ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 【サッカーW杯アジア二次予選】日本代表”ベストメンバー招集”は本当に悪なのか?

    2019-10-11 23:08
    どうもです。
    今回は突拍子もなくサッカー日本代表について書いていきます。

    巷ではラグビーやバレーなど、色んなスポーツでW杯が行われており、まさに「スポーツの秋」というべき盛り上がりを見せていますが、その中でサッカーでもW杯出場に向けたアジア地域での二次予選が進んでいます。
    そんな中、最近よく「メンバー招集」の是非を問う記事がよく見かけます。
    見かけますが、自分の中でどうにも納得のいかない部分が見られたので「ほんとにそうかな?」ってところを主眼に自分の考えを述べていきたいと思います。

    海外組を呼ぶな

    今回に限ったことではないですが、サッカー日本代表ではよく「海外組招集の是非」が取りざたされます。
    その国を代表する選手たちの招集なので、呼ばれた選手個々人の実力云々については議論を呼んで然るべきだと思いますが、こんな時必ずと言っていいほど「海外組は呼ぶな!」という人たちが出てきます。一体どういうことなのでしょうか。
    サッカーにおける「海外組」とは日本国内ではなく海外のサッカーリーグ(特にヨーロッパ)で活躍する選手たちのことを指します。
    一般的に日本国内に比べてヨーロッパサッカーのレベルの方が高いといわれているので、基本的にヨーロッパに行く選手たちは日本人としてトップクラスの人たちになります。
    つまり、「海外組を招集する」ということは日本におけるトップ層の選手たちを代表に呼ぶということになります。
    ここまで読んで「代表なんだからトップを呼ぶのは当たり前だろ!」と思われた方、その通りです。
    その通りなのですが、そういった招集に批判している人たちは常に一定数います。以降ではそんな人たちを「否定派」と呼称することにしますが、それではなぜ否定派はそう言った批判を展開するのでしょうか。

    今回は主に以下のネット記事を参考にしました。
    https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1573380/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00010000-wordleafs-socc
    https://news.livedoor.com/article/detail/17004460/

    最近では久保建英選手という日本代表の新星が現れましたので、その選手に関する記事が多めになっています。
    上記記事内では色々書かれていますが、ざっくりまとめるとおおむね以下の通りです。
    ・呼ばれた選手のクラブ内での序列が危うくなる。
    ・格下相手にベストメンバーを呼ぶ必要性は低い
    これらの点について考えていきましょう。

    クラブチームと代表の両立

    クラブチームとはプロサッカー選手が普段所属しているチームのことです。
    給料もクラブチームから出るので、クラブチームでの活躍がサッカー選手にとってはとても重要なのですが、サッカーでは同じくらい代表戦というのも重視されます。
    一定ランク以上の国際戦に関する代表招集はクラブチームは拒むことができない、というルールがあるといえば、サッカーにおいては代表というものがいかに重要視されているかがわかるかと思います。
    だからこそ代表に呼ばれるレベルのサッカー選手はクラブと代表という2足のわらじをうまく履いていく必要があるのですが、ここに関して否定派は以下のように批判します。

    「新しいクラブに移籍したばかりの選手をいきなり代表で招集してしまうと、新しい環境に順応する期間を奪ってしまう。その結果他の選手とのレギュラー争いから遅れてしまう!」

    つまりレギュラーになれるかの当落線上にいる選手を無闇に代表招集すると、その選手がアピールする機会を奪ってしまうということらしいです。なるほど一見するともっともらしく聞こえます。
    しかし本当にそうでしょうか。
    今回は参考にした記事で久保選手が取り上げられていたので、久保選手のパターンで考えてみたいと思います。
    久保選手は今年8月に日本のJリーグからスペインのマジョルカというチームに移籍しました。その後9月に代表招集されたため否定派の例に挙げられたわけですが、他の選手ではこういったパターンでどうだったのか見てみます。

