ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 『GODZILLA 星を喰う者』を見て考える,結局アニゴジとはなんだったのか。

    2018-11-09 23:591
    みなさま,アニゴジは見ましたか?僕はもちろん公開初日に見ましたよ。というかさっきです。

    本日はアニゴジについて少し思考をまとめる意味でも,つらつらと書きたいと思います。

    そもそもゴジラとは,何か。
    それは「恐怖」そのものです。初代ゴジラは「核兵器」そのものでした。ゴジラとはもはや人間の手に負えるかどうかわからない,あらゆるものを破壊する核兵器自体です。そこに感情はなく,ただ目の前のものを破壊するだけの理解不能の存在です。

    初代ゴジラを見た方はわかると思うのですが,ゴジラが何考えているかなんでわかりません。ただただ破壊するだけです。そこに感情はなく,ただ目の前のものを破壊するだけの物体です。
    その中で,人はゴジラに恐怖します。ただ蹂躙されるだけとなった人間。圧倒的な力にあらがえない無力感。そして最後は「教訓」として消滅する・・・。
    それを特撮という圧倒的臨場感で描き出す。それが「ゴジラ」です。

    さて,ではその後ゴジラはどうなったのでしょう。

    二作目以降は一気に娯楽要素が増し,初代のようなパニック怪獣映画という側面はどんどん消滅していった印象です。ゴジラの「恐怖」の側面は薄まり,アンタッチャブルな存在,最強の存在(核兵器は今でも最強の兵器です。),無敵の怪獣としての一面が前面に押し出され,まあずいぶんコメディになったりしました。最もそれによりゴジラが一般社会に普及し,反核思想の広まりや,初代ゴジラの神格化に一役買ったとも言えます。

    しかし,「特撮」という存在が,進化し続けるハリウッド映画に比べて「チープ」に見えること,そして低年齢化が進んだことで,ゴジラは映画作品としてはファイナルウォーズで終わりを迎えました。(ギャレゴジ?あれは知らん。)

    そんな中で,「高年齢向け」というか「全年齢向け」として息を吹き返したのが「シン・ゴジラ」です。シン・ゴジラはそれまでの低年齢向けではなく,より初代に似せた(と言っていいのか?),パニック映画としての側面と,それに立ち向かう人間という構図を面白く示し,「恐怖」としてのゴジラと「希望」としてのゴジラを描きました。新たなゴジラ像の確立といっていいのではないでしょうか・・・。



    さて,アニゴジですが・・・

    アニゴジは,「新たな視聴者層の開拓」「新たなゴジラ像の模索」だと思います。


    ここからネタバレをしていきますのでご容赦ください。

    まず大前提として,「特撮ゴジラではない」ということから理解しないといけません。というか,特撮ゴジラとしてみるとこんなに駄作はないからです。

    ・・・

    人間はゴジラに負けました。

    それが従来の視点でのこの映画の結末です。人間はゴジラを倒すことができずに,原始時代に逆戻り。

    それで終わりです。

    そこに至る過程の中で,アニゴジは徹底的に「特撮ゴジラ」であることを否定していきました。


    まず,見せ方としては「怪獣プロレス」がないことですね。
    これは,初代もないじゃん!という話もあるんですけど,アニゴジ①もゴジラだけだったですよね。問題は②③です。徹底的にゴジラは敵である怪獣,メカゴジラ,キングギドラと戦いません。いや戦っているのですけど,プロレスはしません。相手の怪獣たちは,徹底的に怪獣であることを放棄しています。

    そして何よりも「アニメであること」自体が特撮であることを否定しています。
    このアニゴジ,アニメとしたらそれなりに面白いんです。すごい強いクリーチャーに対してとんでも兵器ととんでも作戦で立ち向かう。勝てなかったけどそれでいいよね!というオープンエンド。悪くはありません。

    そうやって「特撮ゴジラ」を否定しますが,肝心のゴジラ像については「恐怖」「最強」「無敵」「理解不能」という,今までのゴジラが確立してきた共通点はあります。これについてはアニゴジ制作陣はしっかりと理解していたと上から目線で思っています。

    そう考えると新しいゴジラとして,アニゴジは完成している,とも思います。虚淵玄を起用したことについても,新しい何かを模索している,まあつまりは新しい客なんですけど,それがよくわかるものだと思います。


