ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

高校生必見や!! とあるイベントについて。。。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

高校生必見や!! とあるイベントについて。。。

2017-10-08 01:39
    こんにちは、二斗です。

    今回はとあるイベントの告知があり、記事を書いております。

    今回は私、二斗雄大がリアル(現実世界で)に企画段階から取り組んでいるイベントについてです。
    それは

    『茨城に恋~茨城の色を一冊に。~プロジェクト』

    ちなみにサブタイの〜茨城の色を一冊に。〜というとこは私が考えました。

    こちらについて少々告知したいと思います。
    簡単にいうと茨城のパンフレットを高校生が作ってみないかというものです。
    作られたパンフレットは英語をはじめとする外国語に翻訳され海外の観光博覧会において実際に配布されます。ケンノチカラッテスゲー。

    主催者は茨城県であるので商品も結構豪華(?)かと思います。

    実際に私に二斗をはじめとする高校生数人で発案と企画を行いました。
    一年前に県知事(この時は橋下さん)に提言を行い、今年の八月に企画を本格的に練りはじめ、九月の前半には正式に決まり、先週の水曜日毎日新聞の取材を受けてきました。
    毎日新聞の記者さんありがとうございました。お礼申し上げます。

    何気に二斗はこの企画の初期メンバーなんですよね、一部のメンバーは発案時(昨年八月)と企画会議(今年八月)の段階で変わってしまい最初からのメンバーで作ることができなかったというのは多少残念なのですが、みんな受験生ということもあり仕方なく思います。
    まあ、何が言いたいのかというと思い入れがケッコー強いんですよね。この企画を成功させたいというか、盛り上げたいというか。

    まだまだ締め切りにはいっぱい時間があります。
    高校生には是非取り組んでもらいたいです。
    というのも
    指定校推薦、一般推薦、AO/ACを狙っている方

    志望理由書の加点ポイントになりますよまじで!
    あ、これ割とマジだと思います。
    観光系、民族系、あと若干経済系かな、その辺には使えますと思います。

    あと、情報系にいきたい人は実際にこれだけのことできますよっていうアピールになりますしおすし。

    じゃ、ここまで引っ張っておいてもっと具体的な内容はと言いますと

    茨城県内の高校生または茨城県内にある高校に通う県外の高校生を対象に外国人観光客のための茨城県の観光パンフレットまたはPRパンフレットを作成してもらうということです。
    先ほども言いましたように採用されましたら実際に使用されます。
    詳しくはこちらを参照
    何人かでグループを作っての参加でもOK

    https://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/shokorodo/kokukankou/kokusaikikaku/gakuseipanfu-konn.html

    でも、どんなの作ればいいのかわかんないという方に対して少しヒント

    1、日本に来た外国人が結構困ることの一つに『礼拝所』というのがあります。外国人は日本人よりも宗教に重きを置いており、空港や町に礼拝所の表記、設置をしてあるところが多いです。この表記がないのは日本のパンフに多い問題点の一つです。

    2、外国人観光客というのは長期滞在型と長距離移動型に大きく分かれます。一週間ほど北海道の釧路に滞在する人もいますし、一日で岩手、東京、京都、と日本列島を大きく動く人もいます。不思議だね。まあ、中国やアメリカにいる人から見れば日本列島なんて猫の額ほどの大きさに感じるんでしょうね。

    3、今の茨城県は二回目に日本に来た人(主要観光地を回り終わった人)たちの観光地という立ち位置、または東京のホテルではなく、ちゃんとした温泉に興味がある人の宿として存在しています。

    今の日本には温泉問題があり、外国人観光客が日本の温泉に来た時、格安のツアーで来るため温泉というよりただのお風呂という本当にひどい所に連れて行かれるため、『もう日本の温泉は来たくない』という人が出て来てしまっているそうな。勿体無い。
    是非外国人にはちゃんとしたこれぞ温泉というとこを楽しんでほしいね。

    そんなん感じでどうでしょう。少しは興味を持ってくれたら嬉しいな。
    最後に一言。。。
    ぶっちゃけ、参加資格なくても拡散してほしい(切実)

    以上っす。また何かあったら追記します。
    あ、そうそう、もうお前、作って応募しろよっていうのはダメね、だって二斗が審査員も兼ねますのでね。
    なんかあったらコメして、どうぞ



    Twitterもよろしく

    https://twitter.com/neeeeeeeeee_to

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。