徒然生放送雑記 その35 ~隠れた個人技を持った95年組~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

徒然生放送雑記 その35 ~隠れた個人技を持った95年組~

2020-04-25 18:49

    【花の95年組】

    4/24~4/25「バウンティソード」の続きをやりました。マイナーゲームを55名もの方に見ていただきありがとうございます!

    バウンティソードが発売されたのが1995年。コメントで同年発売のSFCソフトが挙げられたのですが、
    ・クロノトリガー
    ・ロマサガ3
    ・タクティクスオウガ
    ・メタルマックスリターンズ
    ・フロントミッション
    ・ドラクエ6
    ・ダビスタ3
    この辺が95年発売のソフトです。

    おー!錚々たる顔ぶれ。「お年玉全部使っても足りない」とのコメントもマジで頷ける。

    そんなライバルの中船出した「バウンティソード」。正直、最前線で活躍するには難しかったとは思うけど、キラリと光る個人技を発見しました。

    【BGMという隠れた個人技】

    生放送終了間際に雑談しながらゲームを放置していたんです。あんれまぁ!このBGMがなんと雑談に合うことか!
    「元凄腕の騎士団長が、30過ぎたやさぐれ賞金稼ぎになる」という重苦しいストーリーも中年男に響きますが、BGMの秀逸さには気が付きませんでした。

    「全体的に影のある雰囲気が漂う中にも、ちょっぴり安心感があるBGM」が多いです。

    レトゲ好きな協会がスーパーファミコンを100台配るというニュースを見ました。この際トコトン遊びつくしたい方、バウンティソードも95年組としてプレイしてみてはいかがですか?

    今回の放送での名言

    「25年も年取ったんやなぁ・・・」

    25年前に発売されたこのゲーム。25年か・・・。毎日色々あったけれど早かったな。哀愁漂うストーリーに当てられて、感傷的になることも必要かな。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。