• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【再配信決定】北朝鮮「核実験」を受けて 柳沢協二・元防衛研究所所長(元官房副長官補)緊急インタビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【再配信決定】北朝鮮「核実験」を受けて 柳沢協二・元防衛研究所所長(元官房副長官補)緊急インタビュー

2013-02-12 23:01

    「北朝鮮核実験は予見されていた」「米国が直接標的になった」2月13日(水)15時より、岩上安身が柳沢協二・元防衛研究所所長(元官房副長官補)に緊急インタビュー生配信!

    ※21時より再配信します!
    ※本再配信は開始30分ほどで会員限定配信に移行します

     2月12日、北朝鮮の核実験の報を受け、2月13日15時より、元防衛庁キャリアの柳沢協ニ氏に緊急インタビューを行う。それに先だって12日夜、電話取材をした。防衛研究所元所長であり、2004年からは官房副長官補も勤めた背広組トップエリート。柳沢氏は、こう語る。

    「核実験をやる、やるとは言われていた。我々にとっては今回の実験はそれほど驚きでもない。去年、12月12日、ミサイルを撃ったときから、核実験をやるだろうとは言われていた。去年のミサイルは南へ向けて撃ったが、それを北へ向ければ北米に届く、載せられる核弾頭があればアメリカへの脅威になる。

    もちろん核実験は、大量破壊兵器の拡散にもつながり、ミサイルの発発射実験よりも深刻です。イランともつながりがある。何より、アメリカが直接ターゲットになった。制裁決議も行われる。アメリカも中国も放ってはおかないでしょう。

    去年のミサイル実験で打ち上げた衛星は100kgのオーダーだった。核弾頭を積むなら、500kgのオーダーになる。束になると1t程度か、それ以上のペイロード(貨物の有効積載量)が必要。今日の核実験の爆発のエネルギーは、地震波を測定するとNTT火薬換算で6〜7kt。

    我々(防衛専門家)の常識からすると、小型核弾頭といえども20ktはある。地震波の分析からすると、アメリカが思っている以上に小型化が進んでいるのか、あるいは実験に失敗したか。小型化に成功した、というのはホントかな?と思っています


    韓国では、昨年の選挙で当選したパク・クネ氏が、本日、正式に新大統領に就任する。そのタイミングを狙った可能性が高い。明日15時から柳沢協ニ氏に緊急インタビュー。Ustはch1で。ニコニコのIWJチャンネルでも緊急生放送!

    2010/12/01に行った 柳沢協二氏インタビューはこちら
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/1525

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岩上安身のIWJ特報!
    更新頻度: 毎月4本程度
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。