• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【第456-464号】岩上安身のIWJ特報!電機産業は崩壊!? 凋落する日本のものづくり!岩上安身による『「空洞化」と「属国化」 ~日本経済グローバル化の顛末』著者 名古屋経済大学・坂本雅子名誉教授インタビュー後編(1/2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第456-464号】岩上安身のIWJ特報!電機産業は崩壊!? 凋落する日本のものづくり!岩上安身による『「空洞化」と「属国化」 ~日本経済グローバル化の顛末』著者 名古屋経済大学・坂本雅子名誉教授インタビュー後編(1/2)

2020-04-01 13:34

    属国化への道程〜NAFTA型投資・自由協定「TPP」(3)ラチェット原則とISDS条項――規制撤廃を通じて一度外国企業に市場を開放したら最後、国民の権利を犠牲にしても、もはや後戻りできない。そうしようものなら、企業が国家を訴えて巨額の賠償金を支払わされるという、国家主権を蹂躙する規定

    坂本氏「次に、関税撤廃ですね。関税撤廃と聞くと、例えばアメリカの製品を日本に輸出したいとか、グローバル企業の母国の商品を他の国に輸出するために関税を開かせて、という風にイメージしがちですが、実はそういう話ではありません。

     例えば、すでに話題になった工場の海外移転。スマホの製造であれば日本に中枢部品の工場を持っていて、中国の組立て工場にそれを輸出するとか、自動車であればタイの組立て工場に日本の中枢部品をやるとか。もっとひどいのは、低位の部品はインドから全部輸入して、それを組み立てるだけとか。

     要するに、本来な
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。