ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【甘すろ】パチスロ1000ちゃん ごらくverの打感
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【甘すろ】パチスロ1000ちゃん ごらくverの打感

2021-04-11 08:30
    前回の記事で、次は真面目なやつを書くと言ったな、あれは嘘だ。
    いや、嘘と言うか身バレとかしないように自分の仕事をジャスタウェイに置き換えたら文書くのに集中出来なくなったので、気分転換にパチスロの話を。ちゃんと真面目なやつは書くよ!

    最近さんざっぱら記事にしたミリシタのスロは、元のコンテンツがアイマスなんでニコニコの辺鄙なブログを見に来る方でもコンテンツの名前くらいは耳にしたことはあると思う。
    しかし今回取り上げるのは、スロット(等の周辺機器)メーカーのオーイズミの看板キャラ、1000ちゃんが主役の台の紹介である。

    正直自分もスロット台になるまでコンテンツの存在をしらなかった。
    まずは、先にでたノーマルverの紹介を。

    スロットが6号機になって出玉規制が厳しくなり、まどマギ2のようなA+ARTでじわじわ出玉を増やす機種が作り難い状況の中、先陣を切って登場したのがパチスロ1000ちゃん(ノーマルver)である。
    実ボーナスのビッグとバケ、純増2枚で連チャン性のあるAT1000チャンスとSTタイプATの1000パーティー、そして差枚1000枚獲得が確定するプレミアム1000チャンス。
    色々な要素もあるし、面白い台ではあるのだが、この台の問題点を挙げるなら
    「勝ち筋がプレミアム1000パーティーにぶち込むしかない」
    これだと思う。
    ビッグとバケは枚数があまり取れないし、消化中にハズレが頻発して結構クレジットが減ってモヤる。
    ATは純増2枚だが、1セット毎に継続をかけたチャンスゾーンを消化するとき結構メダルが減るのでそれ込みだと純増1枚程度に落ち着く。
    1000ちゃんす、1000パーティーの突入が中々出来ない、1000パーティーのSTが無理ゲー。
    ボナと通常ATだけではメダルの差枚が増えない。
    上記は筆者がノーマルverを打ってて思ってた不満点で、プレミアム1000パーティー待ちのこの台は、餓狼伝説スペシャルじゃねーか!ってなった。
    ちなみに差枚1000枚獲得が確定するプレミアム1000パーティーを引ける確率は、解析を見るとミリゴのPGG並みに重い。これじゃ萌えスロのガワを被った一発台である。

    そこで登場したのが1000ちゃん ごらくver。

    パチンコではよくあるミドルスペックをライトスペックにしたような物で、秋葉原の一部店舗とパチ屋の一部チェーン店舗のみに先週くらいから導入された。
    変更点は多々あるんだが、自分が解析見たり打った上でピックアップする点は
    ①ビッグとバケの獲得枚数がアップ。消化中はリプ確率を上げてハズレが減ったんでクレジットは減らなくなった。
    ②設定が5段階になり、一番下の2でも機械割が99%ちょいもある。(どこぞのミリシタは見習って欲しい)
    ③通常時ビッグ初あたり時からのAT突入率が大幅に向上。これが一番嬉しい。
    ④プレミアム1000パーティーの性能が低下。差枚1000枚獲得からAT300ゲームに変更。
    ⑤ATの純増枚数が2→1枚に低下。セット間のCZ込みだと微増か±0くらい。

    まず、ビッグの獲得枚数が「よっしゃー!ブルービッグボーナスだ!(勇者王)」から「セイヤァー!ホワイトビッグボーナスだ!」まで増えた。ボーナスを連チャンした時の獲得枚数がなんぼかはマシになった。
    設定の一番下が甘くなったのも、萌えスロを平打ちでよく打つ自分のようなヤツにはプラスだ。まあ設定6の機械割はノーマルverのが勝ってるんだが、果たして秋葉や某チェーン店で設定6が何回入るんだ?とは思う。存在しない設定6では意味が無いからね。

    ビッグからのAT初あたり向上だが、ノーマルverの時は低確ビッグの割合が多く(通常ゲームのモードが通常でのビッグ時は9割が低確ビッグ)、ボーナス中の1000ちゃん図柄を狙って!が中々来なかった。
    しかしごらくverでは、通常時にビッグを引いた際最低でも4割で高確ビッグになるのでかなり1000揃いがしやすくなり(高確ビッグ時の図柄揃い期待度60%)、1ビッグ中の図柄揃い2回、1000パーティー突入も現実的になった。
    しかし、AT中のビッグを引いた際のモード振り分けはごらくverの方が辛くなっている(5%程の差しかないが)ので、連チャン時の上振れはしづらい作りになっている。
    プレミアム1000チャンスの性能低下はこの台のメダル増加がプレミアよりビッグとATの絡みで頑張ってね!ってのを如実に表している。ぶっちゃけこの性能ではプレミア感がないが、利点を挙げるなら有利区間でのパンクをあまり気にしなくて良くなった事だろうか。
    筆者はノーマルverで600ゲームハマりから当たりだして、プレミアム1000チャンスまでこぎ着けたものの、取りきる前に有利区間で打ち止められてモヤった経験があるが、ごらくverのスペックだとATがそうそう長く続かないので有利区間パンクは遭遇しないですむと思う。
    ATの純増枚数低下は、ベルのナビ率を下げて純増1枚にしてるようなんで、1000パーティーのベル成立によるST突破周りも特に変化はない。
    長々と書いたが、1000ちゃんはノーマルからごらくverになることで、スロットの他機種で例えると餓狼スペからツインエンジェル2(初代餓狼伝説も可)くらいに打感が変わった。
    ぶっちゃけ一撃1000枚確定!とかはリゼロ(の低設定)みてーな高純増ATでお腹いっぱいなので、5号機初期~中期に見られたA+ARTを6号機に落とし込んで再現出来ているパチスロ1000ちゃんごらくverはアリである。
    最後に、AT突入をかけたノルバトル中は通常モード扱いされる様なんで、ごらくverはそこでビッグを引けた際、1000チャンス確定の他に高確ビッグが期待度出来るんで1000パーティー突入も視野に入れれるよ!と言う熱いポイントを紹介して今回の記事は終わり。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。