• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 【第322-332号】岩上安身のIWJ特報!「長州レジーム」から日本を取り戻せ!歴史の闇に葬られた幕末の思想家・赤松小三郎の夢と明治維新の闇 岩上安身による拓殖大学・関良基准教授インタビュー(その1)

    2017-08-10 20:30  
    244pt
     ※2017年9月2日、「その5」から「その11」までのテキストを追加しました。
     「民主主義国家」としての日本が、危機に瀕している。
     安倍晋三総理の「お友達」に便宜を図ったのではないかと疑われている森友学園問題、加計学園問題に加えて、安倍総理が自ら改憲の期日を提示するなど、国家の私物化が著しい。
     安倍総理は、こうした国家の私物化が国会で追及されることを避けるため、野党が強く反対していた共謀罪法案を、委員会採決を省略する「中間報告」という異例の手段を用いて、6月15日に強行成立させ、国会の延長を避けた。
     国会を強引に閉会させたものの、安倍総理に対する疑惑は深まるばかりで、国民の声に真摯に向き合おうとしない安倍総理の姿勢に対して、批判の声が高まり、支持率が急激に下がりはじめたのはご存知の通りである。
     そうした中でおこなわれた東京都議選では、安倍総理は表立って応援に立つことすらできず、小学校の体育館で支持者を集めて開かれた小規模な集会で応援演説した他は、最終日に唯一、東京都千代田区秋葉原で街宣しただけだった。
     安倍総理はその最終日の演説で、強権をふるい、強引な政権運営に抗議する市民を指さし、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言。国民を分断する発言だと物議をかもし、翌日の投開票の結果、自民党は過去最低の38議席を大きく下回る23議席という歴史的惨敗を喫した。▲秋葉原の街頭演説で「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と指差す安倍総理(画像URL:http://bit.ly/2ubY1LZ)
     そして安倍総理の「自信の源」だった内閣支持率は急降下し、「危険水域」と言われる20%代に突入。「安倍一強」が大きく揺らいでいる。
     安倍総理は、「戦後レジームからの脱却」を訴え、日本を「戦争する国」に変えるための制度改変を進めてきた。現行の日本国憲法をGHQに押し付けられた「みっともない憲法」だと主張し、改憲に執念を燃やしている。
     それに対し、明治維新後の大日本帝国、そして岸信介や安倍総理につながる「長州レジーム」こそが、日本の伝統にそぐわない異質なものだと批判しているのが、『赤松小三郎ともう一つの明治維新 テロに葬られた立憲主義の夢』の著者、拓殖大学政経学部准教授の関良基氏だ。
    ▲(画像URL:http://bit.ly/2tWyScZ )
     関氏は、幕末の兵学者・政治思想家である赤松小三郎を「発掘」し、現行の日本国憲法につながる、そして現行憲法でも実現されていない先進的な憲法構想を提示していたことを著書の中で明らかにした。
     山口県に縁のある安倍総理が、長州藩士・吉田松陰を尊敬し、戦前の日本を取り戻そうとしていることは広く知られているが、日本の政治における長州の影響はそれだけではない。
     歴代の総理大臣経験者を概観すると、長州の人脈が、明治維新以後の日本の政治史において脈々と受け継がれていることが、改めて浮き彫りになる。
     安倍晋三総理のほか、戦後の総理大臣では、佐藤栄作、岸信介、さらに民主党政権で総理を務めた菅直人も山口県の出身だ。佐藤栄作と岸信介は兄弟で、岸信介の孫が安倍総理である。
     戦前、大日本帝国が国際連盟から脱退した1933年に外相を務めていた松岡洋右も、佐藤栄作の義伯父で、山口県の出身だ。さらに歴史を遡れば、初代総理大臣の伊藤博文をはじめ、山縣有朋、桂太郎、寺内正毅、田中義一が長州出身だ。
    ▲長州出身の歴代総理大臣(画像URL:http://bit.ly/2uN4Rv4 )
     長州出身者は、長期政権を築くことが多く、桂太郎の在職日数は歴代最長の2886日、佐藤栄作は2798日、伊藤博文は2720日、現職の安倍総理は2017年7月末時点で2045日となり、歴代5位となっている。
     長州出身者が政権を担った期間の合計は、36年超におよび、明治維新以後、長州の政治家たちが一貫して日本の政治の中枢にあったといえる。
     戦後の日本では、「司馬史観」で典型的に表れているように、明治維新が美化されている。さらに、来年2018年には明治150周年を迎えることから、政府主導の「明治礼賛」キャンペーンが計画されている。
