つまり人生が空っぽになった
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

つまり人生が空っぽになった

2019-09-03 05:35

     9月になりました
     引っ越しまで2週間を切りました
     僕ももう大分県民を卒業です

     どうもイツミンです

     あらかた私室の片づけは終わりました
     ほぼ本だけで小さいとはいえ
     段ボール箱で12個になりました

     ……おかしい
     蔵書の6割は処分したはずなのに
     これつまり

     処分してなかったら倍以上の段ボールがあったってことよね

     すげー……
     これでもっと
     本を持ってる人がいるってんだから
     割と世の中恐ろしい

     ところで映画のパンフレットだけで
     段ボール箱三つになりました

     パンフなんて薄いのに
     何冊あるんだろうな

     数えながら片付ければよかったかもですね

     しかしおよそ二十年分の
     映画のパンフレットたち
     ひょっとして貴重な資料なのでは……

     一番古かったのは
     93年の遠い海から来たクーのパンフレット
     僕が12歳の頃のもの

     さすがに状態は悪かったけど
     26年前のものがあるって
     案外物持ちいいなあ僕も

     しかしからっぽの本棚は
     なんとも寂しいですよね。
     北海道に行ったら
     また詰め込むので
     それまでの我慢なのかなー

     引っ越しは14日で
     落ち着くのは十月初旬になりそう
     蔵書を増やすのはそれまで我慢かな

     あと僕はどれだけ生きられるのか
     人生の豊かさは本棚を見ると分かると言います

     豊かな人生になるといいなあ
     というわけで今日は以上
























     マンガだらけの本棚だと
     豊かな人生とは言えないのかしら

     それともそうでもないのかしら 
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。