岡田斗司某という人
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司某という人

2019-11-14 19:19
    やはり話おもれえよなあ。
    あと、一見良い人そうにみえるのがすごいわ。
    まあ、でも、やっぱなんかなあ。

    才能無罪というか能力無罪、ってのは割と弱肉強食の観念のもとにある発想な気がする。
    良く言えば(?)野生や本能を忘れていない、力強い思考である。
    違う言い方をすれば社会的に洗練されてないという意味で原始的である。

    まあ、結局人間は動物だし、社会というものがフィクションである以上、その発想は間違ってないと思うけどね。ルールを守ってる限りにおいては。ルールを超越する力があるならまた別だけど。

    しかし論点はそこじゃない。
    弱肉強食は嫌いな発想ではないのである。
    シンプルに完成度が高い考え方だと思うしね。
    問題は、その考えを肯定しておきながら、それでも割り切れない何かを感じる、
    この何かである。この拘りはなんだろう。

    H×Hのクロロがヨークシン編でゴンと対峙したときに厨二的自問をしていた。
    まさにあんな感じだろうか。
    うーん、答えはない。

    ジョーカー解説おもしろかったです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。