「ザ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ザ」

2018-09-15 01:53



     映画、ザ・プレデターを観てきたよ。
     インクレディブル・ファミリー、アントマン・アンド・ワスプに続く、夏の楽しみだったよ。

     前述の二作が傑作だったので、期待値もありつつ不安にも思ってたよ。


     くっそ面白かったよ!


     いやー、やっぱしプレデターってかっこよいすな。
     もう、グロ系苦手な人以外はみんな見て欲しい。

     最初から最後まで、ジェットコースターみたいで、徹頭徹尾面白い。

     一応本作は、1・2の続編。
     でも気にしないでいいすわ。
    「1・2があったんだな」くらいの知識があれば十分。

     むしろ「そんな昔の映画の続編なら……」って、観ない方が残念。

     キャラクターもうまく描けていて、ムサい男たちがまあ可愛いこと可愛いこと。
     そしてプレデターによって悲惨な目に遭うんですけども、これが悲しくてねえ。


     久々ですよ、おじさん映画館で、思わず「ああー!」って言ったもん!


     声が出る映画って、良作だと思うの、僕は。
     だからこのザ・プレデターも、多分相当良作だと思うの。

     アクション好きなら、観ていいってマジで!


     プレデターシリーズを、「怖いんじゃないの?」って思ってる人は、違うって!



     めっちゃかっこいいから、これ!ただはらわたがはみ出たり、ヒトの手足が吹っ飛んだり、胴体真っ二つになるだけだから!





     いやこれめっちゃ人に勧めにくいわ!スプラッタ映画じゃねえか!そうだけども!





     レイティングはR15+。
     「+」ってなんだろうか。

     ともあれ、それだけ血しぶきめっちゃ出るってことです。

     
     年齢区分に従って、15歳未満の方の鑑賞は不可能ですが、惜しい!


     僕はこれ、グロ表現はプレデターズとそんなだと思った。
     ちなみにプレデターズはPG12。
     でも色々あんだろーな、映倫も。こればっかりは仕方ないわ。

     さすがに「青少年はこの映画で悪影響出ません!」とは僕も言えないわ。


     なお本作では、続編を匂わせる展開もありましたが、僕はあまり期待していません。
     プレデター関連は、結構続編がキャンセルになっておりますので。

     AVP3を僕は、いつまでも待っておりますので、よろしくお願いします。



     では、本日は以上、また来ます。






     R15+とは、2009年まであったR-15指定の改訂版のようです。
     いじめ描写や暴力描写など、刺激的な内容を含む映画が対象となるよう。

     以前までのR-15指定と、まああんまし変わんないっすね。
     






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。