• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「イッシン山口(山口一臣週刊朝日元編集長)とユッキーナ(三宅雪子元衆議員議員)の政局チャンネル」ブロマガ 1月7日放送分 ユッキーナ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「イッシン山口(山口一臣週刊朝日元編集長)とユッキーナ(三宅雪子元衆議員議員)の政局チャンネル」ブロマガ 1月7日放送分 ユッキーナ

2019-01-12 14:43

    17日はゲストの山田正彦さんが急遽欠席だったのでイッシン山口と三宅のフリートークでした。(ご迷惑をおかけしました)話題は主に政局や選挙でした。選挙は衆参同日ではないかという話が出てます。野党は参議院選挙の調整が遅れに遅れているので、ここに衆議院選挙となったらどうなるのでしょうか?心配が尽きません。「もしかしたら」改憲の国民投票もあるかもしれません。18歳選挙権。ただでさえわかりにくい参議院選挙の投票方法です。2013年の自分の選挙の時に、いまだ拘束名簿(順位が固定)だと思っている方が多くて驚いた覚えがあります。現在は党の獲得した総得票に対して書かれた名前の得票順です。この説明をまずはスタッフやボランティアの方々にしました。よく「三宅さん何位?」という質問を受けたことは思い出されます。「名前を書いてください」とお願いしました。名前を書くと党の票にならないとう誤解があったので党の票と合わせて個人の票になるということを連日話しました。

     

    全国比例代表の「統一名簿」の話は毎回でますが、どのくらいの人が「統一名簿」について正確にわかっているのでしょうか。「死票がない」という意識止まりのような気がします。さて、橋本新党は本当にできるのでしょうか?資金の問題がありますから国民民主党が入らないと難しいでしょう。このあいだ「新党の寿命」についてコラムを書きました。昔は10年、今は3年でしょうか?「みんなの党」がちょうど3年でした。「都民ファースト」は僅か数ヶ月。これは特別なケースなのかもしれません

     

    共産党を除く野党各党が地方選挙まで手が回っていないような気がします。地方選挙に焦点を絞って候補を擁立している政党があり、そこが最近確実に議席を取っています。以前から地方選挙は国政より難しいと言われますが、逆の資金と人手とノウハウがあれば「回収率」は高いと思われます。地方選挙を甘く見ないほうがいいでしょう。114日の電話インタビューゲストはお水のジャーナリストの橋本淳司さんです。

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    イッシン山口とユッキーナの政局ブログ
    更新頻度: 毎週水曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥324 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。