【SC2】リプレイ反省会の際のチェックリスト
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【SC2】リプレイ反省会の際のチェックリスト

2015-05-03 06:42
  • 1
リプレイ見る時のチェックリストがあるといいねとか下手なことを言い出してしまったので、言い出しっぺ的に初版を作成しました。
対象はブロンズ~ダイアぐらいまで、特定のオーダーを繰り返し練習しているような人の備忘録兼ガイドをイメージしてます。

なるべくシンプルにしたつもりですが大変にわかりづらいのであくまで参考程度に。
チェックリストの部分だけSC2wikiに転載してもらうようにお願いするつもりなので、その時に徐々に直ればいいかなぐらいの気持ちでいます。

項目はこんなかんじ。
確認項目重要度面倒臭さ
1.着弾時間★★★★★★☆☆
2.軍量★★★★★★☆☆
3.継続生産★★★★★★★☆
4.資源状況★★☆☆☆★☆☆
5.操作効率★★★★★★★★
6.偵察★★★☆☆★★☆
7.防衛コスト★★★☆☆★★★
8.交戦タイミング★★★★☆★★☆
9.マイクロ★☆☆☆☆★☆☆
10.相手のプレイ★☆☆☆☆★★☆

評価値の指標
重要度:

★★★★★・・・とりあえず毎回確認しよう。他の項目をチェックする上でとても重要。★★★★☆・・・調べるほど改善点が見つかる。調べるほどよくわからなくなる。
★☆☆☆☆~★★★☆☆・・・一種類見ただけじゃよくわからんことが多い。けど改善点が見つかるのには変わりなし。

面倒臭さ:

★★★・・・1つのリプレイで全量洗い出すとキリがないのでほどほどにしよう。

★★☆・・・試合を通してじっくり見ないといけないので面倒。全部見なくてもいいかも。

★☆☆・・・4倍速流し見や特定の時間を見るだけでいいのでお手軽。


ながい。

次から各項目についての解説。
1.着弾時間  重要度:★★★★★ 面倒臭さ:★☆☆
最低限ベンチマークからどの程度遅れたかをチェックする。全体として何秒遅れたか、そのうちロボやファクトリーの建築タイミング、ユニットの生産タイミングなど、遅れた要因をそれぞれ切り分ける。
遅れていた場合、「何をしていて遅れたのか」「それにどの程度のコストを割いたのか」を調べることでオーダーの精度を落としている原因を特定する。操作ミスや、ホットキーが使えなくて遅れたというのも立派な原因で、同じミスをしないようにテストマップで練習するだけで全体としてのオーダー精度は向上する。
タイミングごとの時間を特定しておくのはオーダー精度を確認する上で最も有効かつ重要。

2.軍量  重要度:★★★★★ 面倒臭さ:★☆☆
最低限着弾時の軍量を確認する。「1.着弾時間」と合わせて毎回チェックしたい。ベンチマークより少なければ自分の内政ミスか、戦闘によって発生した損害かで切り分け、「内政操作にロスはなかったか」「交戦の判断は妥当だったか」あたりを調べる。

3.継続生産  重要度:★★★★☆ 面倒臭さ:★★☆
試合全体を通して過不足無く生産キューを入れられていたかを確認する。これは忙しい時間帯を特定することに役立つ。過剰に生産予約が入りがちだったり、完全に生産がストップしていたりするタイミングがわかれば、予めサプライを多めに空けたり、戦闘前に予約だけ沢山入れておいたりすることができる。

4.資源状況  重要度:★★☆☆☆ 面倒臭さ:★☆☆
試合全体を通して資源余りが無いかを確認する。オーダー通りにこなせていれば資源余りが発生することはないので、マクロ展開になった時に施設追加を適宜行えているかを流し見る程度で問題なし。
ただし、特定のタイミングで資源余りが頻繁に起こるようならなるべく早急に原因を特定したい。効率の悪い操作や、施設追加の遅延、不足が悪癖として残ると矯正に大変苦労する。