    しかし一方で,既存のファンからしたら,アニゴジは今までのゴジラを否定していると思わせても仕方ないとんじゃないかなと思います。
    なぜって,昭和,平成,ミレニアムを見た世代にとって,ゴジラとは怪獣同士の戦いと,自衛隊の抵抗が不可欠ですし,それが見たくてゴジラを見ているようなものです。特撮ではこう描いた。アニメではこうなるのか!という,素直な驚きが欲しいとも言えます。
    そして,ゴジラを倒すことこそが「勝利」であったのに,それをあっさりと否定してしまったのは,可能性を感じるとともに,否定にもなります。いままで戦っていたのは何だったのか・・・。


    ということで,改めて,このアニゴジというものは「新しい客を広げるためのゴジラ」ということですね。可能性を広げる,と言ってもいいのかもしれませんが,それについては疑問符です。結局,ゴジラは特撮ゴジラでしかありえない,という面を強くしてしまったようにも感じます。なんでって,特撮ゴジラのほうが面白いもん。
    来年度のギャレゴジのためのつなぎのゴジラといってもいいかもしれませんね。それだけでは少し寂しいですが・・・。

    そして,最後に。




    真・女神転生とか言わないこと!




    ☆★☆余談☆★☆

    不満の雑記。

    ゴジラは神だったのでしょうか。ゴジラを神としての恐怖の対象にすること自体,根本的にゴジラを否定しているような気がしないわけでもありません。いや,核兵器も人間が作り出したもの,神も人間が作り出したものだとすると話がまとまったりするかもですけど,そもそもそういうものではないと思います。
    そもそも,アニゴジの世界では「神は死んだ」状態です。ゴジラ教はあっても,それは終末論者の集まりでしかなく,人間勢力の代表ではありません。
    それに,ビルサルドのメカゴジラ,エクシフのギドラ,フツワのモスラ,人間のゴジラ,というのは並び得ません。同列ではありません。したがって,人間の神がゴジラという線は消えます。となると,一体に人間にとって神とは何なのでしょう。
    人間にとって,文明やメトフィエスの言う「勇気」こそが神だったようにも思えますが,結局それらを捨て去って,人間はフツワになりました。
    それが正しいことなのか,というと疑問ですね。

    この映画の結末は,結局「ポルポト」が正しかった,になるわけです。原始農耕文明こそが人間の,人類のあるべき,最も平和な姿だということになります。というのも,フツワには「憎しみ」という感情が欠如しているということもわかりました。その瞬間,「愛憎」の後者が消えたのですから,結局そこに残るのは「愛」です。
    その不完全な(と言っていいのかな)存在が,果たして人類と呼べるのか。疑問です。
    人類とフツワが生殖可能なことはエンディングでわかりましたが,そもそも人類はフツワではないのです。フツワは人類のその進化の先です。その時点で人類という種が消滅した,そう判断することも可能でしょう。
    そうなると,人類は「勝ってすらいない」気もしてきますが,結局生殖している,「遺伝子が残せている」ということから,セーフなのかもしれません。
    が,やっぱり納得はいかん!うーん,マンアフターマンを読んでいるときの気持ちになってきました。

    まあ一番納得がいかないのは,メカゴジラがいなかったことです。ギドラが蛇だったことです。そしてモスラが出てこなかったことです。
    裏切られたことです。

    裏切り続けられたことです。。。。。。
  • 広告
  • フリクリオルタナの正直な感想

    2018-09-08 00:525


    さて,本日(前日になってしまいました),ついに誰もが?待ち望んだフリクリの続編
    『劇場版フリクリオルタナ』
    が公開されましたね。

    正直な感想を言いますが

    「駄作」

    でした。少し説明すると,

    「おいしいと評判のすし屋に入っておまかせコース注文したら,カリフォルニアロールが出てきて,材料どれもがしなびて,お米は古古米で,しょうゆのかわりにオイスターソースで食べる,で,まずい。」

    ・・・フリクリの名前が重い,とかそういうことですらなく,単純にアニメ映画として視聴したと考えても,駄作です。つまらないんです。

    というわけで,今回はなぜ『フリクリオルタナ(以下,オルタナ)』がつまらなかったのか,ということについてまとめようと思います。がんがんネタバレをしていきますのでご注意を。



