cubeさん のコメント

時間なんて関係ない
やったことに意義がある!
No.55
91ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
ブロマガなるものをやってみます。 突然ではありますが、自転車を買いました。 こんなやつです。イケてません? ママチャリとは違う、かといってレースに出るようなロードバイクでもない、中間くらいのクロスバイクです。 最初は予算重視でGiantのEscape Airというチャリが欲しかったのですが、 数軒廻った先の「Y's Road」というでかいショップに行ったら、「コイツがモデルチェンジで2万ほど安いんスよ!今すごい売れてますね」 と、いろいろと教えて下さった親切な店員さんの紹介のもと、 あっさりと、キャノンデールのBadboyというシリーズを購入いたしました。 5万円でした。 まっくろな車体で、はじめは少し抵抗もありましたが、 慣れるとカッコいい!ですね。もはやわたしの愛人です。 それから必要な装備をざっくり揃えていったら、だいたい2,3万ほど消費してしまいました。 アルバイトをしているものの、ついに自分の貯金口座に助けを求めるほどお金がピンチになりました。 買ったのが先々週の土曜日なのですが、店から出ようとしたら、雨が容赦なく降っていて、いきなり新車がズブ濡れになりました。 こんな状況で乗り慣れていない車体で走り出すのはマズいと思い、マックで休憩していたら、おばちゃんがポテトくれました。ナイス大阪。 本当は買った日に淡路島に行って、どれだけ走れるかチャレンジしたかったのですが、この雨では不可能と判断し、ひとまず自宅に戻ることにして、路上を走り始めました、が、 怖い。 初めての前傾姿勢、雨でぬかるんだ道、大都市の交通量、、 クロスバイクやべーなって思いました。 散々怯えてびっしょびしょになりながら自宅に戻ってきたのでした。 シャワーで汚れた体を洗い流し、ネットで天気予報を確認すると、夜には雨雲が過ぎ去る模様。目覚ましを2時間後くらいにセットして、寝ました。 21時起床。予報通り雨は止んでいたので、自転車の旅スタート! サイコンという、自転車の速度計みたいなのを付けていて、 時速30km!うひょー。とかいって素人っぽい感動を受けながら飛ばしていたら、 最初っから 道を盛大に間違えていて、気づいたらユニバーサルスタジオまで来てしまったので引き返しました。10kmくらいのロスです。。 数年前に住んでいた西宮市を通ったり、牛丼屋で腹ごしらえしながら、30km先の神戸へ。 深夜0時くらい。 交通量が少なくて走りやすかったです。 神戸市を過ぎると道も片側一車線になり寂しさが増しました。 時折大型トラックに抜かれてぬお~ってなります。 あと、いちばん怖かったのは暴走族の皆様です。 信号待ちで並んだ時は1対多というそれだけでも緊張する状況の中何度も挑発されていた気がします。 気がするだけかもしれませんが。 怖かったです。 そんなこんなで、やっと明石駅に着いたのが深夜2時過ぎでした。 路上の有料駐輪場にチャリを停め、ネットカフェに入りましたが、 リクライニングの椅子の倒し方がよくわからず、座面に頭を置いたら1時間くらい寝られました。 この日のルート 明石海峡大橋は自転車では通れないので、フェリーで淡路島に渡ります。 自転車込みで1000円もしなかったかなー。安かったです。 ただ、乗客の半分以上がピチピチのウェアを着てグラサンを掛けたガチガチのサイクリストでした。 自分はなんてったってこの時はヘルメットも手袋もしてないしもろもろ私服でしたからね。肩身が狭かったです。 淡路島初上陸。ガチ勢がみんな出ていったのを見送ってゆっくりスタート。 瀬戸内海ってこんな綺麗だったっけー、と思いました。 今すぐ海に飛び込めるくらいの澄んだ水!あとめっちゃ晴れてて超自転車日和でした。 なんて、良い点ばっかりのようにもみえますが、 正直けっこうキツかったです。 今回は何度かショートカットして一周110kmのコースを走りましたが、 残りの1/3くらいはホントにヘトヘトでした。 早く終われー、、って思いながら漕いでました。 わたし体力のない人間なんです。 7時ごろ出発して終わったのが15時半くらいだったかなー。 この日のルート 明石駅に戻ってから電車で帰る予定で、 自転車を電車に乗せるには輪行バッグという袋に収納しなくちゃいけないのは元々知っていて、用意もしていたのですが、 思いの外手こずり、また、この自転車が輪行向けではないことを知って、 中途半端なやり方で無理やり持って行って壊してもダメなので、 電車はあきらめました。 しかし、乗って帰るのにも一部のパーツの戻し方が分からず、焦って、 こっから更に60km走るのも酷だなあと思い、素直に明石駅の一時駐輪場に預けて自分だけ電車で自宅に帰りました。 人通りの割と多い高架下の隅で何時間も自転車の持って帰り方を試行錯誤していて、ムダに精神的にやられました。 自分はメンタルがとても弱く、特に一人で困難に直面すると寂しさと不安で胸がいっぱいになることを再確認しました。 正直泣いてました。 ミスドで晩飯にありついてたら、手足がヤバイほど日焼けしていることに初めて気づきました。 日焼け止めは持って行っていたけど、前日雨に濡れてもういいやって塗っていなかったのをひどく後悔する羽目になりました。 