ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

俺の血の繋がってない妹ちゃんがブラック企業に〇〇〇そうになった話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

俺の血の繋がってない妹ちゃんがブラック企業に〇〇〇そうになった話

2015-08-15 11:33
  • 13

※画像は妹的アイドル みりあちゃんが姉ヶ崎をあやしている様子。
 姉ヶ崎はフヒっているので事案である。

 なお俺にはこんなシチュが回ってくることは当然なかった。不服である。


ども、ラライアです。

これは最近私の身に振りかかった実話の出来事を、記事として書いていきます。
といっても私はあくまで第三者で、この話の主役は血の繋がってない妹ちゃんになります。

さて、私の家柄はちょっと変わってまして、10人家族だったりそれが変動した経緯があります。それで、最近義理の母と立ち話をする機会があって、その時の話題がこのタイトルの話になります。

ある休日に、義理の母が珍しく私に話しかけてきました。
その方は基本おしゃべりですが、私は家では自分から話そうって意思があまりないので、基本あいさつ程度、それ以上は話が広がらない。
それでも話しかけられたのには、義理の母がどうも溜まっている愚痴を喋りたかった模様。

話しかけられたので色々聞いてみると、その方の娘、ようは私の義理の妹が仕事ですごく悩んでいるって話でした。
しかし義理の妹は、モデル体型だし細身だし美人だし、何に困っているんだろう?
あ、セクハラか!うらやまけしからん!!って思って興奮した私でしたが違う模様。
話を聞いていって、分かったことを箇条書きにしていくと、こんな感じである。

  • 義理の妹は、倒産しないような長い事続いてる会社を選んだ。
  • その職場は年寄りが多くて若者は少なかった。なので若者の求人が多くて妹やほかの若い子も沢山同期で入社したようだ。
  • いざ仕事をしてみると、仕事内容は年寄り相手に仕事をするのがほとんど。
  • そうなると、若い人よりも年寄り同士のほうが、仕事の契約なども付き合いでうまくいくそうだ。その分若者は凄い苦労する。
  • さらに、年寄りだらけの職場なので、PC関係とか、他の業務も若者に押し付けられる。
  • さらに、仕事の個人業績が悪いと会社の商品を自腹で買わされる。
  • 給料をもらってるはずが、金がどんどん減っていく。
  • そして、若者は仕事を辞める、その繰り返し。
これを聞いて、私の頭の中に浮かんだのは「ブラック企業」の文字だった。
どうも義理の妹は、こんな仕事を3年間無理して続けてたそうだ。
同期なんてすぐやめてったから、その分余計に負担が回る。
義理の母から聞いた話だと、彼女は身長が170㎝近いのに体重40キロ切っていたらしい。

一緒に一族の墓参りとかを回る際、
「しっかし細いなー綺麗だなぁ」なんて思っていたが、仕事が大変すぎて仮に拒食症にでもなれば、そりゃガリガリにもなるわ…と自分の今までの目の節穴っぷりに情けなくなった。

それで、義理の母と話すなかで、私は何度も
「娘さんは仕事と距離を置くべきです」とは伝えた。
そりゃーまずは命あってのことだ。これは大事。
私が似たような経緯で自殺したことは親族には一切伝えてないが、そのあと病んで1か月休んだのは皆にばれているので、私の言葉にそこそこ説得力はあったと思う。


で、後日まーた義理の母と話す機会があった。義理の妹の話の続きである。
母は娘に
「仕事がつらいんなら、今すぐ辞めてもいいんだよ。」
と胸の内をちゃんと伝えたそうだ。私は心から、よかったーって思えた。
で、このあとの娘、まぁ義理の妹ちゃんの返しには私は予想外だったのでびっくりした。

母からの言葉で、涙を流した娘が返した言葉は、こうだった。
「もし仕事を辞めたら、母さんに合わせる顔がないと思って続けていた」と。

なんというすれ違いだろうか、
母親は娘を思って辞めさせたくて。
娘は母親を思って辞めたくなくて。
妹ちゃんは、頑張りすぎていたのである、自分よりも、家族に喜ばれたいのを優先して。

まぁ、このやりとりで母と娘のすれ違いも無くなったから、あとは一件落着しそうである。
義理の妹が今の仕事をやめるのかなーとは思うが、
これから長い人生、選択肢なんて無数にある。何より彼女は若い。
こんなこと書くのもあれだが、妹ならいい男を捕まえて幸せになれるだろう、とすら思う。


さーて、これで私の可愛い可愛い妹ちゃんのお話は大体終わり。可愛いってか美人だな。
もともと私は彼女の人生にあんまり関わってないから、他に書くことって言っても、昔妹ちゃんをいじめてた糞ガキにトラウマを植え付けた話くらいしかない。ま、いい話じゃないからいいや。



