• THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock! ライブ感想ライブ感想(楽曲編)

    2020-02-18 21:16
    おはこんばんにちは。
    バウアーです。

    今回は前回投稿した「出演者編」の続き、
    「楽曲編」となります。
    待ちに待っていた曲、
    もう一度聞きたかった曲を、
    バウアー視点で振り返る内容となります。

    ①ガールズ・イン・ザ・フロンティア

    この曲を冒頭に持ってくる。
    頭にありませんでした。
    確かにロックテイストもありますが、
    周年曲を頭に持ってきて会場の空気を一気に暖める。
    シンプルかつ効果的なセトリのトップバッターは、
    ふーりんへのカメラ抜きもあって、
    最高に雰囲気が盛り上がりました。

    ②美に入り細を穿つ

    自分にとっては待っていましたの曲です。
    羽衣小町としてのイベント開催の当時。
    はんなり曲が来るかと思ったら、
    まさかのハイスピードな和テイストの楽曲。
    今回のロック公演にもピッタリでした。
    初めて生で目にしたSS3A以来、
    立花さん、ルゥ・ティンさんのお二人が揃ったら、
    必ずこの曲を披露してほしいと毎度願っています。
    そして聞けた今回。
    目的を早くも達成した気分になりました。

    ③義勇任侠花吹雪

    和テイストという意味では、
    こちらも忘れてはなりません。
    声付きが後発組の中で、
    ライブ出演の回数もまだ少なめのお三方が、
    渾身の力で決めたあのステージ。
    ここで決めずにいつ決める。
    そんな決意すら感じさせるステージは圧巻でした。

    ④Gaze and Gaze

    このツアーでは必ずCD未発表の初披露曲が
    お目見えしてきました。
    今回はどんなメンバーなのだろうと期待する中で、
    花井さんと東山さんで「フォーリンシーサイド」として
    初披露。
    「このペアで来たのか」。
    正直な感想です。
    元々ペアユニットが少ない巴お嬢。
    川島さんもペアユニットは少ない。
    そういう点では合理的な面も持ち合わせたこのユニットは、
    デレステでのイベントが楽しみでなりません。

    ⑤Pallete

    オリジナルメンバーが全員揃ったら、
    その曲を披露しないわけがない。
    そういう意味で、
    Palleteがこんなに早めに来るとは。
    いつもなら数年の間が空いて、
    そこで漸く披露の傾向があるシンデレラガールズで、
    比較的短いスパンで披露でき、
    しかも生バンド付きの初披露。
    こんなレアな初披露は滅多にお目に掛かれません。

    ⑥おんなの道は星の道

    PalleteでPCSの空気が広がったと思いきや、
    ガラリと空気を変えてしまう曲が登場。
    ステージ両脇のスクリーンの演出も相まって、
    その場が歌謡ショーに早変わり。
    たった一人であそこまで空気を変えてしまうのは、
    さすが花井さんと言うべきでしょう。

    ⑦アンデッド・ダンスロック

    昔は「りょうこうめ」のペアに注目してませんでした。
    共通の趣味を持つ、
    普通の友人だと思っていました。
    ですがこの曲が登場し、
    デレ6thメットライフ公演で初披露して、
    度肝を抜かれました。
    人間性も全然違う二人が放つ化学反応の可能性。
    その大きさを味わい、
    また大阪公演で味わえたのは僥倖に他ありません。

    ⑧Trinity Field

    トラプリが揃っているのだから来るだろう。
    そう誰もが信じていたと思います。
    自分もそうでした。
    そして目の当たりにしたのは、
    6thナゴド公演とはまた違った三角形の立ち位置で
    歌うお三方の姿。
    生バンドの力も加わり、
    ただでさえ強キャラのように強い曲がさらに強く、
    こちらの肌にビシビシと衝撃を与えました。

    ⑨Fascinate

    これも今回の目玉曲の一つだったでしょう。
    昨年あれだけデレステをかき回した二人の楽曲。
    多くのPを曲名通り魅了する可能かのような雰囲気。
    力強さすら感じました。
    初のドームだというのに、
    堂々と歌い切ったお二人の影の努力が、
    身を結んだその瞬間を目に焼き付けられたのは、
    ラッキー以外の何物でもありません。

    ⑩双翼の独奏歌

    内田さんがお忙しい見であることは重々承知しています。
    ですが誰もがこの曲を聴きたがっていたのも事実。
    セリフもあって、
    お二人だけの世界がそこに展開されて、
    もはや世界構築のレベルだと思いました。
    曲が発表されてから2年以上経過しての披露。
    ダークイルミネイトの担当Pの方々にとって、
    待ちに待った舞台であることは間違いありません。

    ⑪紅

    カバー曲で驚かせたという点では、
    はっしーの「HOT LIMIT」もそうでしたが、
    こちらの曲は更に深い意味を感じました。
    この曲に至るまでに「毒茸伝説」など、
    喉に疲労が溜まる曲を既に披露していたさっつん。
    その中で歌いきった「紅」。

    確かカバー曲の収録時は、
    喉の負担から一発録音だったと記憶しています。
    そんな曲を、
    ライブの後半で既に疲労困憊の状態で披露。
    これを最高のロックと言わずにはいられません。
    カバー曲自体が披露されることが稀ですが、
    その中でもまず披露されないと思った曲が見られた。
    ラッキー中のラッキーでした。