5.操作効率  重要度:★★★★★ 面倒臭さ:★★★
試合全体を通して効率のよい操作ができていたかを確認する・・・と、いくら時間があっても足りないので、忙しかった時間をピックアップして、その中での操作を改善する。
「すぐにリングに囲まれる運命にあるマリーン」「敵ベースに到着するまでは暇なハラスユニット」など、いちいち操作するのが不要なユニットを操作していないか、建築生産をする時の操作は最適化されているかなどを一つ一つ虱潰しにしていくことで忙しい時間が余裕のある時間に変わっていく。

6.偵察  重要度:★★★☆☆ 面倒臭さ:★★☆
偵察がされていたかを確認する。オーダー上に明記されている偵察タイミング以外にも、「隠しベースを取らせないように巡回しているか」「ドロップルートの視界が網羅されているか」「敵のメイン軍の位置を常に把握できているか」など、試合全体を通して必要な偵察は存在するので、「もしこのタイミングで敵が来たら自分は対処できるか」をイメージして見よう。

7.防衛コスト  重要度:★★★☆☆ 面倒臭さ:★★★
相手のハラス、ラッシュに対して妥当な対応ができていたかを確認する。過剰防衛になっていないか、逆に欲張りすぎていないか。
これの妥当性を検証するのは相手の選択や自分のオーダーで変化して大変に面倒なので、戦闘が終わった時点でのワーカー数、ベース数、テック、軍量を見て、「あの対処で有利(不利)ついたんだなあ」と確認する程度でいいと思う。

8.交戦タイミング  重要度:★★★★☆ 面倒臭さ:★★☆
大規模な交戦をする時の状況を確認する。有利な場所で当たれているか、上級ユニットはちゃんと合流しているか、アップグレードはちゃんと終わっているかなど。
これもまた妥当性を検証するのは大変に面倒なので、忙しいタイミングで適当に当たってしまっていないか、その+-10秒ぐらいに当たるとしたらどんな状況かをなんとなく想像しておく。
交戦タイミングを選ぶことは操作に余裕を持たせることとなんとなく繋がっているので、勝敗を決するその瞬間がイメージできていると試合を通して大局観を持ってプレイできる。

9.マイクロ  重要度:★☆☆☆☆ 面倒臭さ:★☆☆
「マイクロはさほど重要ではない」とたまに言われるが、細かいレベルで効率のいいマイクロ操作を模索することは継続的に求められる。操作コストに見合わないマイクロをしていないか、マイクロで想定通りの結果が得られているかを確認し、後でテストマップで実践してみることで、「この軍量ならこのぐらい戦える」というマクロセンスも磨けるので、前進後退の判断がより正確になる。

10.相手のプレイ  重要度:★☆☆☆☆ 面倒臭さ:★★☆
相手のプレイにケチをつける。勝ち試合だと割りと気分がいい。
相手の判断がこちら目線で妥当かどうかを確認する。もし妥当性に欠いていた場合、「何故これをやられたら自分は死ぬのにやらないんだろう?」という疑問を持って見直すと、資源管理や情報の都合上やりたくない、できないことが見えてくる。いやらしいハラスや、不可避のラッシュタイミングを自分の中で理論として確立すると一つの強力な武器になる。


最低限何を振り返ればいいか
  • ちゃんとオーダー通りの時間に、オーダー通りの軍量が着弾しているか
  • できていないとしたら、何が原因で、具体的に何の練習をどのぐらいやればいいか

この2つさえ分かっていれば次の練習方針が明確になり、「これが出来るようになるまでは負けるかも知れない」と割りきってゲームがプレイできるようになるので、漫然とプレイすることを避けられる上に、出来るようになると普通に嬉しい。
例えば筆者は、「15hat16poolした時の2回目のクイーン生産を遅れずにやる」ことだけを意識して練習して、3試合ぐらいで意識しなくてもできるようにしたところ、それでその時間帯にできる操作が増えて大抵のラッシュディフェンスができるようになってプラチナに昇格した経験がある。
すぐに実現可能な細かいレベルで1つだけ練習目標を洗い出して、後はそれを練習するだけでこのゲームはすぐに上達させてくれる。と、おもう。
広告
×
この記事で更新が止まっているようで残念です。
過去の記事で、モチベーションが上がったら○○についても書くかも、的なものがいくつかありましたが、
モチベが上がりましたらぜひ書いてほしいですね。
読みたいです。
39ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。