ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ☆赤ちゃん産まれました☆

    2014-01-11 00:412

    よかったー、無事生まれました☆
    2014年 1月9日 18:18 体重3.178kg 身長50.2cm
    嫁が元気な女の子を出産いたしました。(*´ω`*)
    めっさかわいいですv






    かなりの難産でしたが、母子共々何処も異常がなく無事に終わりました。
    私は出産時、立ち会いしたんですが、もう凄かった。
    立ち会ってよかった!あの感動はそうそう味わえない…っていうか、普通に生きていく中で絶対味わえない瞬間を私は体験した。

    そうそう、名前も今日(1月10日)、嫁と話し合って決めた。
    嫁が「結」という漢字をつけたいという事で、その漢字を考慮し考えた。
    ついでに、出産を終えた2時間後、祝福するかのように大雨が大粒の雪に変わり、
    外の景色がすごく神秘的に感じた。

    まあ、なんだかんだ色々考えてつけた名前が
    結稀(ゆき)
    というお名前。
    かすかな希望も結びつなげていこうという意味を込めてつけましたv
    「希」の横の部首の「のぎへん」は植物の稲の穂を表しており、元気に力強く育ってほしいという意味でつけました。
    (「希」にしようかなって思ったけど、
               姓名判断の結果がずたぼろだったとは言えない…;)



    とにかく、無事に産まれてよかったです。
    また忙しくなりますが、動画投稿が滞っているこの状況をなんとかしなくてわw
    というわけで、現状報告件でした。

    嫁よ、ありがとう。
    結稀、誕生おめでとう。
    そして、パパになりましたいやっほおおぉぉぉぉぉぉーーーー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




  • 広告
  • ☆ご ぶ さ た☆

    2013-09-20 02:41
    いろいろ更新等遅くなって本当に申し訳ないです…(´・ω・`)
    いやぁ、赤ちゃんが生まれるから、もっと環境のいい場所を発見したんでそちらへとひっこしすることになったんですわー(*´ω`*)

    それで忙しくて忙しくて、半場今住んでいるアパートから近い物で、引越し屋さんに頼むまでもないと、自分たちでがんばって荷物を運んでいたりしてたわけですよ。
    それのせいか…
    ゆっくり動画の編集の方…
    まったくの手つかずでございます!'`,、('∀`) '`,、


    ……
    ………
    すみませんでした!m(_ _;)m

    いやあ、更新の方、もうちょっとかかると思います。
    まだかたづけもすんでないし…

    あ、アパートから近いと上の方で書きましたがどこだとおもいます?(しらんがな)
    ここの平屋が開いたんでそっちに引っ越すことにしたんですよ☆
    http://ch.nicovideo.jp/imobatake/blomaga/ar319311


    ……
    ………い、いやあ、風通しも良くて住み心地はいいですよ。(*´ω`*;)
    一つの問題点を除けばですけどねw


    線香でもあげるか…(´・ω・`)






    あ、すっごく遅くなりました☆
    家のちびこの写真です!



    8月中旬の写真ですw(遅くなってすみませんw)
    横向きなのが分かりますかね?
    真中のまーるいのが耳で左側に目と手があります。(横顔です。)

    今だ私達夫婦…この子の正面の顔を見た事がありません!(´;ω;`)
    エコーとかやる時顔を埋めてしまってこちらを向いてくれないんです。
    悔しいです!次こそは正面を向いている写真がほしいです。


  • 鬼火

    2013-08-26 22:48
    やあ!ご覧の方々こんちくわ!
    今回は私が小さい頃、母親の実家…つまり、私の祖父・祖母にあたる人の家に泊まりに行った時のお話…
    小さい頃の記憶ですから、あいまいなところがあるかもしれません、そして、それほど怖いお話ではないので気軽に読んでくださるとうれしいです。



    確かあれは小学校低学年の時だったかな?
    おぼえてないや…とにかく小学生の頃のだったのは確か…

    夏休みの最中、母親の里帰りで祖父・祖母の家に一週間位泊まることになった、場所は海が近くて、山もそれほど遠くにないいいところだった、静かだし、海で遊べたし大きい花火大会も見れた、山に行ってカブトムシなんかもとったりしたんだ。
    近所には駄菓子屋さんがあって、持ってきた夏休みの宿題に区切りをつけると、お小遣いをもってそこに出かけて行ったりしてた。

    (…なんか、思い出しながらブログを書いているんだけど、すっごく懐かしい気持ちが
    にじみ出てくる…w)


    まあ、そんなのはさておき…あれはその家に泊まって数日後の夜の事だった。
    私が居間でみんな(両親・兄弟)で寝ていたんだけど、急に家が騒がしくなって私はその騒がしさに起きたんだ。
    そうしたら、私の両親や祖父・祖母が『鬼火だ!鬼火が出た!』『あっちに行ったぞ!』とか言いながら家中を駆け回っていました。
    近くでは兄弟はスヤスヤと寝ていましたが、私は眠たい目を擦りながら上半身を起こしたんです、その様子をみた私の母親が、『大丈夫!大丈夫だから安心して寝てて!』といい、私はなぜかすっごくその言葉に安心し、また横になりました。

    母親がその様子を見届けると、席を立ち隣の部屋へ歩いて行きました。
    私は寝る体制を整えようと身体をひねり、窓の方を向くと窓の外を青白い小さな光がスーっと横切っていったんです。
    そこで私は気を失ったように眠ってしまいました。


    朝起きると、何事もなかったかのように、母、祖父・祖母はふるまっていましたが、用意された朝食を食べている時に母が『ごめんね、急に家に帰らなきゃいけなくなっちゃったから、あとで荷物まとめようね。』と言った。
    私はなぜか『なんで?』とか聞かずに、『わかった。』と言いました。
    その時、なぜ『なんで?』と、聞かなかったのかわかりません。
    そして、私達家族はその日、もと住んでいた家に帰りました。



    それから数年後…
    久々に、祖父・祖母の家に遊びに行った時、前に行った時無かったものが玄関の内側に貼ってありました。
    それは、お札でした。
    約縦20㎝、横10㎝ほどのよくあるお札サイズなんですが、書いてあるのが
    一目で言うところ…「悪魔の様な黒い人影の絵」…真中を真っ黒な気味の悪い絵が描いてあって、その周りになにやら色々字が書いてあるようなお札…
    私はそのお札がすっごく恐くて、今も直視できないほどです。
    祖母が言うには、悪霊避けとか言ってました…。





    ところで、
    『鬼火が出た!』と騒いでいた時の事を母親に聞いても『え?そんな事あったっけ?』とはぐらされます、もしかしたら私がただ単にそういう夢を見ていただけなのかもしれません。

    でも、今でも腑に落ちないのです…
    色々、見落としている事があるかもしれませんが、知らない方がいい事もあるのでしょう。
    私はそう自分に言い聞かせ、これからも生きていくのです。