    ①映画の長さ
     まず,率直に2時間半は長すぎでしょう。おいおいまてまて,昔の映画なんて3時間はざらにあったぞ!中にはインターミッション挟むものもあったぞ!とおっしゃる方もいると思います。私の好きな映画である『バリー・リンドン』も非常に長く,まるで映画を2本見ているようでした。
     映画を2本。。。
     この映画は6話構成です。劇場版なんですが6話,つまりフリクリ(以下,無印のこと)と同じ構成で進みます。それをノンストップで6話見せられるのです。強制的に!
     これは拷問です。6話とも,ほとんど次の話につながりがありません。それぞれが個別の課題解決の話なんですが,それを永遠に見せられる苦痛です。
     あれですかね,やっぱりフリクリと同じように6話OVAで出したかったのでしょうか。地上波での放送も念頭に入れていたのでしょうか。フリクリへのリスペクト,というと聞こえはいいですが,ただ入れ物をまねしただけになっています。重要なのは中身なんですよね・・・。


    ②それぞれの話の山場のなさ
     6話構成,ですが,大まかに説明をします。
    1話である「フラメモ」はまあ導入ですね。説明編とも言っていい。キャラクターや舞台の説明が中心です。ロケットの暗喩は直接的すぎますよね。
    2話「トナブリ」ですが,これは主人公の友人,ヒジリーのお話です。まあ簡単に言えばヒジリーが成長するお話です。この話を見た瞬間,「あ,これ全員分やるわ」と誰もが予想します(そしてその通りです)。
    3話「フリコレ」です。モッさんのお話ですね。この話を見たときには,すでにほとんどの人が,あ,これ主人公の成長物語だ,と誰もが思うはずです。実際は違います。
    4話「ピタパト」です。主人公,カナの恋愛のお話ですが,そもそもこの話は必要だったのかな? この話を見たとき,劇場版予告動画を見た人なら,あ,最後カナが恋愛より友情をとるんだ!と思うんじゃないでしょうか。
    5話「フリステ」はペッツのお話ですが,ここでいきなりオルタナ世界が急展開します。んで,なんかペッツがカナと一番古い友人だとか,政府高官の娘だとか設定がどばどば出ます。キャラ立ってないのに突然いろんな情報出すんじゃねーよ!と思った方,少なくないんじゃないでしょうか。
    6話「フルフラ」は,いままで思っていた,というか,そうあれかしと望んだ道をいともたやすく踏み越えてエンディングに直行します。あのラストは「は?」となった人は多いんじゃないでしょうか。よくOKしたなあと感心さえします。

    と,パンフレット見ながら思い出しつつ説明をしても,正直記憶に残らないことが多いんですよね。
     というのも,どうにも各話はお決まりのルートに直行している感じがするんです。この話は,最終的にこうなるよな,というのが予想できてしまう,それなのに,各話で盛り上がりが欠ける,いうなれば山場がないんですよね。平坦な道を時速100キロで駆け抜けておしまいなんです。山場があればいいんですよ,見せ場が!各話でそれがない!
     なのに,ゴールテープの先は,崖。ほんと急転直下のラストシーンという落差。これで私はやられましたね・・・。


    ③キャラクターの魅力のなさ
     これも致命的です。各話でうまく,魅力を引き出せていないということもあるんですが,個人的には,JK4人組に,どうしても童貞感あるんですよね。女4人の友情って,なかなか難しいとは思うんですけど,それにうまくリアリティを出せていない,というか,アニメにありがちな関係性になっていると思います。こういっちゃなんですけど,やっぱりJKの隣には絶対彼氏候補が必要だと思います。リアリティを出すためには。
     なんか,幻想郷なんですよね。きんいろモザイクとかごちうさとかみたいな。簡単に言えば男性向け女子高生って感じ。
     ・・・まあここは賛否両論な気がするので多くは語りません。

