Minecraft 1.15 コマンド新要素 storage について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Minecraft 1.15 コマンド新要素 storage について

2019-12-13 00:41
    Minecraft JE 1.15 で、新しく storage という要素が追加されました。
    これは、テキストデータを保存しておける場所として使えるようです。

    他にもいろいろな方法で使えるかもしれませんが、とりあえずテキストの保存と出力ができたので、コピペして置いておきます。

    /data merge storage skycollect:test {"abc":"1234test"}
    /tellraw @s [{"text":""},{"nbt":"abc","storage":"skycollect:test"}]

    これで出力されたのが 1234test でした。

    保存方法も出力方法も他にもあるかもしれませんし、もっとシンプルにできるかもしれません。


    これでSkyCollectのコマンドブロックをすべてなくせるかもしれません・・・!!


    追記
    保存される場所は saves/ワールド名/data に
    command_storage_skycollect.datという名前でした。


    追記2
    /execute if data storage skycollect:test {"abc":"1234tett"} run say aaaaaaa
    これだと何も実行されませんでした。※tettになっているので値が間違っています。

    /execute if data storage skycollect:test {"abc":"1234test"} run say a
    これだと say a が実行されます。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。