     明治維新は「文明開化」ともてはやされているが、その実態は「武力クーデター」であり、明治維新で実現した憲法・議会制度は、赤松の構想に比べて遥かに劣った、上から押しつけの欽定憲法であった。
     赤松は幕末、徳川政権と薩長の内戦を回避し、平和的に開国し、議会制民主主義体制に移行するために奔走していたが、志半ばで薩長の手により暗殺されてしまった。そして、明治維新の「先進性」を際立たせるために、赤松は自身の憲法構想とともに、歴史の闇に葬り去られた。
     今回のインタビューでは、通常の明治維新神話では語られることのない「維新の志士」たちのテロ行為の数々や、国内では権威主義的・専制的にふるまう一方で、対外的には覇権国に従属しているにすぎない「長州レジーム」の実態といった、明治維新の「闇」を見つめるとともに、赤松の思想と生涯を一つの手がかりとして、過去から現在、そして未来へ至る日本のあり方を考えていく。
    ===================================
    ◆政府を挙げた「維新150年記念イベント」の正体!伊藤博文、西郷隆盛、維新の英傑…明治憲法はテロとクーデターで権力簒奪をした「テロリスト」が作った憲法だった!◆
    ===================================
    岩上安身(以下、岩上)「皆さん、こんにちは。ジャーナリストの岩上安身です。共謀罪法案が強行採決されることが既定路線のようにいわれております。いてもたってもいられないという思いで国会前に駆けつけている方がたくさんいらっしゃると思いますし、反対の集会も各地で開かれております。
     私どもも、そうした声を可能な限り皆さんにお届けし続けて、共謀罪に対しては断固反対していきたいと思います。私自身もジャーナリストの集まりで呼びかけ人になりまして、反対声明を出しました。署名も今、応募しております。
     またこの時期に、森友学園問題、加計学園問題と、政治を私物化する安倍政権の正体が本当によくわかる事件が立て続けに起きました。
     さらには『総理』(山口敬之著、2016年、幻冬舎)という本を書いて安倍晋三氏にゴマをする記者が、その執筆の最中に、女性に薬物を盛って、意識不明の状態で犯す、準強姦という卑劣極まりない犯行を犯しました。逮捕状も出されていた元TBSの山口敬之(※1)という御用記者、レイプ犯なのに事件をもみ消された。
    ▲元TBS記者・山口敬之氏(画像URL:http://bit.ly/2uQhFPV )
    ▲『総理』(山口敬之著、2016年、幻冬舎 画像URL:http://bit.ly/29vqDWK )
     しかも、その当時の警視庁の幹部はなんと菅官房長官の元秘書官でした(※2)。この人が逮捕状の執行をもみ消してしまうというとんでもないことが起きた。三権分立はどこへいったんだと言わざるを得ない。政権に近い人間のスキャンダルをもみ消すという恐ろしい事件です。
     他方で、加計学園問題で勇気ある告発を行った前文部科学省事務次官、前川喜平さんに対しては、卑劣なことに、読売新聞が、まだ違法行為も何も行われていない、証拠も握っていない状態で、前川さんが出会い系バーに通っていたというスキャンダル記事を出しました。ここまで新聞は腐ったのかと言わざるを得ないと思います(※3)。
    ▲6月23日、日本記者クラブで記者会見する前川喜平・元文科省事務次官(画像URL:http://bit.ly/2tWyR8U )
     最近、印象操作という言葉を安倍さんが覚えたらしくて、しきりに『印象操作、印象操作』と言っているんですけれども、『それは、今あんたがやっていることだから』と言わざるを得ません。印象操作どころではない。権力をふるって、デマを流し、政敵を潰す。これはテロと言わざるを得ないと思うんですね。こういうテロ行為を、権力者が堂々と恥も外聞もなくやり続けている。そのなかで、共謀罪がやってくる。そして、邪魔な人間は、犯罪未遂、あるいはそれ以前の段階で、でっち上げも含めて、社会的生命を奪っていくということを、今、やろうとしているわけですね。
     そんな時に、本日は、歴史の勉強をします。『何を悠長な』という方がいらっしゃるかもしれません。しかし、安倍政権の本質は、綿々たる同じ原理に貫かれてきた『長州レジーム』であり、その長州レジームから『日本を取り戻せ』と言い切っていらっしゃる方がいます。拓殖大学の関良基准教授です。
     本日は、歴史の闇に葬られた幕末の思想家・信州上田藩士の赤松小三郎を取り上げます。幕末の藩士でありながら、立憲思想、そして議会制民主主義、こうしたことを提言した人物です。下級武士だったけれども、大変な人物であった。若くして薩長に暗殺されました。