     ただ,ハル子,お前はだめだ。あんたは何がしたいんだ。アトムスクが欲しいだけなんじゃないのか?地球なんてどうなろうが知らんも~ん,ていう自己中宇宙人じゃないのか?
     ハル子に関しては,もはやフリクリとオルタナは別物です。フリクリは主人公が小学男子だったというのもあるんですが,ハル子がハル子たる必然性があるんですよね。主人公を振り回すヒロインでもあり,敵をなぎ倒すヒーローでもある。男の子誰もが思う年上のお姉さんに対するあこがれ,それに何とか近づこうとする主人公・・・。
     オルタナでのハル子は,「え!ハル子さん!?」要員ですよね。日常の中から半ば無理やり生み出されたSF(少し不思議,の方)。主人公たちのあこがれでもなければ,ただ便利にお話を先に進めるだけ,アニメ的なドンパチ要員です。
     個別にみると,主人公たちの成長,内面的な成熟を後押ししているようにも見えるんですけど,それも見せ方が悪いのか,どうにも主人公たちの一歩先を行く大人の女としての活躍しかしていないのがつらい。なのに爽快感が皆無だから,ハル子を見ているとつらくなるんです。
     
     カナに関しても,結局この子は幼いままでした。
     フリクリのナオ太は,大人になろうと無理して,頑張って背伸びをしている小学生です。でも結局大人になることではなく,等身大の自分を受け入れ,少し背伸びはしても毎日を生きていく,そういった成長,内面の変化がありました。
     でもオルタナのカナは変化することができなかった17歳でした。大学生と付き合っていた友人が失恋しても,将来に向けて頑張っている友人を目の前にしても,片思いしていたクラスメイトといい雰囲気になっても,大人の階段を上るでもなく,今の日常を大事にしていく。そういった選択をしています。一番は佐々木に告白するとき「自分にはまだ早い」と言って振ることでしょう。このシーンで私は頭が真っ白になりました。恋愛と友情のはざまで揺れて,最後の「ともだちがだいすきだ」に関わってくると思っていたからです。予想が外れた,というよりも,カナは何がしたいんだ?という感情が出てきました。この感情は最後まで変わらず,残り続けました。


    ④BGMがよくない。
     フリクリは「the pillows」(以下,ピロウズ)のMVだ,という言葉もあるくらい,映像とBGMがマッチしています。本当によくマッチしていてます。盛り上がるときは盛り上がる曲を,BGMに映像と台詞がハマっていて,本当に美しいんです。見ていて飽きない。目を閉じていても心地いいんですよね。
     オルタナは,なぜかBGMがピロウズでなない,べつの何かが使われている。本当に別の何か,と言ってしまうんですが,別の何かです。まあ肝心なところにピロウズもかかるんですけど,映像の盛り上がらなさもあって,「眠ってる場合じゃねえぞ!クライマックスだ!」と強引に宣言されているような気さえする。ぶっちゃけピロウズ流れているところだけ見てればいいんじゃね?というのは冗談になるんでしょうか。
     パンフレットのインタビューから予想するに,たぶん監督たちはあんまりピロウズのこと好きじゃなかった,というか聞いたことないんじゃないでしょうか。フリクリの設定とハル子という存在に主眼を置いて,話を作っていたような気がします。だから,ここにこの曲だろ,みたいなのがなく,作り手たちの中で共有もできないまま,映像が先行し,そこにあったBGMをフリクリと似せるように使う,拝借する。そういった印象を受けます。最近の曲全然流れませんもんね。古い曲ばっかです。もちろん名曲だからいいんですけど,やっぱりそれはそれで悲しいんです。新しい曲とか使ってほしい。「Sweet Bbaggy Days」とか「都会のアリス」とかマッチしたんじゃないでしょうか。盛り上がるときに「LITTLE BUSTERS」「LAST DINOSAUR」は同じすぎるんですよ。別の曲もあるんじゃないかなって,それを探す努力も必要なんじゃないかって思います。


    ⑤ギャグのセンスがない。
     これは映像表現にも,脚本にも言えることかもしれないんですけど,フリクリは,いちいち飽きさせないんですよね。いただきマンモス!とかくだらないですけど,その単語単品だけではなく,それに付随した映像,音楽,その後の展開と,つながっているから,そのギャグが光るわけです。
     思えばフリクリはかなり異質です。いろんな演出をしているので,それがパロディとわかっていてもただのパロディではなく,足し算,掛け算になっている。カンチ様が軒下に帰ってくるところとか,はあ?て幼心に思いましたけど,でもそれも面白い。マンガのコマ割りになったシーンも,必要性がある。
     オルタナはどうにもそういったものがない,あえて言えば正統派でやっている。あー,正統派青春アニメを作りたかったのかもしれません。今思えば。けいおん!みたいなものを作りたかったのかもしれない。
     女子のギャグになると,どうしても大島永遠の「女子高生」みたいな生々しいギャグになってしまいますもんね。そうなると,けっこう頑張っていたのかな,と思ってしまいます。


