ストレングスファインダーやってみた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ストレングスファインダーやってみた

2016-03-08 15:56
    ストレングスファインダーなる診断ツールがある。
    あなたの強みを分析しましょう! という、意識が高い占いだ。
    筆者はこういう診断メーカーが好物で、「ほうほう、強みが上がれば年収が上がるんだな! 金!!」とつられて、お金を払って占ってしまう。完全に欲にまみれた情弱である。資本主義の養分として今日も元気に採譜を開いています。

    2000円弱の本を購入すると「34の強みからTOP5を分析します」という診断が行える。
    さらに8000円払うと、「34の強みランキング全部みせますよ」という商売になっている。
    クッ! DLC高ぇ!

    実は2009年2011年と過去2回もやるほど養分してる俺は、今回ついに財布を開き出して、全部の結果を見てしまった。ああ…。

    ----------
    2015年の診断結果(括弧は過去のもの)

    1 戦略性
    2 最上志向 2011
    3 着想 2011
    4 親密性
    5 分析思考  2009
    6 自我 2009、2011
    7 自己確信
    8 学習欲 2009
    9 活発性
    10 目標志向 2011
    11 慎重さ 2009
    12 収集心
    13 指令性
    14 未来志向
    15 内省
    16 コミュニケーション
    17 個別化 2009、2011
    18 責任感
    19 適応性
    20 アレンジ
    21 社交性
    22 公平性
    23 回復志向
    24 達成欲
    25 競争性
    26 規律性
    27 信念
    28 原点思考
    29 運命思考
    30 ポジティブ
    31 成長促進
    32 調和性
    33 包含
    34 共感性
    ----------

    この分析ツールでいう強みというのは「自然にできちゃうこと」で、弱みは「努力しないとできないこと」だ。
    この結果に照らし合わせると俺は
    「ゴーイングマイウェイに分析や企画するのは得意の目立ちたがり屋」
    というのが強みで、
    「他人の気持ちや集団生活はないし、口のわりに実行力も責任感もないお騒がせ屋」
    といのが弱みです。

    ……そのままやないか!!!!!!

    でまあ、中学生みたいな万能感はそろそろ卒業して、強み集中して専門化したほうがいいんじゃないの? というのがこのツールの使い方らしい。
    マーケティングや企画に集中して、ディレクションやマネジメント、運用みたいなまともな社会人能力は諦めろっていうことなんだろうな…。

    「一生遊んでくらしてぇ!」とおそ松長兄は言ったけれど、俺も全力でそのつもりで生きていきたい。「好きなことで、生きていく

    とりあえず上司をキンプリにでも誘うか。

    ■関連記事
    キンプリは映画館をカラオケに変えるのか? アイドル映画は"一体感消費"と運用型コンテンツに向かう:伊予柑ブロマガ - ブロマガ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。