     この人がもし殺されなかったら、現在の日本国憲法と比べても、さらに進んだ水準の憲法構想が建てられていたはずです。また、その構想の多くは、今の日本国憲法に結実してもいます。
     明治憲法なるものは、テロとクーデターによって権力を簒奪したテロリストどもが作ったものです。伊藤博文、西郷隆盛、維新の英傑、志士などといわれている人たちは、実は本当に暴力的なテロリストだった。その衝撃の正体を明らかにするとともに、赤松小三郎の夢――夢のままにしてはいけませんが――この夢と明治維新のおそるべき闇について、お話をうかがいたいと思います。
     安倍政権は、明治維新を最大限利用し、政府を挙げて維新150年記念のイベントを行い、映画も作り、プロパガンダを打って大展開するということで、私どもIWJは、徹底的にこれに反論し、歴史の真実を伝えていくべく、こうしたシリーズを展開していきたいと思い、いろいろ探してまいりました。その中で、関先生のご本が目に留まりまして、これはお伝えしなければいけないと思ったわけです。
     今、多くの人が共謀罪反対と言っている時に『何を明治維新の話をしているんだ』と言われるかもしれませんが、そうではありません。根源的に、ラディカルに批判するためには、ここからやり直さなければいけない。長州レジームをぶっ飛ばせ。ロールオーバー長州レジームということで、お話をうかがいたいと思います。前口上が非常に長くなって申し訳ないです。拓殖大学関良基准教授です。関先生、よろしくお願いいたします」
    関良基准教授(以下、敬称略)「よろしくお願いします」
    岩上「先生にお話をうかがいたいと思うきっかけになったご著書はこれです。『赤松小三郎ともう一つの明治維新――テロに葬られた立憲主義の夢』(2016年、作品社)。サブタイトルまで見ると、内容がわかるという感じもします。▲『赤松小三郎ともう一つの明治維新――テロに葬られた立憲主義の夢』(2016年、作品社 https://www.amazon.co.jp/dp/4861826047 画像URL:http://bit.ly/2v6M9A0)
    本の帯には、『隠された幕末維新の真実』『赤松が生きていれば、日本はまったく異なる近代史を歩んでいた』と書かれています。帯の後ろにはノンフィクション作家の佐々木実さんが、『歴史の闇から救い出されたこの人物が、いま我々に明治維新の再解釈を迫っている』と推薦文を書かれていますね。
    ▲ノンフィクション作家・佐々木実氏(画像URL:http://bit.ly/2vlcnyY )
    佐々木さんは、竹中平蔵さんを追及して、ノンフィクション賞も取られた方ですけれども、うちにもご登場いただきました。大変粘り強いジャーナリストです。
     このご著書は、非常にすっきりとしたタイトルなんですけれども、申し訳ないですがタイトルが地味です。まじめな学者の書いた本だから、このぐらいにしておこうということだったと思うんですけれども、このタイトルは、ご本人がつけたんですか。作品社ですか」
    関「私は『赤松小三郎と議会政治の夢』というタイトルを提案して、作品社がこういうふうに変えたんです。『明治維新』という言葉が入らないと、明治維新に興味ある人が買わないので」
    岩上「そうですね」
    関「私の本だと、政治のコーナーに置かれてしまい、歴史のコーナーに置かれないかもしれないと、たぶん作品社はそう判断して、こう変えたのかと」
    岩上「なるほど。拝見すると、ちゃんと第5章に『長州レジームから日本を取り戻す』と書いているじゃないですか。やはりこの言葉がタイトルとして一番ふさわしいと感じます。安倍さんの言った『美しい日本をとりもどす』なんて、冗談じゃないですよ。『長州レジームを元に戻されて、再強化されてたまるか』という言葉はやはり持ってきてもらいたいと思います。
     ぜひ、皆さんにも読んでいただきたいと思います。先生には、サインを入れていただきました。会員の方はIWJ書店でお買い求めいただけますので、ぜひお読みいただきたい、広めていただきたいと思います。
     書評などの反響はいかがですか」
    関「毎日新聞の夕刊の『江戸から見ると』というコラムで、田中優子さんが評価してくださったり、朝日新聞では、書評欄ではなく論説委員のコラムで『明治維新150周年になるけれども、赤松小三郎は忘れられていて、立憲主義に通じる』ということを書いてくださったりしています。東京新聞は、特報面で紹介してくださいました。
