【劇場版(艦これ)】「鑑賞2回目、驚きの真実が!?」ネタバレ全開
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【劇場版(艦これ)】「鑑賞2回目、驚きの真実が!?」ネタバレ全開

2016-12-12 10:45
    どうもいなりです、2回目の親友と共に劇場版鑑賞に行ってきました。
    1週目特典のピンバッジはもう無くなってました。2週目はストラップだったようです。
    3週目は栓抜き、4週目はなんでしょうね。

    艦これは舞台挨拶のある初日に鑑賞してあることを伝えていたのですが、
    「この世界の片隅に」「艦これ」どちらを鑑賞したいかを
    友人の決断に委ね、映画1000円の日に親友を誘い艦これを2度目の鑑賞。
     
    エンドロール後、

      如月  帰還

    えっ…えっ( ゚Д゚)!?

    実は、初日に行った方で一番初めに鑑賞された方にも聞いてみたいのですが、
    僕の記憶が正しければなんですけど、エンドロール後即座
    「舞台挨拶までしばらくお待ちください」状態になってたと思います。つまり、

    初日の初回放送を見た提督は
    ―如月がアニメと劇場、2回轟沈したまま提督は鑑賞を終えていた。

    どういうことですか!
    1回目の鑑賞では如月浄化されて悲しいねで終わったじゃないですか!
    2回目鑑賞、振り向きヒロイン描写の後飛びつくキマシタワー寸前でぼやけて…
    というシーンを見て、 本 当 に びっくりしました。

    だって1回目「舞台挨拶までお待ち下さいで」飛ばされてたんですもの!!

     「帰還」ってそういう意味かよッ!チクショーメ!と総統閣下みたいになってました。
    1回目見た時は、「如月が一時的にだけど皆の元に「帰還」したと感じてました」
    ~♪いつかは聴いてみたいな でも きっとできないね♪~という歌詞も納得でした。
    2回目鑑賞後は戻ってきた事により、少し物語が茶番に見えました。
    気分的には「かなり色々あったけど夢落ち」ぐらいに感じたのです。

    でもよかったです。劇場版で「如月は2回沈められたバージョン」「戻ってきたバージョン」と1つで2パターン楽しめる、みたいな劇場鑑賞ができました。
    1回目の鑑賞後このブログに劇場鑑賞の感想を書いて、
     次回作では「2度あることは3度ある」「3度目の正直」で如月をッ!
    とか書いてた自分が他の劇場鑑賞した提督から見たら、かなりチンプンカンプンな
    感想文書いてたなと思い、訂正しました。

    あと2度目見に行って気が付いたのが、
    艦娘達がこの世界のからくりに気が付いしまって今後どうなる?と書いたのですが、
    劇中台詞聴いてると、大和さん・その他も数人は艦娘世界のシステムに
    気が付いていたのですね。意外と見こぼしがあるもんです。

    劇場版艦これとか提督の方って感想をブログに書いたりしてる方は少ないですよね。
    ヤフー映画の評価を見てみると、極端にイイとダメ!の2極化されてる気がします。
     好意的な意見をしてる人は否定派をしてる人を疑問視してますし、
    否定的な意見してる人は好意的に観れる人も疑問に感じているようです。
    中には「君の名は」をみたけど、艦これは酷かったと比較する人までいます。
     「艦これアニメと比べて~がよくなかった」という否定的意見は
    好意的派の人も「好きなモノが貶された許せない」と考えるのではなくて
    「そういう見方もあるのか」と受け入れるべきだし、否定派もいい所はなかったのか
    全否定するべきなのかともう一度考えてみてほしいところではあります。

     意見も単に「面白い・面白くない」と一行だけでは感想としても面白くありません。
    また「君の名は」と比べる方もいますが、そもそも「劇場版」という括り以外、
    共通点がないのに無理やり比べて優劣をつけてるだけにしか見えません。

     「カレー」と「シチュー」を比べてカレーの方が辛いし美味しいよね~みたいな。
    カレーもシチューも似ていても別物であり、両方まぜて比べる人なんていませんよね。
     君の名はと艦これは、恋愛モノと戦いというまたシュチュエーション的にも別物、
    そもそも比較対象たりうるのかどうかとも思います。
    内容を比較するのであればせめて艦これアニメをしらなくても、似たシュチュやジャンル
    史実から内容については比較して欲しいなと思います、勝手な願望ですが。
     君の名はは君の名はで素晴らしい作品ですし、興行収入が物語っていますね。
    ただ、興行収入をみて「素晴らしい作品」として「結果主義」で見られがちですが。
    全員が全員素晴らしいとみるかもまた別問題ではあります。

    否定的な意見としては「アニメ版の続きがみたいんじゃない!」とか
    「駆逐艦出てるけど、出てきただけ」みたいな確かにそうだなと思う意見もあります。
    このような意見も一見、否定的な意見と捉えられがちですが、
    こうあって欲しいという欲と熱い願いがあってこそですよね、
    さらに「もう制作スタッフには作ってほしくありません」なんて意見も。
    でもよく考えてみると、根幹には原作に対する愛があればこそ出る意見だと思います。

    最後の方は艦これ感想とは別の方向にいってしまいましたが、
    見ていただいた方ありがとうございました。
    最後に、僕個人としてはもちろん納得できないや疑問に思う部分もあります、
    ですが全体的に動いている艦娘をアニメや劇場といった媒体で見れる事は
    大変嬉しく、劇場版艦これは「好きな映画の一つ」として楽しめました。

    みなさんも、艦これを見る前に他の感想を見て「観ない」ではなく
    見て観た結果自分が面白かったかそうでなかったか、周りに振り回されず
    感想を考えてみるのもいいのではないでしょうか。他人の意見や感想は
    鑑賞前に見るより鑑賞後に見た方が楽しめますし、何より鑑賞後ほかの意見も
    自然と探したくなります、そんな時にこのブログが目に留まって
    「確かにそうだよなぁうんうん」「いや全く見当違いな事言ってるよ」と
    共感や反共感して頂けると幸いです。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。