた時に限られていたのです。

    そういえば団地で家事(小火騒ぎ)があった時も、急病人が出て救急車で搬送された時も、騒然とした状況をたくさんのカラスが見物していました。

    と、並べてみれば思い当たる出来事はたくさんありますが、結局のところ単なる偶然でしょう。
    自殺の名所に集まるのは、お供えを荒らすため。
    騒ぎの時に見物に集まるのは、物見遊山(笑)。
    あいつら意外と頭いいから。

    しかしこのように、カラスに不吉なイメージがあるのは事実です。
    1羽ならば意外と可愛いのですが、集団になると何だか禍々しい雰囲気をかもし出すのです。


    カラスのイメージを悪くしてしまったので、明日何もなければキュートなストーカーカラスの話をお伝えしましょう♪

    DATE: 02/26/2007 10:25:21