桜の章 episode.8 雪花の夢
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

桜の章 episode.8 雪花の夢

2019-12-14 23:39
    まあ、大人になったとは言っても、私達の生活に大きな変化があったわけではなかった。

    子供の頃より遊ぶ時間が減って、働く時間が増えた程度さ。
    それは大人になれば当たり前の事だったからね。

    ・・・・・・あとは、強いて言うならば、ゆきと私があまり一緒に行動しなくなった事が、変化と言えば変化だったかな。

    もちろん、仲が悪くなったわけじゃないよ。

    さっきも言ったけど、私とゆきでは得意な事が違った。
    私は体を動かすのが得意だったし、ゆきは書き物や手芸の類が得意だった。
    必然的にゆきは家の中に居る事が多く、私は外に居る事が多かったという、ただそれだけのことさ。

    まあ、ゆきが家の中に居る事が多かったのは仕事のためだけというわけでもない。
    大人になるにつれて、ゆきは体調を崩す様になったんだ。
    原因は不明。常に微熱があって時折意識が朦朧とする。
    虎破さんは、雪細工の能力が暴走しているせいだと言っていたけれど、彼にもそれを治す事は出来なかった。
    もうその頃には、雪細工の能力は完全にゆきの制御できるものでは無くなっていて、ゆきの居る部屋には意味の無いガラスの結晶の様なものが、壁に無数に生えてくる様な有様だった。
    そんなわけで、ゆきは家の中に篭る事を余儀なくされていたのさ。

    それでも、月に何回かは体の調子が良い日もあった。
    そういう日はゆきを連れて二人で外に出て、何をするでもなく散策して、ゆきが作った握り飯を一緒に食べた。
    今で言うピクニックの様なものかな。
    あの時代は娯楽らしい娯楽も無かったし、そもそも私達は村の外に出る事が禁じられていたからね。・・・・・・ほら、普通の人が私達みたいな"化け物"を見たら驚くだろうから。
    見た目が普通ではない村人は、基本的にずっと村の中から出なかったのさ。・・・・・・何もかもが自給自足で、それで暮らしていける時代だったんだ。
    そんなわけだから、ピクニックとは言っても、村の近くを歩くだけだったけどね。
    それでも、私達にとってはそれがとても幸せな時間だった。

    ・・・・・・そんなある日の事だ。
    桜が咲く、春の季節だった。
    私達は暖かな春風に包まれて・・・・・・と言いたいところだけれど、その日は酷く寒かったのを覚えている。
    なにせ、桜が咲いているというのにその日は雪が降ったんだからね。前日の夜半から降り始めたその雪は、朝方には小降りになっていたけれど、それでも山並みはうっすらと雪化粧が施されていた。

    白い息を吐くような寒さだったけれど、そんな気候とは逆にゆきはとても体調が良い様だった。
    いつもは私がゆきを外に誘い出していたけれど、その日はゆきの方から外に出たいと言ってきた。
    私はそれが嬉しくて、いつもより少しだけ遠くへ出かけた。村の裏手にある山・・・・・・と言うにはすこし小さな丘。その頂上には見事な桜の木が一本生えていてね。その桜を二人で見に行った。

    そこは、私のお気に入りの場所だった。
    山の中なのに、そこだけは少し開けた空間になっていて、薬草を取りに行った時などは私は必ずそこに立ち寄っていた。
    けれど、ゆきを連れて行ったのは、その時が最初で最後だったな・・・・・・。

    丘の上に立つ桜の樹は、その時も見事な花を満開で咲かせていた。それに加えて昨日から降った雪が花の桜色と交じり合って、それはそれは幻想的な光景だった。

    「"ゆき"と"さくら"だね。」

    そう、嬉しそうに言ったゆきの顔を今でも覚えている。
    その言葉を聞いて、私はなんとも言えない幸せな気持ちになった。誇らしい様な、愛しいような・・・・・・。
    私はゆきを抱き寄せて、しばらく二人でその白と桜色の優しい景色を眺めていた。

    そうしていると。
    ふと、ゆきはハラハラと舞い落ちる花びらを手に取った。
    その花びらには雪が付いていたけれど、ゆきの手のひらの上ですぐに溶けて、花びらだけが残った。
    それを見たゆきは、私の手の中からするりと抜け出して言った。

    「雪と桜、いつまでも一緒に居られればいいのにね」

    そう言って振り返ったゆきの表情は今にも泣き出しそうだった。
    体の弱さ故だろう。ゆきが、自分の死を意識しているのは明らかだった。
    私は思わず駆け寄って、ゆきを抱きしめた。そして「大丈夫。一緒に居られる。」と何度も何度も言った。
    今思えば、それはゆきに言った言葉であると同時に、自分自身に言い聞かせた言葉でもあったんだと思う。

    私達は雪桜の下で、抱き合って泣いた。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。