で、続きはブラック企業の話に移ろうかね。
しかし、見え見えのブラック企業だったんだが、それでもやめられなかった妹ちゃんの心理は、かなり追い込まれていた、と言える。
しかもそれが、仕事って言うより家族への責任感が大きかったってのがポイント。
日本人が自殺1番多い理由は、たぶんこれだぞ。

今の日本人、このケースで無理して自殺する奴がかなり多いと思うぞ。
日本人は馬鹿正直、まじめ、はっきり断れない。こんな感じでしょ?
だから、心から嫌なことがあっても、それを否定できない、ノーっていえない。
そして、我慢してなぁなぁで続けてると、限界が来たり、ある日ふとしたきっかけで、
ぽっくり自殺するのである。

例えば、自殺する中学生辺りだって、不登校って選択肢はあるけど、親に怒られたくない!
とか、それでも学校に行かなきゃいけない!って義務感、責任を感じてて、無理して死んじゃうのである。悲しいことである。

妹ちゃんみたいに追い込まれないように、事前から何か出来ることってあるだろうか?
こうならないためには、先ず本人が逃げ道を作っておくのが重要だと思う。
その逃げ道って言うのは、例えば家族。
ちょっと辛くなった時点で、本音を全部話せて、親子間できちんと相談できてれば、ここまで苦労しなかったのでは?って私は思うのである。
だから、日頃の会話とか、すっごい重要。昔の私も、自分の心がすでに限界で家族に心配されてても、大丈夫の一点張りで家族の話を聞こうとしなかったからなー。ハズカシイ。

ま、私は自殺した後はこうしてあけっぴろげになったから、めちゃくちゃ家族と話すようになった。家族に心から心配されてたって、後になって気付いたら、そりゃあね。
自殺したこと自体は伏せてるが、その後の精神病とかは全部話したし、理解もしてもらえたものだ。家族ともっと話してれば、自殺すらしなかったって本気で思う。

でも、自殺したのは事実で、私はこんな変な奴に生まれ変わったので、
他の人が私や義理の妹ちゃんのような辛い目に合わないように
毎回面白おかしく、皆に自己啓発をするような記事を書いているのである。

あー、そういえば、義理の妹ちゃんと一つ屋根の下で住んでた時期もあったから、そん時の甘い話を聞きたいんならワッフルワッフルとでもよろしく。最近見ないからね、これ。




広告
他3件のコメントを表示
×
それは俺が妹に言いたいけど、言ったら一族から消されるんでいえません^^
74ヶ月前
×
む、最後にちょっとだけでしたが、ロランPさんが家族のことを
話すとは珍しいですね。
 日本人の優しさと責任感の強さは本当に大事な要因ですが、
それに加え先の大戦以来、日本人は、敵、とか、悪、とかの概念
や観念を現実世界に対して見失ってますからね・・・

 不当な扱い・理不尽な扱いにはロランPさんみたいに全身全霊で
怒っていいし、そもそも悪い扱いを容認すること自体も、突き詰め
れば、悪、なんですけどね・・
74ヶ月前
×
>>5
リウキさん、どもです。
私が家族の話をあんまり離さないのは、万が一私の身元がばれたら親族に迷惑しか掛からないからです。
もし私が後ろめたくないような活動をしてたら、自慢の家族のことなんて、べらべら喋りますけどねー。
しかし本当に日本人は、和をもって生活してきた分、いろいろごちゃ混ぜになりすぎて、何が善で何が悪か、よくわからなくなってるって言うのはありますね。いろんな価値観とか吸収しすぎて、本当に自分が何なのか、よくわからなくなってると思います。
自分の中に、これは善だ悪だってはっきりした指標がないと、道を見失っちゃいますね。
74ヶ月前
×
(ワイの頭の中で)吉沢明歩似の妹ちゃんを追い詰めるブラックな企業に激おこプンプン丸! 是非いい人♂を見つけて、幸せになって欲しいのぜええ!!

>>6
>和をもって生活してきた分、いろいろごちゃ混ぜになりすぎて、何が善で何が悪か、よくわからなくなってる

コレは感じるのぜ。いわゆる「空気」という奴やのぜ。善な判断ではないけど、上役や周囲が望んでそうなこと=「空気」を読んで、結局望ましくない方向に進んでしまうこともあるやろね(内部告発必要案件等)。 空気を読んでいった結果、より周囲と親しくなれるとか、より集団の一員として認められるとか、より一体感を持って行動できるとかメリットもあるけど、自分を酷使して疲れ果てたり、自分を含めた組織全体を客観的に見る目がなくなっていったりするデメリットもあると思うのぜ。 

いじめ問題も、ある意味コレと関係があるんやないかと思うのぜ。 ヒネガキ大将を中心としたクラス内の無言の圧力を感じて、いじめに加わることが一体感や承認の基となり、反対することが村八分の基となる。周囲全体が敵なら、逃げるしかない。生存、戦略のために徳川家康公も徳川慶喜公も、逃げることをしたし、最終的には偉業を成した方々なので、まったく恥ずべきことではない。退却も考慮に入れて策を練ることこそ、賢い人のやることなのぜ。

