• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 【CH会員限定】2000万プレイ達成の 『ぼくらのアイランド』"へなぽこや" 世界初!ロングインタビュー&全作品レビュー③

    2020-05-24 20:30  
    330pt
    ⇒ロングインタビュー&全作品レビュー ①はこちら⇒ロングインタビュー&全作品レビュー ②はこちら

    ▼へなぽこやとは RPGアツマールにゲーム投稿してくれているクリエイターのひとり。 初作品を公開して以来、次々を作品を公開し、独自の世界観・再帰性の高いゲーム設計から、多くのファンを生み出したゲーム制作者。ゲーム制作には、主にRPGツクールMVを使い、代表作として、RPGアツマールのAPIを利用した疑似オンラインゲーム『ぼくらのアイランド』がある。ほぼ毎日アップデートを続けており、文字通り “毎日遊びたくなるゲーム” として親しまれている。twitter:@Henapokoya 


    なんということでしょう。このインタビュー記事が始まったときは、1500万プレイ達成というタイトルでした。それから約1か月半が経ち、2000万プレイを軽く超えてしまいました。もちろん驚異的な数字です。そして推測できなかったわけではありません。今回からは「2000万プレイ達成の」にタイトルを変えることにしました。へなぽこやワールドのなかでは、普段はありえないことが平気で起こります。2000万プレイ達成というのがそうです。我々は今へなぽこやワールドの中にいるのです。今回記事を書くにあたって、へなぽこやのゲームを改めて遊び続けて、私は今へなぽこやのゲームを遊んでいるのか、へなぽこやに遊ばれているのか、分からなくなりました。一つ言えることは、この企画を受け持つことができて幸せだ、ということです。お品書き・全作品レビュー③ 前回に続いて、27~41作品を詳しくご紹介!・ロングインタビュー③
     プレイ数について今の気持ち。『VTuberあつめ~る!』の苦労話。

    "へなぽこや"全作品レビュー③

    27、『【R16】びきに道【L17】』 
    『スーパー マリコ シングルス』のような2Dアクションから、攻撃手段が抜け、ジャンプと移動だけでゴールを目指す。
    シナリオは、主人公・超力彩子17歳を操作し、魅了するポーズを世界中で決めて「幸福の渦で満たす」。
    とはいえ内容は純粋な2Dアクション。ではどこにポーズを決める場所があるのかといえば、ステージクリア時にご褒美として超力彩子のサービスショットを見ることができる。
    あまりにも直球のポルノ釣りだ。
    とはいえアクションがよくできており、ジャンプだけで複雑な楽しさを生み出せるのかと最初こそは思うが、ステージが進むごとに難しくなり、最終的には何度も死んでのやり直しに沸騰しそうになる。1ステージこそ短いが、1度ミスるとスタート位置に戻されてしまい、最後の最後でやられた時の苛立ちといったら! このバランスが絶妙なのだ。
    タイトルの【R16】は16歳以上推奨という意味だろうし、それに対する【L17】の(しょうもない)意味に気づいたとき、幸福に満たされている。
    28、『【R15PG】漆黒のブラックウィッチ【OUT】』 

    へなぽこや初の1万プレイ超えとなる記念すべき作。

    触手に美女がいじられるサムネ効果もあるのだろうが、それだけではない。連綿と続けてきたオートハクスラの実験成果が詰まっている。

    3種類の属性を成長させ、敵との相性を選んで戦い、フロアを進んでいく。

    これだけみるといつものように物足りなさを感じるのではあるが、一定階ごとにいるボスの存在が壁となり何とか倒してやりたくなるし、うまい具合に強いので敗北時に「ご褒美シーン」を見ることができる。勝った時ではないのだ。これが「しょーもな(笑)」といい息抜きになる。

    なにより、敵を倒して成長させればいつかは勝てる・先へ進める、という構造に安心ができ、そして少しずつ強くなっていく感触があり、ひたすら遊んでしまう仕組みになっている。

