ACTORSの第5話で興奮した
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ACTORSの第5話で興奮した

2019-11-20 01:31

    スタン落ち定期。『ACTORS』第5話が非常に熱くて、記事を書きたくなった。この回はかなりのネタバレを含んでいる直感がある。だからこの記事は現在進行形で少しも興味がないか、視聴済みのファンだけ読んでほしい。ちなみに、筆者はアニメが初のACTORSコンテンツなので悪しからず。

    あらすじ

    主人公たちは天翔学園(実ファ)に通っている。その天翔学園に白い柱のオブジェクトが出現した。オブジェクトはなぜ出現したのか?という回は過去にやっている。ここにはネコや「願いを叶える白い精霊」を見つけやすいことが調査された。

    出現から少しして、日常の風景になったある日、「志戸くん」があるゲームを発見する。印象的なゲームをプレイしてほしくて「丸目くん」を勧誘した。現実の母校、天翔学園そっくりのマップを体験できるゲームだ。

    丸目くんは誘われるままログイン、すぐに舞台が疑似的な天翔学園だと気づく。スポーン地点は白い柱のオブジェクトだ。 無課金の丸目くんのアバターは白ののっぺらぼうで疑似天翔学園のキャラクターからは認識できない。それに対し、課金済みの志戸くんのアバターはネコが与えられる。ネコは登場人物から認識され、ちょっかいを掛けられるのがメリットだ。

    志戸くん・丸目くんの両名は疑似天翔学園を闊歩し、思い思いの活動に勤しむACTOR達を眺めたり、時にほかのユーザーとコミュニケーションをしたりしてこのゲームを満喫していた。

    所感

    つまり、伏線を大きく回収した回である。

    オブジェクトはログイン後の初スポーン地点の目印。そして「願いを叶える白い精霊」は無課金ユーザーのアバター。極めつけは、重大な可能性を示唆したことだ。天翔学園がゲーム運営に作られた疑似空間、もちろん、登場人物の人格も造られたものであるということ……。

    急にSF味を前面に押してきたACTORS。アニメを通して寄り添っていたキャラクター達。その不幸に同情し、進歩に感動した。しかしその運命は、実はゲーム運営の掌の上にあった。その恐怖、今後に対する期待をせずにいれようか?

    既視感

    本アニメが放送しているのは2019年秋、同時に『バビロン』アニメも放送している。その原作者である野崎まど氏は『ファンタジスタドール イヴ』の著者でもある。この二作品が同時に放送されたことは筆者にとって運命を感じるような出来事である。「天翔学園は実質ファンタジスタドール」という冗談は、第5話視聴後に冗談でなくなってしまった。

    みんなも『ACTORS』見よう!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。