ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

元ユーザー記者が「電王戦のすべて」を買ってみた。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

元ユーザー記者が「電王戦のすべて」を買ってみた。

2013-07-29 20:56

    買ってきました。これ

    個人的には場所を取らないような文庫が良かったのですが。
    まあハードカバーではないのでそれ程気にならないです。
    図面を載せたりする兼ね合いで、やはり将棋の本は体格がでかくなります。

    内容はというと

    1~5局までの自戦記が中心となってますが、 COM側の読みや形勢判断も書かれています。 コンピュータ将棋の歴史、未来について 柿木氏と棚瀬氏の対談も面白かったです。


    巻頭には電王戦の風景画像、写真が載っていて 電王戦のすべてというタイトル通りの本になってます。

    読み物として非常に面白いと思います。
    定価1545円。興味のある方は購入されてみては。

    電王戦Ⅱを全く見てないという方に対して、
    電王戦Ⅱについてまとめますと

    一言で云うならば、面白かった。 これに尽きるでしょう。リアルタイムで見るに限りますね。

    しかしプロ側に勝ってもらわないと次に繋げにくいと思ってたので
    不安要素が残ることになりました。
    電王戦3はあるのでしょうか?まだ何も進展があるように思えませんが・・。
    ただ、電王戦2が盛り上がり過ぎた感もあるので電王戦3までしばらく間を置く可能性もあります。
    電王戦2と同じ季節にやるとも限らないですし。

    やはり今度こそプロに勝ってもらわないと。

    というわけで、個人的にみてCOM相手に相性が良さそうで強い、
    かつ現実的に電王戦出場できそうな棋士を5人あげてみます。

    ・渡辺明竜王
    ・鈴木大介八段
    ・屋敷信之九段
    ・橋本崇載八段
    ・丸山忠久九段

    まず渡辺明竜王は頼もしいですね。
    最強棋士なので負けると先が無くなりますが、数年前のBonanza戦も引き受けてたので。 (特に大観衆の前で対局して勝ってたのを見ると、メンタル面でも強そう)
    ブログにも「出ることになる」との発言がありました。

    鈴木大介八段。
    個人的に大好きです。大ちゃんの解説を聞いてても凄い洞察力だなあと感心させられます。
    COM相手に研究したらめっぽう強そうなイメージがあります。
    よくニコ生公式放送にも遊びに来られてるようで。親近感もあるし頼もしいし。

    屋敷信之九段。
    電王戦2にて「出ても良い」との発言。
    A級棋士ですし、それでありながら公の場でそんな発言を出来るのは超カッコイイですね!
    となると電王戦3に出場の可能性が一番高いように思えます。
    A級棋士は基本、大将戦になると思います。
    仮に来年も電王戦が実施されると、屋敷九段vsBonanzaという大将カードが実現する可能性が非常に高いです。

    橋本崇載八段はどうでしょうか。
    随分昔ですが、TACOS戦で辛勝してたのが印象的です。
    対COM経験がありA級なので。 他のA級棋士はベテランばかりなので引き受け難いと思いますが、 ハッシーは良い意味で別格だと思います。

    丸山忠久九段は引き受けてくれなさそうなイメージがあります。
    しかし本格派で激辛流の手厚い将棋をみるとCOM相手に相性は良いんではないかなと。
    タイトルホルダーの風格も残ってますし、実力はもう十分でしょうね。

    まんま上記全員出ると流石に勝ち越すと思いますが、
    少しでも長く人間対COMの競り合いが続くのを願うばかりです。

    どうか電王戦3もありますよう。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。