    今回比較するのは香川真司選手です。
    香川選手も長年欧州のトップリーグで活躍し日本代表にも幾度となく呼ばれた名選手ですが、
    彼の場合はどうだったのでしょう。
    Wikipediaによると2010年7月に当時所属していたJリーグのセレッソ大阪からドイツのドルトムントに移籍しています。
    その後いきなり同年9月に代表招集されていますのでパターンとしては久保選手と非常に近いといえますが、それでは彼はその後どうなったでしょうか。
    といってもご存じの方も多いでしょうが、彼はその後ドルトムントで大活躍し、ドイツリーグ制覇も経験するなど華々しい経歴を歩んでいくことになります。

    どうでしたでしょうか。
    かなりあっさりした比較ではありますが、同じ日本人選手、しかも最近(というかまだ現役)の選手をみてもわかる通り、決して代表に呼ばれたから活躍できないということないということが分かってもらえたかと思います。厳しい言い方ですが、その選手が活躍できるかどうかはその選手次第でしかないということです。

    格下相手との戦い方

    続いてはこのような意見です。

    「格下相手にいちいちベストメンバーを呼んでいたら他の代表候補を見る機会がない!もっと他の選手を呼ぶべきだ!」

    これも何となくたしかにと思ってしまいそうですが、これもよく考えると疑問符が浮かびます。
    これはW杯限定の話になりますが、予選で敗退してしまったチームはW杯本選には出られません。当たり前ですね。
    そんな状況で、果たしてベストメンバーを呼ばないという余裕をぶっこいた戦い方ができるのでしょうか。
    ここでは分かりやすく強豪国の戦い方と比較します。
    サッカーにはFIFAランキングという一応各国の代表の強さを表したランキングがあるので、手っ取り早く現在ランク1位であるベルギー代表と比較します。
    ベルギーももちろんW杯予選を戦ってみるので、対戦相手とその際の招集メンバーを見てみました。
    https://www.soccer-king.jp/news/world/euro/20191005/986321.html
    上記のページを見るとクルトワやアザールなど、世界的に見てもトップクラスと言える選手が多数選出されており、けが人などを除きベストメンバーといっていい布陣が組まれています。
    対して今回のメンバーで対戦する相手国はサンマリノ(FIFAランク210位)、カザフスタン(同112位)となっているので、これらの事実から例え世界1位であってもW杯予選とあらば格下相手だろうとベストメンバーで臨むということがわかるかと存じます。
    ここまでくるといわんや日本をや、ということで格下相手にベストメンバーを呼ぶべきではないという批判が的外れなものか分かったのではないでしょうか。

    まとめ

    最後のほうは駆け足になりましたが、結局何が言いたいかというと「ベストメンバー云々議論するなら世界1位より強くなってからだろ!」ということです。
    ↑は極論にしても、少なくとも今の日本代表のレベルでW杯予選をベストメンバーあえてを外して戦うなんてことはできないし、日本代表に呼ばれようが呼ばれなかろうが活躍するかはその選手次第ということです。

    ここまで長文ありがとうございました。批判はもちろん自由です。



  • 広告
  • 【CoD: BO4】バトルロイヤル”Blackout” 初期降下地点まとめ その1

    2018-11-01 10:16
    最近はまってるBO4のブラックアウトについて、SQUADで最初に降りる地点の個人的評価を五つ星評価でまとめました。流行りのゲーム記事で購読数稼げるといいなぁ。
    ※文中の方角および座標はゲーム内マップに準拠してます。また、分かりやすい名前付きの地点をまとめてます。

    ①建設現場

    降りてくる度:★★★★☆
    アイテムの量:★★★★★
    アイテムの質:★★★☆☆
    【寸評】
    マップ北西、座標C2くらいに位置する高層ビルの建設現場みたいなところ。
    かなり高低差がある建物なのでその分落ちているアイテムも多い(質はふつう)が、何故かみんなビルの屋上に降りたがるので激戦区になりやすい。煙と何とかは高いところが好き

