ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ニコ生FFmpeg配信の為の FFmpeg Launcher(FFML)設定
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニコ生FFmpeg配信の為の FFmpeg Launcher(FFML)設定

2014-05-27 21:41

    ☆ニコ生FFmpeg配信の為の FFmpeg Launcher(FFML)設定


    本説明はFDKAACを使用できるffmpegをビルドした事が前提になっています。
    未ビルドの方は以下のコミュニティを参考にしてビルドすることをお勧めします。

    Master of the Dark Arts … Sada_Maru様


    BUILD MAKE … 裕己様


    VariedTasteFinder … VTF様



    FFMLのダウンロードと準備

    或ル人ノ棲息地【ニコニコ実験場】 … ふぁん様

    こちらのコミュニティお知らせから最新版FFML
    FFML_v0.0.1.15.4(2014/05/27現在)をダウンロードし、解凍しましょう。
    最新版はXPをサポートしていないことに注意。
    7zという形式なので、対応した解凍ソフトが必要になります。(7zipやWinRAR等)

    解凍して出来たフォルダを自分の好きな場所に移動し、フォルダを開きましょう。
    私の場合はDドライブのApplicationフォルダの中に保存しています。


    そのフォルダの中に、ビルドしたffmpeg.exeと各dll(ある場合)をコピーしましょう。
    よくわからない場合はビルドして出来たffmpegというアプリケーションがあるフォルダの中身を全てコピーして入れましょう。

    そうするとこうなります。
    (分かる人は入れずに各自ffmpeg.exeを直接パス指定してももちろんかまいません。)

    これで準備は完了です。


    ・FFMLの設定

    次はFFMLの設定をします。
    FFMPEGLauncherを起動させましょう。

    ・【FFML】設定タブ

    タブを開いたなら、その中の一般タブを選択します。

    ・niconico LiVE
    タブ内左上、niconico LIVEという範囲内にあるクッキー取得設定から
    普段ニコニコにログインしているブラウザを選択します。
    そうするとその右の取得状態に ユーザIDXXXX と言った風に自身のIDが表示されます。
    されない場合ブラウザのクッキー削除をしてニコニコに再ログインを試してみましょう。
    連続枠取りや自動配信停止等をしたい場合
    コメントサーバ、アラートにあるチェックを4つともつける必要があります。

    ・FFMpeg
    次に右上のFFMpegという範囲内にあるffmpeg.exeのPATH指定から
    空欄に ffmpeg.exe と記入しましょう。
    (自身でパス指定をしたい場合は右の参照ボタンからffmpeg.exeを直接指定しましょう。)
    FFMPEG実行画面を表示するのチェックは外しておきましょう。
    処理優先度を【高】に設定するのチェックは
    CPU負荷はまだ余裕があるが、配信するとゲームが重くなってパフォーマンスに影響が出る場合にチェックを外すとゲーム自体の重さが多少改善することがあります。
    しかし配信自体の安定性が低下する可能性があるので基本チェックを付けておきましょう。
    エラー終了時~のチェックは、配信が急に止まってしまった時に自動で再配信して欲しい場合チェックを入れましょう。

    なお、用意するffmpeg.exeは通常は32bit版をお勧めします。
    64bit版ではXSplitやFFsplitを使用できません。
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    15/02/28現在、64bit版ffmpegでもXSplit2.0以降ならば使用できます。
    しかしXSplit2.1以降のものは32bit版ffmpegでは音声デバイス指定でエラーが出るため使用できません。
    どうしてもXSplit2.1以降を使用したい場合、64bit版ffmpegを用意するか、32bit版ffmpeg使用の際は音声デバイスをXSplitBroadcaster以外のOS側ステミキを指定してください。
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    よくわからない場合はブラウザ選択以外は画像と同様にすれば基本問題ありません。
    ブラウザは必ず自身が使用しているものを選択してください。


    ・【FFMPEG】基本設定タブ


    ・【映像】
    まず左上のデバイスから使用するキャプチャソフトを選択します。
    この画像の場合はXSplitを使用しているので、XSplitBroadcasterを選択しています。

    ここでXSplitやFFsplitを指定する場合、ffmpegは32bit版のみ使用できます。
    何か理由がありffmpeg64bit版を使用したい場合、現状ではSCFFのみ使用可能です。
    使用しているOSが64bit版でも、通常はffmpeg32bit版をお勧めします。

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    15/02/28現在、64bit版ffmpegでもXSplit2.0以降ならば使用できます。
    しかしXSplit2.1以降のものは32bit版ffmpegでは音声デバイス指定でエラーが出るため使用できません。
    どうしてもXSplit2.1以降を使用したい場合、64bit版ffmpegを用意するか、32bit版ffmpeg使用の際は音声デバイスをXSplitBroadcaster以外のOS側ステミキを指定してください。
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    ビットレートは画像では456kbpsに指定しています。
    これは映像にまわすビットレートです。
    ここの数値と後述する音声のビットレートを足したものが合計ビットレートになり
    ニコ生ではいわゆるゴールデンタイム(19:30~翌2:00)は上限384kbps
    それ以外の時間では上限480kbpsまで指定することが出来ます。
    FFMLは自動で時間に合わせて制限してくれる為、変更が面倒な人は
    480kbpsに合わせて設定しておけば大丈夫です。
    後述の音声ビットレートを先に決めて、残りを映像ビットレートにするのが決めやすいです。
    例…音声24kbpsならば映像456kbps
     …音声48kbpsならば映像432kbps