    人が何を求めているのか、へなぽこやは着実に掌握していく。29、『【R17.5】インポアツマール【パクり】』 
    akisiti氏が公開した怪作『チンポアツマール』の"パクり"作品。
    しょーもない、の一言に尽きる(無論いい意味で)。しかし語らねばならない。
    「インポ」を育てて高値で売る、いわゆる育成シミュレーションゲーム。
    多種にわたるインポ図鑑と、ご褒美スチルを集めるのが目的となる。
    インポを育てるといっても勃起不全を治して大きく固くするのではなく、「イボインポ」や「コゲインポ」や「インポドラゴン」など外見上異なったインポに変化していく。
    そもそもインポとは状態のことをいうのでは、などと考え始めてはいけない。ご褒美スチルもかなり攻めてはいるがそこは「へなぽこや」である。
    何やってんだろう……とふと自分に疑問を持った時こそ、このゲームの真価が問われる。<以下、CH会員限定となります。> 
  • 【CH会員限定】1500万プレイ達成の 『ぼくらのアイランド』"へなぽこや" 世界初!ロングインタビュー&全作品レビュー ②

    2020-04-22 17:00  
    330pt
    ⇒ロングインタビュー&全作品レビュー ①はこちら

    ▼へなぽこやとは RPGアツマールにゲーム投稿してくれているクリエイターのひとり。 初作品を公開して以来、次々を作品を公開し、独自の世界観・再帰性の高いゲーム設計から、多くのファンを生み出したゲーム制作者。ゲーム制作には、主にRPGツクールMVを使い、代表作として、RPGアツマールのAPIを利用した疑似オンラインゲーム『ぼくらのアイランド』がある。ほぼ毎日アップデートを続けており、文字通り “毎日遊びたくなるゲーム” として親しまれている。twitter:@Henapokoya 

    へなぽこや作品を遊んで、いつも思っていたことは、「つっこみのいないゲーム」なのだ。
    ボケにボケを重ねてくるが、そこにつっこみが存在しない。
    そのためあまりにもおかしな世界なのにそこではそれが普通なのだ。
    『タケオとマチコの玄関物語』のように主人公たちがつっこむパターンもあるが、その場合はつっこみが追い付かないほどのボケが用意され、多くは見逃してしまう。
    つまりはプレイヤーがつっこみ役だ。
    遊びながら「おいおいおいw」とつっこんであげよう。
    へなぽこや作品は貴方のつっこみを待ち構えている。お品書き・全作品レビュー②  ①に続いて、13~26作品を詳しくご紹介!・ロングインタビュー② バーのボーイさんだった!? へなぽこやのプライベートが明らかに!!


    "へなぽこや"全作品レビュー②

    13、『【育成】ダンシング★ダンジョン【RPG】』 敵と同じダンスをして倒し、ひたすら先を目指すRPG。
    アニメーションを多用しておりとにかくよく動く。
    成長要素のある武器、拾える宝石、多数のダンスバリエーション、カードコレクションなど要素が絡み合っているが、実際に遊ぶととてもシンプル。
    逆にシンプルすぎて、敵と同じダンスボタンを押すだけの作業に感じてしまい、まだ本作は後に繋がる実験段階のように思える。
    硬派なシステムに対し、主人公を女子3人組にしたところに、プレイ数を増やしたいという狙いが伺える(ただし可愛いというより、まだまだへなぽこや色があり、つまりはヘンテコだ)。
    今までの作品に出たキャラクターのカードが貰えるのはファンとして嬉しい。14、『汗と涙と混沌のラビリンス』 
    概要欄より引用――「本格ハクスラ風に挑戦」
    疑似3Dダンジョンをオートで進み、オートで戦う放置向けゲーム。
    パンツマンが目立ちこそするが、本格と称するのは嘘ではなく、システム設計やUIなどガチな作りになっている。
    ガチャ要素を取り入れ、クリア時に山積みのお金がもらえる(1円玉で)、など盛り上げ要素が巧み。先がどれくらいあるかを最初に分からせるのもうまい。『ダンシング★ダンジョン』での実験がここで昇華されているように思える。
    今までのへなぽこやワールドはかなり薄まっているというか、もちろんガワはへなぽこやで包まれているが、ネタゲー色はほとんどなくなり、「きちんとした」ゲームになっている。つっこみどころが少なくて筆者は寂しくなった。
    へなぽこや変革期と名付けたい。<以下、有料記事となります。>