     それから、私はこの本の中で共産党の歴史観に反することを書いているんですけれども、しんぶん赤旗が、1面のコラムで『赤松小三郎、忘れられた思想家』と紹介してくださいました。驚きました(※4)」
    岩上「あの宮本顕治(※5)さんが長州出身ですね」▲宮本顕治氏(画像URL:http://bit.ly/2uQcvmH)
    関「批判しているんですけれども、赤旗」
    岩上「結構面白いですよ。これ。右から左までぶった切りですから」
    関「1面のコラムで、驚いちゃったんですけれども」
    岩上「宮本さんは『吉田松陰はよかった』と言っているんですよね。冗談じゃない。安倍さんは、尊敬する人を松陰と言っているんですけれども、とんでもない話で、右から言っているだけではなくて、左からもそんな声があるというのは、いいかげん、そこは変えましょうよ。
     共謀罪も通って、改憲という時に、こんなことをしていられるのかという話はあるけれども、本当に、吉田松陰から根底的に話をしなければいけないと、つくづく思うわけです。
     さて、関良基先生のご紹介です。長野県上田市生まれ。京都大学農学部林学科卒業。この時点では、理系なんですね。そして、京都大学大学院農学研究科博士課程単位取得。IWJにご登場いただくのは2度目で(※6)、水の循環、水の使われ方、上下水やダムの問題、そこに不要な公共事業があったり、利権化していたり、さらに水道の民営化を大阪がやったり、こういう愚の骨頂を経済学の側面からもご研究された。博士号を取っていらっしゃいますが、これは実は、経済学で取っているんですよね?」
    関「いや、農学です。農学の中にもいろいろとありますので、農学経済学科なら、経済学の研究をしていても博士号は農学なんですよ。僕は林学科なので、博士号は農学の中の森林科学という分野で取りました」
    岩上「現在、拓殖大学政経学部准教授。拓殖大学といえば、戦前戦中は、その帝国主義的な植民地主義の拠点となり、かつ今でも、右派の論客の拠点になっている大学というイメージがありますが」
    関「いや、そんなことは全然ない。私のような者がごろごろいますので。学生は、右派もいるし左派もいるし、中間もいるし、多様です。いろいろな思想があって『あ、この人とこの人の考えはこう違うんだな』と学べるので、ぜひ皆さん、来てください。大学で、右の講義も聞けて左の講義も聞けることは、なかなかないですよ」
    岩上「ああ、そうなんだ」
    関「拓殖大学は、思想は全然関係なく、研究が面白ければ教員として取ってくれるので。僕なんか取られていいのって感じなんですけれども」
    岩上「では変わったんですね」
    関「戦時中、マルクス経済学などは禁止されていたじゃないですか。拓殖大学は、堂々とマルクス経済学を教えていたんですよ。拓大の大川周明という大先生が、マルクス経済学を研究しなくてはいけないと言っていたんですよ。
     岸信介もそうですけれども、満州国の建設に関わった人たちは、ソ連の経済学、マルクス経済学を一生懸命勉強して、計画経済から学び取って、ソ連と対峙しなくてはいけなかった。それが『1940年体制』(※7)、戦後も続く日本の体制につながったといわれています。満州国の官僚たちは、マルクス経済学を一生懸命勉強していたんですよ。拓殖大学はそういう研究もしていて、台湾や満鉄とも関係がありますけれども。
     満鉄の総裁は、後藤新平(※8)といって、拓殖大学の第3代学長だったんですよ。後藤新平はリベラルじゃないですか。日本で、マルクス主義者と言われて弾圧されていた人たちを、満鉄でどんどん採用したんですよね。日本の左派の学生も満州鉄道で採用して、満鉄マルクス主義というリベラルな気風を作っていくんですよね。そういう面白い歴史があるから、右とか左とか、そういうことは関係なく、面白い人は面白い」
    ▲後藤新平氏(画像URL:http://bit.ly/2tWsJ0y)
    岩上「現実上の細かい人物の相関関係やドラマを見ていくと、そう簡単ではなく、ねじれていたり、いわゆる、なんていうのかな。もっともメジャーなストーリーとはちょっと違う」
    関「違うんです」
    岩上「ものが見えてきて面白いですね」
    --------------------------------------------------------------------- (※1)山口敬之:ジャーナリスト。1966年生まれ、元TBSテレビ報道局ワシントン支局長。著書『総理』の出版、その発言から官邸御用ジャーナリストといわれる。 2017年5月、週刊新潮(2017年5月25日号)にて、ジャーナリストの女性を暴行したと報じられる。被害を受けた女性は詩織さん。実名を明かし、顔をさらして会見まで開いて被害を訴えた。それによると、飲食時に薬を盛られて強姦されたと主張。警察に訴え、6月には「準強姦」の逮捕状が出されたが、逮捕直前に執行が取り止めになる。 その背景には、菅義偉官房長官の秘書官を務めた中村格警視庁刑事部長(当時)による隠蔽の可能性があるとされる。当人は犯行を否定。(参考:IWJ「『共謀罪』と準強姦魔の逮捕握りつぶしとの接点~『共謀罪』を運用するのは安倍御用記者・山口敬之氏の逮捕状を握りつぶした刑事部長!?権力との『近さ』で逮捕か否かが決まる!? 2017.6.2」【URL】http://bit.ly/2haRb8l )