ブラック企業の場合、若手が自分を酷使してしまいやすい構造になってそうなのぜ。せやからロランさんの言うとおり、就職しても家族との連絡や繋がりは密にした方がエエと思うのぜ。孤独状態空気染大体洗脳過労危険之是。客観的にその状況を見てくれる人が居ればエエやろね。 ただ、家族もまたブラック企業と同じ考えなら、難しい話になってくるけど、とにかく自分の体力の限界を意識して、無理せんようにするのがエエと思うのぜ。
74ヶ月前
×
>>7
コメントどうもですー。学校のいじめだって、いじめは悪い!って思ってても、分かってても、それをとめようとしたら自分が標的にされる事実や空気があるから、見殺しになっちゃうんでしょうね。
仮に担任が、いじめは絶対に許さないってくらいの態度、行動をとれば、変わると思いますけどね。ま、教師は自分の首がかかってるし、仕事が基本糞忙しいからそんな暇がないわけで、結局子供がいじめで自殺して余計に酷いことになる悪循環。
教育が良くなるんなら、もっとそこに考えて金掛けろよってしか言えませんね。良い子供が育てば、その子供は良い親になって子供をちゃんと躾ていい循環が始まりますから。
家族は大事ですね、基本は番人間が身を寄せるコミュニティですから。その分、それがない人は普通の人間よりも苦労を強いられることになりますね…
私の話に出てる、義理の の意味から察してもらえれば分かりますけど、その点で妹ちゃんたちはかなり苦労してます。
自殺未遂した私なんかよりも、ね。
74ヶ月前
×
>>8
お返事ありがとですのぜ!

いじめや家庭の問題、職場の問題など、過酷な時期を過ごしてきた人って、今生きてるだけでも偉業やと思うのぜ! その人たちこそは、並みの人間であれば耐え切れない、集団の攻撃を潜り抜けた勝者なのぜ。 ノーベル賞とかより実質のガチで凄いと思う。 その人たちに、これから幸せな良いことが沢山ありますように祈るぜ!
74ヶ月前
×
>>9
ですね。
私が知る範囲では、ですけど彼女たちは私が見知った時よりも幸せそうな気がするので、そのまま続いていって欲しいと願うばかりです。
74ヶ月前
×
ワッフルワッフル

責任感ですねえ。私も、誰かに叱られるだー、とかのふとしたキッカケで『やべえ消え去りてえ』と思う際に抱く感情は、大抵は自責の念です。んで厄介なのがですね、一度抱くと際限なく膨らむんですよ、自責の念が。必要以上に。ロランさんの仰る通り、それで自殺ってのも多いでしょうね。
でも、じゃあ、なんで責任感って自殺だの自傷だのに繋がるほどに大きく膨らむんでしょうか。
私は、責任ってものが如何に大きな事柄か、学校教育で刻み込まれているからだと思います。部活動にしろ日々の課題宿題にしろ、何かにつけて責任といいものを教え込みますからね。
自分の行動に責任感を抱けない人物は一般社会にて問題を起こしますし、責任というものは必要なものです。社会へのパスポートであり心への枷なんですね。
ただ日本人は必要以上にそれを抱え込んでしまう。責任重大な世界を大人になる前に味わうから当たり前といえばそうなんだと思いますが……でもそしたら我慢我慢でアヘアヘしちゃう人が出てきて。
ああ、もどかしいですねえ。
難しく考えない私のアホ頭が有り難く思えてきました。

長文失礼。私は妹さんを応援させていただきます!
74ヶ月前
×
>>11
コメントどもですー。
責任感が強い所は日本人のいい点ですが、自分の命よりも責任感のほうが強くなって、「責任を取って自殺します」とか、過去でいえば切腹の文化があるあたり、もうしみついてるんでしょうね。
とにかく自分の命は第一にしてほしいばかり。
妹ちゃんはこれからどんな人生を歩むのやら。
私が妹ちゃんにしてあげられたことなんて、学生のころにお年玉をあげたのと、引っ越してきたばっかりのころにいじめられてたからそいつらを追い払ったくらい。まったく兄らしいことなんて出来てない私が言うのもなんですが、幸せになってほしい、その一言に尽きます。
74ヶ月前
×
ワッフルワッフルがあったので続きを書かねば、か、体が勝手に…
一時期10人家族で、いうなれば兄弟の年の差が20以上空いてた時期がありました。
私と妹ちゃん達は10以上年齢が離れてましたねー。
いや、一つの家でそんなに住んでると、風呂とかの順番がかつかつ、そうしないと入る暇がない。
まー同じ家に住んでれば、そういったときにひとつやふたつ、むふふなシーンが

無いんですよ、これが…
てか、当時の妹ちゃんにおれが手を出したら捕まるレベル。
あー、うまるちゃんみたいな妹にわがままを言われる人生が過ごしたかった…
74ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。