    まとめ
     いといろと思いの丈を綴っていると意外にも心が落ち着きを取り戻します。この後,というか,明日,BD買ったのでもう一度見ますが,まあ耐えられるかどうかは知らん,という感じかな。
     もし,オルタナを何とかできるのであれば,主人公たちの性別をひっくり返すところからですかね。そうすれば,キャラ崩壊させても大丈夫ですし,何よりハル子がハル子である理由が立ちます。そうなったら,まあいいかなあ。・・・そう考えると,フリクリの主人公たちの配分って本当にちょうどいいですよね。
     もしくは,「ピタパト」でカナを佐々木と付き合わせ,「フルフラ」で降って友情を取る。もしくはペッツの話を前に持ってきて,「フリステ」で自分だけ助かるのを「フルフラ」でアイロン何とかして大団円。とかですかね。いずれにせよ,ハル子の行動原理をしっかりして,演出をしっかりして,ピロウズの曲をしっかり使えば超名アニメ映画になったんじゃないでしょうか。


    ・・・まあ時すでにお寿司。
    プログレ?見に行くぞ。感想も乞うご期待!
  • 備忘録~人工知能(AI)について~

    2018-08-15 00:43
    ※あくまでもこれは自分の学んだものを整理する備忘録であり,内容についてはあっているかは知らない。何かあれば教えてください。

    AIについて

    大前提として,AIとロボットは別物だということを意識する必要がある。
    つまり,プログラムとして,脳みそとしてのAIと,物理的に動く身体としてのロボットは別物であるということ。

    その上で確定的に起きること

    1 いずれはAIが人間の能力(脳)を超えることは確実である。
    2 予想以上に人間は機械に対して愛着を持つので特に問題なく人間と共存できる,または代替できる。
    3 いずれ大部分の仕事はAIにとってかわる(シンギュラリティはほとんど確実に起きる)。

    ここまでは理解した。

    問題のまとめ

    1 AIの思考過程はブラックボックスなので,なぜそうなったかは分からない。あとから分析できない。これに関してはAIの性質に起因するものなので解決は難しい。
    2 本質的に人間にはAIに対して抵抗を持つものが多い(特に美術的な分野に関して)。
    3 AIは「失敗をする」ので,最適な回答を常にしているわけではない。

    また,現在の課題として
    4 AIにはまだ課題が多く,特定の分野では力を発揮できても,汎用性はない。
    5 AIは「トロッコ問題」を解決できない。
    6 AIは「理解」ができない。
    7 AIは「フレーム問題」が解決できない。

    汎用性の観点からの課題は
    8 AIの汎用性は,すなわち「脳」になるということ。
    9 脳自体の構造(感情)等も現代で100パーセントわかっているわけではない。
    10 AIは脳には,まだ遠い。


    となると,今の自分にわかること(仕事をしている時までに起きるであろうこと)
    1 多くの,俗に言うホワイトカラーはAIに代替される。
    2 建築,介護等の「AI」ではなく「ロボット」に問題があるものに関しては,AIの代替はとても困難である→つまり変わらない。
    3 プログラミングに関しては「必須」ではない。逆に低次元のプログラミング技術では文字通り「IT土方」となり低所得になるから,別のことをしたほうがいい。
    4 決定するのは「人間」だから,一部はもうかる→今と大して変わらん。
    5 AIは「特化には強い」,人間を超えることはすぐにやってくる。
    6 しかし,「発生した問題を解決することはできない」のと「その場合の即応性がない」ので人間はAI(この場合ロボットも含まれる)と共存して仕事をすることが多くなる。
    6 この場合,AIの「開発」「運用」は別になる。


    となると,結論!

    「あんまり心配しなくていい」

    となった。自分たちの仕事をAIが代替するようになるにはまだまだ時間がかかる。そして,具体的に代替されるようになったときは「その前兆がわかりやすい」。それこそ1億総AI時代にでもならない限り,どこかに必ず仕事はある。だからあまり気にせずいたほうがいい。
    ただ,自分たちの子供の世代になったら,心配だな。いや,心配というよりも,何か絶対起きるやん。
    子どもを育てるときは,それを念頭に置かないといけないね。

    まあ結婚するのが先だけど。。。