• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「イッシン山口(週刊朝日元編集長山口一大臣)とユッキーナ(三宅雪子元衆議院議員)の政局チャンネル」2月4日(月)分 ブロマガ ユッキーナ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「イッシン山口(週刊朝日元編集長山口一大臣)とユッキーナ(三宅雪子元衆議院議員)の政局チャンネル」2月4日(月)分 ブロマガ ユッキーナ

2019-02-11 13:04

    (この日はニコ生が不具合いでツイキャスで配信しました。8日に配ニコ生で別ゲストで再配信してます)電話インタビューゲストは本間龍さんです。)

     

    24日(月)のテーマは、五輪にまつわる色々な問題。本間龍さんが長く取り組んでいることです。まずボランティアの問題。 競技会場の運営に携わる組織委のボランティア「フィールドキャスト」は、目標の8万人を上回る20万以上が応募。観光案内をする都の「シティキャスト」には、2万人目標に対して3万以上が応募したとされています。しかし、なんと集まったボランティアの4割が外国人だったというんですね。この外国人はいわゆる世界各国のオリンピックに出向くボランティアが趣味の「ボランティアジャンキー」の可能性があります。本間さんによると、4割の申し込みがあっても英語圏以外は言葉の問題がありますからスムースにいくかどうか。これから面接が行われますが、当然日本語が話せないとボランティアはできません。最終的に1割程度の落ち着くことが多いそうなので人数が足りるのかどうか不透明とのこと。

     

    そして、高速道路の値上げの問題もあります。唐突にこの時期に出てきた奇策です。大会組織委員会と東京都首都高速道路の料金を時間帯によって変動させるロードプライシング(道路課金)制度の導入を大会期間中の交通渋滞対策として検討を始めたのですが、いまはもう2019年です。五輪まで1年半です。サマータイムといい、その場その場の思いつきで導入まで数年もかかることを関係者が次々と打ち出すので(そしてたいがい頓挫する)不安になります。そもそも高速道路が高ければ乗らないので、一般道が混み合います。こう考えただけでナンセンスです。本間さんは五輪でのこうした「例外」の連発に警鐘を鳴らしています。

    次回配信予定
    • 2019/02/20
      「イッシン山口(週刊朝日元編集長山口一臣)とユッキーナの政局チャンネル」 2月13日の電話インタビューゲストは水ジャーナリストの橋本淳司さん/イッシン
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    イッシン山口とユッキーナの政局ブログ
    更新頻度: 毎週水曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥324 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。