    バッファサイズは遅延を気にする人は映像ビットレートと同じ数字
    安定性重視な人は映像ビットレートの二倍の数字にしておけばいいでしょう。

    自動認識のチェックは、仮想カメラが XSplit FFSplit の場合は必ず入れてください。
    入れないと音ズレやエラーの原因になります。
    仮想カメラがSCFFの場合はチェックを外してください。
    SCFFにはそれ自体に解像度やfpsを設定する機能がなく
    FFML側で指定しなければいけない為です。

    入力解像度とフレームレート(fps)は
    自動認識のチェックを入れるとFFML側では指定できないため
    各ツール側(XSplit FFSplit)で指定してください。
    SCFFでは基本的に出力解像度とフレームレートに合わせてください。
    ffmpeg側でリサイズする場合は異なる数値にします。

    出力解像度とフレームレート(fps)は目的や対象によって変更するのが望ましいです。
    しかし一般的によく使われるのは
    解像度
    512x288 512x384 640x360 640x480
    fps
    15 20 25 30
    の範囲になります。
    それ以外は現状のニコ生では特殊な例を除いてお勧めしません。
    なお、XSplitやFFSplitの解像度とフレームレートは
    この数値と同じにすることを基本的にお勧めします。

    ・【音声】
    まず使用したい音声デバイスを選択します。
    この画像の場合はXSplitを使用しているので、XSplitBroadcasterを選択しています。

    コーデックは各自ビルドしている前提になりますが FDKAAC を選択します。
    (ビルドしていない場合は、使用できるコーデックを選択してください。
    その際、以下の設定とは異なります。)
    チャンネル数はstereo
    サンプリングレートとビットレートは目的によって変わりますが
    ゲームがメインで画質重視の人は
    44100Hz24~48kbpsもあればおそらく必要十分な音質が得られます。
    後述の音声プリセットと非常に関係が深いので、そちらの確認もお勧めします。

    音量が小さいと感じた場合、256から数十程度ずつ上げてみましょう。
    マスター音量があがるだけなので
    マイクやPC内再生音それぞれを個別に上げることは出来ません。

    よくわからない場合はデバイス選択以外は画像と同様にすれば基本問題ありません。
    デバイスは必ず自身が使用しているものを選択してください。


    ・【FFMPEG】高度な設定タブ

    ・共通設定タブ


    基本的に画像の通りにすれば問題ありません。
    左下のフィルタを有効にするにチェックを入れると下の空白に記入できるようになります。
    unsharp=3:3:0.3
    と記入されている末尾の0.3を変更すると映像のシャープさが変化します。
    上げるとよりシャープに、下げると柔らかくなります(マイナス方向も記入できます)。
    実用範囲は0.1~1.0で、上げ過ぎるのはお勧めしません。

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    FFmpeg n2.6以降から、[mp=eq] [mp=eq2]フィルタが廃止されました。
    同等の機能を持つ代替フィルタとして[eq]を使用してください。
    例) eq=1.0:0.0:1.0:1.0:1.0:1.0:1.0:1.0
    [mp=eq2=0.96] と同じ使用感にしたい場合
    [eq=1.0:0.0:1.0:0.96] を使用してください。
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    ffmpeg側でリサイズをする場合リサイズオプションを変更すると効果がありますが
    よくわからない場合は画像の通りで問題ありません。

    音ズレする等の理由が無い限り音声同期方式のチェックを外すことをお勧めします。


    ・コーデックタブ


    【映像】基本プリセットは上から順に
    プリセット medium
    プロファイル high
    チューニング none にしてください。
    しかしプリセットの項目については、使用する外部プリセットによって特定のものを指定する必要がある場合があります。(私の配布しているものはどれに指定してもかまいません。)

    【音声】プリセットはプロファイルを
    aac_he   もしくは
    aac_he_v2 にしてください。
    44100Hz48kbpsであるのならばaac_he
    44100Hz24kbpsであるのならばaac_he_v2で問題ありません。
    以下は個人的な感想ですので参考にどうぞ。
    aac_he  … 44100Hz 24kbps … 音質△  音の定位○
    aac_he_v2 … 44100Hz 24kbps … 音質○  音の定位△ ……お勧め
    aac_he  … 44100Hz 48kbps … 音質◎  音の定位◎ ……お勧め
    aac_he_v2 … 48000Hz 48kbps … 音質◎+ 音の定位△+
    もちろん対象や聴く人により好みが分かれる場合も多々あるため
    最終的には自身の好みで選ぶことをお勧めします。

    また、コーデックでFDKAACを選択していない場合、ここは変更できません。

    外部プリセット指定は
    x264形式のプリセット指定に●のチェックを入れ
    その下のXSplit形式のプリセット読込から目的のプリセットを指定してください。
    これはあくまでも私が配布しているffmpeg用x264形式プリセットの場合で
    他の配布者様の場合はx264形式ではなく
    ffmpeg形式のプリセット指定にチェックをいれて右の参照からの読み込みの場合があります。
    必ず配布されているプリセットの形式を確認して使用してください。






    以上でおおよその説明は終了しました。
    おそらくこれであとは配信開始を押すと配信が開始されるはずです。
    この設定を保存しておきたい場合は、右上のDefaultの文字を好きなものに書き換え
    その右にある+のボタンを押すとその名前で保存されいつでも設定を呼び出せます。
    さらなる高画質化を求める人は、配信対象にあったプリセットの試行錯誤を頑張りましょう。
    なおこれはあくまで基本設定であり
    対象やPC性能によっては変更したほうが良い結果になる項目もあります。



    何か質問や間違いを発見した場合、ここにコメントしていただくか
    私のコミュニティ

    こちらの掲示板や放送中に直接等々お気軽にどうぞ。
    しかしあまり高度な質問には答えられないので期待せずにお願いします(汗

    ではお疲れ様でした。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。