【うしおととら漫画版】あらすじ・ネタバレ・感想~第27章(第16巻)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【うしおととら漫画版】あらすじ・ネタバレ・感想~第27章(第16巻)

2015-06-28 21:41
    この記事では、うしおととら漫画版の第27「四人目のキリオ」(第15巻)のあらすじ・ネタバレ・感想についてまとめています。



    【うしおととら漫画版】第27章(16巻)のあらすじ

    うしおととら漫画版の第27章「四人目のキリオ」(16巻)のあらすじです。

    うしおととらの目の前に最後の伝承候補者・引狭霧雄(キリオ)が現れます。

    エレザールの鎌を持ち、九印と呼ばれる妖怪を連れたキリオは、獣の槍とうしおの存在を否定します。

    折しも、光覇明宗の総本山が白面の者の分身・くらぎに襲われます。

    うしおととら、そしてキリオと九印は、くらぎを退治するために総本山へと向かったのですが…。


    続きはコチラ
    うしおととら漫画版16巻のあらすじ・ネタバレ・感想~第27章


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。