ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2013:2:10静岡県掛川市方面へ遠征(´・ω・`)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2013:2:10静岡県掛川市方面へ遠征(´・ω・`)

2013-02-22 00:32
  • 2
とっくに行ってたんですがどうも書こうとしたら寝落ちばかりしてだめでしたwwww
まぁ言い訳はさておきwこの日は天気も良くて10時頃~気分良く御殿場を出発!途中でたばこによる?火災っぽいのに遭遇しましたが(タバコのポイ捨ては止めましょうマジで)
そんなこんなでこの日第一回目の突場所である旧風吹きトンネル本来の近道ルートが草だらけで通れなかったため旧道の入り口から少し歩きました。
こんな感じで厳重に通れなくしてあると思いきや人が歩いて通る通路はあるようで立ち入り禁止でもないようなのでお邪魔しました。中は外から見るよりも真っ暗でトンネル半分ぐらいがヘドロまみれになっていて向こうまでは行けませんでしたOTZ
ヘドロ塗れの通路と写真に写った謎の影(写真右上)おそらくは写真全体がぶれているのでそのせいで何かがこう写ったのだと思いますが・・・・なんでしょう?(´・ω・`)
続いて訪れたのは小笠山砦跡の小笠山神社まぁ・・・神社まではちょっとした山道を数十分歩かなければいけれないので時間が押している状況もあり断念しメインの小笠山三連トンネルを目指してちょっと離れた駐車場から歩きました池と言う呼び方ですが気持ちが良い湖というべきでしょうかを囲むようにハイキングコースが設けられています。
吊り橋もありその上からの神聖さも感じる静かな風景に竜でも住んでそうだねーみたいな会話をリア友北畠と交わしながらただ砦跡だっただけにこんな場所もあります。
恐らくは砦時代の切掘かここが砦への出入り口に使われていた場所だと思われます。
そうこうしているうちに・・・・・・・・・・。
でーん(なぜか効果音)
三連トンネルありましたww昼間なのに手掘りなのもあり雰囲気はばつぐんでしたw
動画撮影と写真を撮るために数回行き来しましたが途中からまた気分屋な気分の暴走のせいでしょうか後ろから何らかの視線と言うか気配と言うか感じる事がたびたびありました・・・・なにかいたのかなぁ?(´・ω・`;)この場の最後のオチと言いますか・・・・トンネルを抜けると林道がありここまで車で来られる事が判明www息を切らせながら30分以上2たりであるいたのにwwwwwOTZ
 続いては心霊生主の本人の許可もとっていないためここでは(Wさん)と紹介させて頂きますが気になる場所があるので行ってみませんか?との事で今回はここ十九将塚をメインに訪れました。隣には普通に墓地が並んでいるものの河川敷で街中なのもありとても気分がいい場所でした。お墓と言う事ですが今は癒し的なパワースポットとして訪れる人も多いようです。
ついでに言うとすぐそばに足つぼに効く足踏み用の石が並んでいたので親父臭く2りでやってましたwwww
まぁ写真を見ても分かると思いますがここでの夜間の生放送は無理ですね周りが民家だらけなので恐らくは不審者として通報されます・・・・・・・w(・`ω´・;;)ぃゃw実際に不審ですが何か?続いては度重なる戦火と共に何千人規模で犠牲者が出たと言う高天神城址に向かいました。ここは僕が生放送メインで行きたいと言ったのと雰囲気を出したかったため少し暗くなるまで車内で待ってから行動を開始しました。
重々しい雰囲気と共に迎えてくれた鳥居。。。。ここには稲荷が祭られています。伝説ではその稲荷が掘れと言った所を掘ると井戸が湧いたそうな今でもその井戸の前に丁重に稲荷が祭られています。ちなみに稲荷がめちゃめちゃ怖かったです><;;



本丸近くにある石牢跡(写真上)とたまに老婆が現れて座っているという休憩所のベンチ残念ながら石牢は入り口が土のうでで塞がれて中を見ることは出来ませんでした。本丸で北畠と合流し二の丸跡へと移動しました。二の丸は稲荷が祭られている脇の道を降りていくのですが途中戦死塚なんかもあります僕は稲荷以外にはこの場所ではあまり感じませんでしたが北畠はここで起こった歴史を知っているのもあるせいかかなりおびえた様子でした。後々聞きましたが二の丸の辺りが一番の激戦区で数多くの兵がここで命を落としたそうです。
ここは上杉・今川・そして武田信玄とその子勝頼が激戦を繰り広げたようです。写真が緑なのはリスナーさんと話した結果おそらくカメラが誤作動したのだろうという結論になりました。後はこの場所を通り抜け茶畑の端に出てきて歩いて車まで戻りもう一度鳥居の写真を撮ろうと下のですがたまたまHIDのバッテリーが切れ真っ暗になり予備の180ルーメンのライトを出そうとした瞬間鳥居の⇒の方の林の中の方から「をぃ!」という男の声がはっきり聞こえました。声からして20代後半から30代前半くらいでしょうか?霊感があるリスナーさんに見てもらった所その林の前の看板の隣に4人男が立っていて林の中には数えきれないくらい・・・・ここは霊が夜はかなり活発に動き回ってる・・・って・・・・そんなん聞いたら次行けないジャン!wwwまぁあとはちょっと離れた場所にも関係するお墓があったので寄って行き数枚写真を撮ってから帰路につきました。北畠も数時間もの運転お疲れ様でした。(・`ω´・)ゞ
広告
×
ボリューム満点。ぶろまがいいっ!
三連トンネルはいってみたい…と、いうより現地周辺の図書館で関連文献をあさってみたい。
99ヶ月前
×
コメント有難うございます。ぶっちゃけ日記とか作文の類(も)苦手で昔からあまり書いたことありません・・・wあとから見直すとおかしな分が結構あって結構やらかした感が自分ではあるんですが僕らしい!ということでそのままで!(`・ω・´)(言い訳乙)文献とか僕は多分読み始めるとすぐ眠気が襲ってきますねぇ読んでみたいのもあるんですけどねいつもとちゅうでち・か・らつ・・き・・・・・・(*-ω-)zzzzZZZZZ
99ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。