NT京都2016に出展してきました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NT京都2016に出展してきました

2016-03-27 23:14




    お久しぶりですいまかみです。
    またやってきましたNT京都、今年は展示申し込みが遅れて、境内のテント展示しか場所が空いてなかったので屋外展示することになりました。
    雨が心配でしたが、幸いなことに当日は天気も良く屋外でも不都合なく展示できました。



    今回は新作の3代目3Dプリンターを持っていきました。
    「3代目」と付けた理由は、木で自作した3Dプリンターを1代目として、それで次の3Dプリンターのパーツを出力し、その3Dプリンターでまた次の3Dプリンターのパーツを作って製作して・・・というプロセスのアピールです。



    自分で設計はしていないのですが、パーツは前々回に展示した3Dプリンター(2代目)で全て出力しています。残りのアルミフレームや直動部品はモノタロウやオリジナルマインドの展示即売会で入手して安く済ませました。
    元の設計が良いのか、ガタもなく滑らかに動作し、今は冷却ファンを取り付けていませんが、元になったUltimaker2のヘッドをまるごと付ければ同等の品質になると思われます。
    イベント2日前にPLAで作ったヘッド部が溶けてグズグズになるというアクシデントがあり、熱が伝わりにくいタイプのホットエンドに交換して正常動作を確認したのが前日のことでかなり焦りました。
    ABSで作り直さなきゃね。



    展示当日。
    それなりに目立つ場所であり、切れ目なく見学者が来るので説明し通しで忙しかったです。
    前日まで忙しく出力する適当なモデルが無かったのですが、nameless911氏がカメラのレンズマウンターのモデルを持ってきてくれたのでそれで動作させていました。
    1代目、2代目のプリンターの写真を見せながら説明すると、良いリアクションが帰って来たので展示意図は伝わったと思います。
    そして自分の展示で手一杯のため2階と屋上は一度も見学できませんでした・・・。
    でもみさいるミクさんのライブだけは見れました。設営日での練習でタイミングを合わせるのに苦労していたのを見ていたのでヒヤヒヤしましたがなんとかまとまっていたようでした。



    最後に1/1プラモデルのヴィーゼルと1/1ミクさんのコラボした写真を載せます。
    戦車の上に担ぎ上げるのが大変で、電源が入っていないと首や体が固定出来ないのでまず
    ・サーボが暴れても良い姿勢で電源を入れ、
    ・コマンドを送ってトルクを抜き、
    ・手でポージングさせて
    ・その状態でトルクかけて固定する
    という手順が必要でした。
    何人もの見学者や展示者が補助しながら作業する様子はまさに「要介護ミクさん」でした。
    やっと担ぎ上げてその場にいる全員で撮影タイムに入るも電源の都合で僅か数分。撮影後はその場で輸送用の棺桶に納められました。その時、誰かがスマホで流したのか「サイハテ」が聞こえてきたのを覚えています。

    すでにNT京都は来年の日程が決まっていて、3/19になるそうです。出展者側になってみたい方は面白いものをつくって参加してみては。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。