    (※2)当時の警視庁の幹部はなんと菅官房長官の元秘書官:現在、共謀罪法の運用に強く関わると思われる「警察庁刑事局組織犯罪対策部長」を務めている中村格氏。元TBS 記者山口敬之氏による準強姦の被疑事件について、所轄警察署が告訴状を受理したうえで、カメラ映像の分析などの捜査をした結果、その疑いが相当程度にあるとして裁判官に逮捕状を請求。逮捕直前の段になって、当時、警視庁本部の刑事部長だった中村格が逮捕見送りを指示したと言われている。中村氏は今後、警察庁総括審議官への栄転が確実視されているといわれている。
    (※3)読売新聞が5月22日、「前川前次官 出会い系バー通い 文科省在職中、平日夜」と題し、前川喜平前文部科学事務次官が、新宿の「出会い系バー」に頻繁に出入りし、代金交渉までして買春行為を行っていたかのように印象づける記事を大々的に掲載した。しかし買春や援助交際など、何らかの違法性があったという証拠は示せなかった/菅義偉官房長官は5月26日の定例会見で、前川氏に関して、「常識的に言って、教育行政の最高の責任者がそうした店に出入りし、小遣いを渡すことは到底考えられない」などと個人攻撃に出た。前川氏は出会い系バー通いを「貧困調査」のためだったと述べ、読売新聞の記事については、「官邸の関与があったと考えている」との見解を示している。
    (※4)「しんぶん赤旗が、1面のコラムで『赤松小三郎、忘れられた思想家』と紹介してくださいました」:2017年1月6日(金)のしんぶん赤旗「きょうの潮流」。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-06/2017010601_06_0.html
    (※5)宮本顕治:山口県出身の政治家。1908~2007年。1931年、東京帝国大学卒業後、日本共産党に入党。1933年の共産党スパイ査問事件のあと検挙されたが、転向しなかった。 終戦後、釈放され『前衛』主幹、政治局員、統制委員会議長などを歴任した。国際派を形成して徳田球一主流派と争い、1955年の六全協における党の極左冒険主義への自己批判以後、党内主導権を確立した。 中ソ両共産党と一線を画する自主独立路線を歩む(参考:ブリタニカ国際大百科事典小項目事典【URL】http://bit.ly/2uLgRxx )。
    (※6)「IWJにご登場いただくのは2度目」:『社会的共通資本としての水』などの著書を持つ関氏に4月25日、日本の水政策の問題点について話をうかがった。「食い物にされる水道民営化・ダム・治水――国富を売り渡す安倍政権の水政策の裏を暴く!岩上安身による拓殖大学准教授・関良基氏インタビュー 2017.4.25」(【URL】http://iwj.co.jp/wj/open/archives/375521 )
    (※7)「1940年体制」:早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授・野口悠紀雄氏の学説。1990年代以降に続いた長期不況に関して、その原因が戦時中に構築されたシステム(「1940年体制」)の非効率さにあると主張した/1940年体制とは、日本的な企業、経営、労使関係、官民関係、金融制度など日本経済の特徴とされる様々な要素が、1940年頃に戦時体制の一環として導入されたとする概念(参考:Wikipedia【URL】http://bit.ly/2lhcWV5 )。
    (※8)後藤新平:幕末~明治の政治家。帰農した伊達藩士の子。医師でもある。児玉源太郎のもとで台湾経営に努めた。1906年、南満州鉄道初代総裁。1908年、逓信大臣兼鉄道院総裁、拓殖局副総裁。1918年、外務大臣、1920~23年、東京市長(参考:ブリタニカ国際大百科事典小項目事典【URL】http://bit.ly/1va8Qwt)。
    =================================== ◆長州レジームの完結を狙い、明治維新を礼賛する安倍政権、「緊急事態条項」創設で目指すのは「議会制民主主義の完全空洞化」!◆ ===================================