Radeon RX480でBF1 Oβをプレイしてみた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Radeon RX480でBF1 Oβをプレイしてみた

2016-08-31 20:30
    やっと来ましたBF1。
    まだOβですがとりあえずやってみました。

    PC構成は以下の通りです。

    CPU Intel core i5 6500@4.5Ghz
    M/B ASROCK Z170 Extream4
    RAM Team TDTRD416G3000HC16ADC01 DDR4-3000 8GB*2
    VGA 玄人志向 RD-RX480-E8GB
    SSD SAMSUNG MZHPU128HCGM-00004 
    SSD SnaDisk UltraⅡ480GB 
    電源 COOLERMASTER V1200 Platinum
    ケース NZXT H440
    OS Windows 10 pro 64bit

    共通のゲーム設定として
    解像度 1920*1080(ボーダーレス)
    モードはラッシュ
    DX12はOFF
    FrapsでFPSを左上に表示

    まずはultra設定







    次にmedium設定






    最後にlow設定






    同じような場面でのSSで申し訳無いですが、大体の参考程度という事でお願いします。

    プレイしながらFPSを確認していたところ、
    ultra設定では大体60~80程度
    medium設定では大体90~110程度
    low設定では大体130~170程度でした。

    割と広いところメインでやっていたので、建物の周辺で爆発などの
    エフェクトが激しい場面では、もう少し落ちる可能性もあります。

    GPUの使用メモリをGPU-Zで確認したところ、
    おおよそultra設定で3.6GB、middle設定で2.5GB、low設定で2GBほどでした。
    結構使います。高設定でプレイしたい場合最低でも4GBはあった方がいいかと思います。

    ultra設定プレイ後のGPU-Z画像




    ゲーム自体の感想は、今のところまだあまり分かっていませんが、
    プレイ出来るマップは結構広く感じます。乗り物に乗れないと移動が少しだるい。
    もっと色々なマップでやってみたい。

    RX480でどれだけ動くか心配でしたが、結構FPS出ているのでとりあえず安心。
    今後はDX12でも試していきたい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。