【遊戯王】猿魔王ゼーマンの考察
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【遊戯王】猿魔王ゼーマンの考察

2019-10-02 03:14

    配信サービスで遊戯王5D'sを見てる。
    ディマクが使用した「猿魔王ゼーマン」が俺好みの設定だった。ここではその考察を行う。

    猿魔王ゼーマンは猿の地上絵サインを持つディマクの準エースモンスター。レベル -7 のダークシンクロモンスターだ。
    アニメではデュエル・精霊世界に登場し、精霊世界ではエンシェント・フェアリー・ドラゴンの力をディマクに渡すためレグルスを探していた。

    精霊世界での活躍

    プラスとマイナスを司る魔杖を使って精霊世界を混乱に陥れていた。マイナスの力を受けた対象は時間を逆行するのだ。物質の動きは逆行し、生物は退行してモンスターは力を失ってしまう。

    遊戯王wikiでは「ゼーマン(Zeman)」とは、ヘブライ語で「時間」を意味する。と考察されている。(参考、遊戯王wiki:《猿魔王ゼーマン》)

    もう少し突っ込む

    魔杖には時間に関する力だけではなく、感情に作用する力も持っている。力を受けた対象は褒め言葉や願望が逆に聞こえてしまう。このことから俺はさらなる考察の余地があると踏んだ。そして、飛躍へ……

    安倍晴明

    ゼーマンは「ドーマンセーマン」、つまり陰陽師・安倍晴明を象徴する名前でもあるのだ。「陰陽」は日本において、陰イオン・陽イオンのようにプラスとマイナスを示すことにも使われる。

    猿魔王は十王信仰のひとつ閻魔王を連想させる。その眷属である泰山府君は日本において、陰陽道の主祭神とされている。「泰山府君」の祭は安倍晴明が行った死者蘇生の秘術。ゼーマンらは地縛神復活の生贄にするため、精霊たちを石板に封印していた。(参考、ウィキペディア:十王)

    また、精霊を石板に封じることは、式神として神性・精霊を使役した陰陽道に通じている。

    十二支

    ちなみに、ゼーマンはレベル -7 である。十二支の対応する月における申は7月である。この関係も完全に偶然だとは言い切れないだろう。(参考、ウィキペディア:十二支)

    五行思想

    遊戯王プレイヤーは五行思想を必ず学ぶので説明は割愛。
    アナログ時計を用意してほしい。1時から「ねーうしとら」と数える。申は9時、辰は5時だ。これらの方角は五芒星を描いたときに線で結ばれる。辰→申は相剋の関係なのだ。
    ドラゴン(辰)によってディマク(申)を打ち倒す。シナリオと一致している。
    (ここ深夜テンションで書いたのもあってあとから読んで意味不明)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。