調べてみたらこれはヤケドらしく、翌日学校の昼休みに皮膚科に行って薬をたくさん処方してもらい、今では皮が剥がれてべろんべろんになっている以外は特に問題ないレベルに回復してます。 あと、なんかよくわかんないですがバイト終わってからママチャリの方がパンクしました。 散々です。 そして、先週の土曜日…つまり一昨日、 特別に三連休だったので、ふたたび明石に行きました。早朝の電車で。 今回はちゃんとヘルメットと手袋(指が出てるやつ)を買ってきました。 まず、ヘルメットは安物ですがこれは絶対に必要ですね。 理由は 死ぬから です。 手袋は日焼け防止はもちろん、ハンドルと手の平の摩擦を防いだり、万が一転倒した時の防護にもなります。 皆さんも最低限の装備を揃えてからサイクリングしてください。 駐輪場に動態保存されていたわたしの愛車です。おひさ! 料金は6日分の600円を取られました。 実は案外しぶしぶ行ったのですが、自転車にまたがって走り出した瞬間、うおーってなりました。やっぱりいいものです。 そんな感じで、明石から出発して昼飯(牛丼)休憩した相生までの60kmくらいまでは大した坂もなくてホントにスムーズでした。 そっから2号線を少し外れて海沿いの赤穂方面に向かいました。 ずっと平坦だったので油断していたら、100m級の割とキツい峠があって苦しみました。 たぶん本気チャリダーの方からすれば鼻で笑われる程度なのかもしれませんが、 わたしのような体力の無い人間からすればキツかったです。道うねうねしてたし車多かったし。 やっとこさ岡山県。兵庫は長かったです。もうちょっとダイエットして欲しいよ。 岡山に入ってから も長くて、 100km超えたあたりからはあまり変わらない市内の景色がずっと続いたりで精神的にヒーヒーでした。 中途半端に休むと余計にキツくなる教訓を受けていたので、 ポカリ900mlを補充しつつ走り続けていたのでした。 岡山駅。6時に出て16時に着きました。10時間! 駅に近づいてやっと大都会(笑)ぽくなった感じです。 結局この日は123km走ってすんなり最長記録を更新しました。 お腹が空いていたので、やよい軒に入り、 おかわり無料なのをいいことに4,5杯くらいごはんに食らいつきました。 ネットカフェに泊まる予定でしたが、疲れ取れんだろ、、と真剣に悩み、 結局3000円弱のカプセルホテル(贅沢)に宿を取り、20時くらいから泥のように眠りました。 この日のルート 翌朝、5時くらいに起きて天気予報を確認したら、 月曜日がどう考えても、どこに行っても雨だったので、 火曜日の学校に間に合わせるため、今日中に帰ることに決定しました。(自転車に雨は天敵) ただし輪行バッグは持ってきていないので、電車では帰れないのでそれ相応のルートを決めて、すき家で朝カレー食って11時ごろゆっくり出発しました。 とてもつまらない殺風景で平坦な道(失礼)を20kmほど南下して宇野港へ。 そっからは高松行きフェリーに乗り込みました。 フェリーは自転車をそのまま持っていけることが多いので、サイクリストに愛されています。 人はそれなりにいたのに、甲板に出ていたのはわたしだけでした。風を受けながらスマホを操作していました。 寒かったです。(半袖) 四国に上陸してからはさぬきの国なのでとりあえずうどん屋に入りました。 300円でした。いやーおいしかった。 うどんを食ったことにより四国に来た意味は果たしました。(?) なぜなら、もう帰っちゃうからでーす。 滞在時間わずか1時間で神戸行きジャンボフェリーに乗りました。 この便を逃すと着くのが0時近くなっちゃう。 なるべく負担を避けるために考えた帰路 です。 予想以上にジャンボなフェリーでした。 船内でも手作りうどんを売っていてそこはさすがだな、と思いました。 うどん県を名乗るだけありますな。 まあ、出航してから3時間くらいは寝てたんですけどね、、 着く前は甲板に出ておっちゃんとおしゃべりしてました。 彼は若いころ自転車で六甲山に登ったらしいです。 19時ごろ神戸港に着いてから、 ココイチでカレー食ったりして(贅沢)、先週夜中に通った道を2,3時間かけて帰りました。 淀川を越えて、わが福島区へ。 この日も結局60kmくらい走ってました。 こうして、やっと買った自転車が自宅に戻ってきたわけですが、 「2台以上置くならあんま放置してると撤去するかもよ」 と管理人さんに煽られたので、 どーやって保管しよーかなー、と、ちょっと悩んでいます。 ママチャリなくしてもいいんですけどね。 安い月極駐輪場とかでもいいかもしれません。 なんにせよ、自転車の旅はいいものですね、 と、 終わってから 思えるから怖いです。 実際、走ってる時は必死なことが多く、 余裕なのは最初の数十キロくらいです。少なくともわたしはそうです。 今回は大阪から岡山までの170kmくらいを、トータルでのろのろ15時間くらいかけましたが、 新幹線はたったの 40分 でたどり着いてしまいます、ので、そういうことはあまり考えないようにしてます…。 慣れていないだけなのか、はたまた、そういうものなのか、 わかりませんが、自転車旅、 一応まだまだ挑戦してみたいことがいっぱいあります。 愛車くんにはしばらくお世話になるでしょう。名前募集中!
おもちゃばこ
Raleigh CRF(2014-)

Cannondale BAD BOY(2013-)



twitter @mochfm



■「自転車旅行」記事のリスト

https://goo.gl/3zxqCs