    ②高級住宅

    降りてくる度:★★★★★
    アイテムの量:★★★★☆
    アイテムの質:★★★★☆
    【寸評】
    マップ北、座標D1~E1くらいに位置する住宅街。
    東西に大きな家が二つあり特に西側の家には外傷用キットなど有用なアイテムがよく落ちてる。バギーなんかも転がってるので移動もしやすいが便利な分人気も凄まじく、自チームの他に2、3チーム降りてくることもざら。

    ③水力発電ダム

    降りてくる度:★★☆☆☆
    アイテムの量:★★★☆☆
    アイテムの質:★★☆☆☆
    【寸評】
    マップ北東、座標G2~G3くらいに位置するダム。
    川を挟んで大きな建物が二つありそこそこ広いが、その割には落ちているアイテムの量、質ともにあんまりな印象。
    マップの位置も相まって人気がないのか、自チームで独占できることもよくある。
    川下が次の制限区域だったりすると一気にボートで川下りできて楽しい。

    ④駅

    降りてくる度:★★★★★
    アイテムの量:★★★★☆
    アイテムの質:★★★★☆
    【寸評】
    マップ真ん中北東より、座標F3くらいに位置する駅及び列車群。
    マップ中央に近くアイテムも良質なものがそろいやすいと、泣く子も黙る超人気地点でまず間違いなく他チームとかちあう。
    駅舎より列車のほうがLMGなど強力な武器がよく落ちている印象。
    列車の下がほふくで通れてかつ相手の足が丸見えなので、奇襲できやすいしされやすい。


    とりあえずこんなものですかね。
    人気がない場所でも独占できればそれなりのもんは揃うので色んなとこに行ってみるのが楽しいですよ。
    その他の場所は気分が乗ればまたまとめます。
    ではまた。

  • 仕事について

    2018-10-29 21:10

    「仕事ができる」とは

    私は仕事柄よく「生産性をあげろ」だの「~を見える化しろ」だの色々言われることがありますが、自分も含め中々目に見えて生産性が上がっているところを見たことがありません。
    最近そこについてなぜなのかよく考えることがあります。

    やっても意味ない

    いきなり身もふたもない答えを書きましたが、割と真面目にこの言葉に集約されるのではないかと思います。
    順を追って説明しますが、まず押さえておかなければならないのが日本における働き方のほとんどが”拘束時間にお金を払う”形態であるということです。
    アルバイトなんかをやったことがある人はすぐにピンとくるかと思いますが、世に出ている求人はまず間違いなく給料を「時給」という表現でしていると思います。
    これは文字通り「一時間当たり~円で雇いますよ」という意味なのですが、これは極端な話「仮に雇われたとした場合、その時間何もしなくても給料は出る」ということを意味します。
    もちろん現実でそんなことをすればもれなく一発でクビですが、社会に出てみるとAさんとBさんで2倍以上こなしている仕事量が違うのに給料は一緒、なんて話はざらにあります。
    つまり日本式の雇用では「同じ仕事に従事していた場合、その間の生産性は個々人の報酬に反映されづらい」のです。
    これは個人のモチベーションに直結します。
    「こんなに頑張って成果も出しているのに、ちんたらしているあいつと給料が変わらない!」ではやる気を出そうにも出せないというものです。
    それどころか「同じ給料なんだし多少手を抜いてもいっか」とまで考えてもおかしくありません。
    ここには日本人が長年抱えてきた長時間労働問題の一端も垣間見えます。
    時間当たりで給料が出るのなら、より稼ぐためにはどうしますか?そう、より長く働けばそれだけお金を稼げるのです。
    極論「10時間かけて200の仕事をこなす」より「20時間かけて100の仕事をこなす」ほうが稼げるのです。
    事実私の周りにもそうやってお金をより稼いでいる人は現在進行形でたくさんいます。
    これでは「生産性を上げる」など望むべくもありません。

    ちゃんとご褒美をあげよう!

    とまあここまで長々と書き連ねてきましたが、要は「成果を上げた人にはもっと短いスパンでより大きな報酬を与えようね!」ということです。
    人は不公平感を抱えながら頑張ることなんて中々できませんから。

    言いたいことがちょっとだけ言えたのですっきりしました。
    ではまた。