• トワ様の登録者30万耐久を見届けた

    2020-10-22 02:00

    ホロライブ・ホロスターズのタレントが様々なライブを開催した、ファンにとっては充実した一週間があった。下は2020年10月18日からのスケジュールだ。

    日曜日 カレーメシスパイスライブ 湊あくあ、大空スバル、兎田ぺこら
    月曜日 星街すいせい50万人記念ライブ
    火曜日 律可1周年
    水曜日 さくらみこ復帰LIVE
    土曜日 VARK主催ライブ vol.2 ロボ子さん、常闇トワ

    そのさなかの10月20日、ホロライブVtuberの「常闇トワ」による登録者30万人の節目まで歌い続ける企画があった。歌によって約3000人のYoutube登録者を獲得しようというものだ。彼女は前日 #星街すいせい50万人記念ライブ にてゲストを務めて2曲歌った。そして、今回の企画なのだろう。

    常闇トワは当時――理由など知る由もないが――活動を減らしていた。彼女の準備期間なのだろう。俺にとっては彼女の気高さの表現で、在り方がそうさせたのだと思う。配信タイトルは『【30万人耐久歌枠】お久しぶりです。【常闇トワ/ホロライブ】』「お久しぶりです。」と簡潔なタイトルだが、それでいいのだと思う。

    さて、読者は既にストリーム・アーカイブを見ただろう。注目ポイントは省き、達成した瞬間の話をしたい。30万人達成はクライマックス歌唱中。ぴったりの歌詞なのだ。祝福のチャットのなか、涙声になると文字通りクライマックスになりチャットも察し始めた。歌い終わると一息つく。そして、一息のうちに喜びを伝えた。壮絶な言葉だった。短い言葉に波乱・苦労・歓喜を込めていた。言葉遣いが巧みである。配信タイトルもそうだ。それからリスナー・眷属・ファミリーに感謝を伝えると達成ツイットをし、呼吸を整えた。

    30万人を達成したあとはアンコールが始った。アンコール歌唱中も選曲もあって号泣してしまう。俺も涙腺が緩んだ。涙声に励ましのチャットを送る眷属。俺も励ましのチャットを送った。そしていつしかハートマークのみのチャットが現れる。言葉を介すことなく、チャット欄はハートマークに埋め尽くされる。ハートマークは世界中の言葉を超えて、愛のシンボルとして励まし、温かい気持ちを届けていた。俺はその光景に心を打たれ、しばらく動くことができなくなった。

    「ハートスパム」に立ち会ったファンは激励できたこと、感謝が伝わったこと、それぞれ確信している。現在アーカイブでその様子を確認することはできない。その温かさを俺は覚えておかなければならないと思った。

  • 広告
  • #PP雑談 で使ってたアニメーションを追加するPPマクロ【#かなたーと ?】

    2020-07-11 23:26

    天音かなたといえばPP天使、もといパワーポイントである。彼女のストリームに使用されているPPを見て、アニメーションの自動設定を作ってみたいと発起した。

    動作は Power Point 2016 で確認。「かなたそマクロ.pptm」とかで保存しておき、別プロジェクトから参照して欲しい。

    作ったのは箇条書きがスライドインするアニメーションを自動で追加するマクロ。

    1.上のとこに箇条書き、2.マクロを実行すると、3.全ページに動画で見たスライドインのアニメーションが追加される。

    いつかのPP雑談で一段階遅いスピードに拘っていたので、(efct.Timing.Duration = 1)で1秒間の設定を追加した。ちなみにPPのデフォルトは0.5秒。


    Sub 全てスライドイン()

    Dim sld As Slide
    Dim shp As Shape
    Dim efct As Effect
    For Each sld In ActivePresentation.Slides
    For Each shp In sld.Shapes
    If shp.Name Like "Content Placeholder*" Then
    shp.AnimationSettings.Animate = msoTrue
    shp.AnimationSettings.EntryEffect = ppEffectFlyFromBottom
    shp.AnimationSettings.TextLevelEffect = ppAnimateByFirstLevel
    End If
    Next shp
    Next sld

    For Each sld In ActivePresentation.Slides
    For Each efct In sld.TimeLine.MainSequence
    If efct.Shape.Name Like "Content Placeholder*" Then
    efct.Timing.Duration = 1
    End If
    Next efct
    Next sld
    End Sub

    Sub 全てアニメーション削除()

    #tab;Dim sld As Slide
    Dim shp As Shape
    For Each sld In ActivePresentation.Slides
    For Each shp In sld.Shapes
    shp.AnimationSettings.EntryEffect = ppEffectCut
    shp.AnimationSettings.AnimationOrder = 0
    shp.AnimationSettings.Animate = msoFalse
    Next shp
    Next sld

    End Sub

    完走した感想ですが(激うまギャグ)。PPはマクロの記録ができない!これは作ろうと思ってから知ったので、衝撃的だった。編集するべきプロパティも分からないのである。リファレンスとオブジェクトブラウザを見たり、全プロパティをローラー作戦で探したりした。あんまり参考資料がなくて、解決方法がローラー作戦になるところが楽しかった。しかも、それでもなお見て分かるように超強引に名前指定で目的オブジェクトの判断してる。汎用的なPPマクロなので、改造したら業務に使えるってこともあるかも。

    やっぱり一歩目を作りたかった。誰かに見てもらって今度はクリエイターが機能を増やしてくれるというわけ。SIMS4のMODとかあったし、こういうのもいいのか?でもOfficeのマクロは敬遠されてるし……。

    V2の予定はPPトーク(クソダサコーデバトル回のような)を作成するフォームを作りたい。いや誰か作ってくれ。


  • 偶像を強く感じた

    2020-07-06 06:31

    #天音かなた3D の話。天音かなたはホロライブのアイドルVtuberで、というのは各自で調べるとして。俺が思うに最もアイドルに近い存在である。俺のアイドル論はツイッターを遡ってくれ。


    ニコニコのブログにもつべコンテンツ貼れるんだなー

    閑話休題。上に貼り付けてるのが本件の動画だ。ライブストリーミングだが、リアルタイム視聴ができないことで当時は緊張感が凄かった。ついでにファンタジスタドール7周年リアタイもできなかった。

    閑話休題。帰宅後即視聴を実施した。誰かの格好いい姿を見て俺も感動する。という経験をしたため、満足感が凄かった。常時小動物の愛らしさを振りまく彼女は、幼少から憧れた姿だったのだろう。イケメンを研究したのがキムタクなら、アイドルを研究したのは天音かなただった。そういう感性は、まさしく俺がアイドルに向ける尊敬なのである。