    以上がバウアーが選ぶ楽曲と感想でした。
    ロックテーマのライブが如何に自分にとって
    ベストマッチなテーマだったのかを、
    身を持って体験できた素晴らしい二日間でした。
    こんなライブをまたやってほしい。
    少なくとも生バンドでやってもらいと、
    また思ってしまいます。

    次の9月ライブがどうなるのか。
    メンバーはどうなるのか。
    様々な期待を抱きつつ、
    続報を待ちたいと思います。

    それではここで失礼いたします。
  • 広告
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock! ライブ感想ライブ感想(出演者編)

    2020-02-17 21:29
    おはこんばんにちは。
    バウアーです。

    年跨ぎの7thライブツアー、
    いよいよラストである京セラドーム大阪へ到着。
    ポップ、ファンキーと来てのロックテーマ。
    元々ロック調の曲が多い印象は持っていただけに、
    どんなパフォーマンスになるのか。

    そしてシンデレラバンドとして参加される皆様。
    これまで数多くの楽曲に携わり、
    多くのPを魅力する楽曲を提供した頂いたことに、
    この場で改め感謝の意を伝えたいと思います。
    そして何より、
    生バンドとして参加してくれることの嬉しさ。
    こんなに近づいてくれるとは思ってもいませんでした。

    そんなシンデレラ初の生バンドライブ。
    今回もバウアー独自目線で三賞とMVPの出演者を
    選出していきたいと思います。

    尚、ふーりんこと福原綾香さんは既に殿堂入りのため、
    ここでは省かせていただきます。
    ご了承ください。

    敢闘賞:佐倉薫さん、関口理咲さん

    この二人を待っていました。
    昨年シンデレラで大騒ぎとなったVelvetRoseペア。
    その声を担当するこのお二方。
    初めてのライブが万単位のドームだなんて、
    相変わらずのスパルタ教育なアイマス陣営です。

    お二方、
    やはりとどこか固い印象もありましたが、
    やりきったパフォーマンスはどれも想像以上でした。
    「Fascinate」の披露はお二人の完全な支配の元、
    多くのPの皆様へ感動を届けたのは間違いなしです。

    技能賞:牧野由依さん、渕上舞さん

    二日間のライブでアコースティックのパートを与えられた
    出演者の中で、この二方はやはり凄かった。

    久しぶりの「薄荷」の披露がアコースティックな上に、
    本人の美声が合わされば天下一品のステージ。
    加蓮の曲として何度も聞いてきた曲が、
    新たな一面を見せた瞬間を目にできたのは嬉しかったです。

    そして牧野由依さん。
    まさか個人曲を合わせてくるとは。
    デレバ163回目の放送で、
    まゆの個人曲一曲目と二曲目が、
    第一楽章と第二楽章としてつながっている節の
    インタビューがあったと後ほど知り、
    ますますこの曲の素晴らしさがアピールされ、
    そしてご本人が気持ちよさそうに歌っている上で、
    いつものハイパフォーマンスは天晴れでした。

    殊勲賞:中澤ミナさん、星希成奏さん

    総選挙で声が付いたアイドルを、
    直ぐにライブに投入してきたこのライブツアー。
    今回はこの二人。
    お二人とも名古屋公演で発表されたサプライズゲスト。
    方や地下アイドルとしての場数を踏んでいる星希さん、
    一方はまだキャリアの浅い声優である中澤さん。
    互いに担当するアイドルは違っても、
    やり切る姿勢が各々違った形で垣間見れた二日間。
    本当にお疲れ様でした。

    MVP:松田颯水さん

    ロックなアイドル。
    これは長い議論になるのは間違いないテーマです。
    その中で今回一番ロックなアイドルは誰だったのか。
    最初はるーりーこと青木瑠璃子さんが
    目立つのかと思っていましたが、
    自分の目を奪ったのはさっつんこと松田颯水さんでした。

    二日間で個人曲を歌う機会が設けられ、
    更には二日目にカバーで「紅」を歌う。
    元々シンデレラの中でも声量の高い方が、
    その力を存分に発揮し、
    テーマに沿ったロックなステージを誰よりも見せた。
    そう思わずにはいられないほど。
    あの方に目を奪われました。
    ロックテーマのライブの中心に立っていたのは、
    この方だったと自分は確信しています。

    生バンドのシンデレラガールズのライブ。
    率直に言ってもう一回実現してほしいと切望するほど、
    良かったと断言できます。
    普段聞いているCD音源のライブでは聞けない音が、
    生で伝わってくる。
    この魅力は決して色褪せず、
    次回以降のどこかでまた実現すべき形式だと、
    確信したライブでした。

    今回は出演者で選出をしましたが、
    次回は楽曲で見逃せなかった曲を中心に
    セレクトしていきます。
    次回記事をお楽しみに。
  • ダイマを受けましたので自分なりにダイマ継投してみます。(渋谷凛編)-30

    2020-02-14 21:20
    おはこんにちばんは。
    バウアーです。

    アイマスアイドルの
    ダイマ継投記事シリーズの第30弾です。
    シンデレラガールズのアイドル関連では、
    一先ずのラスト投稿となります。

    最後は自分の担当アイドル、
    渋谷凛」にスポットを当てます。




    彼女が初めてCMで喋った時、
    このアイドルを担当したいと一目惚れしました。
    CINDERELLA MASTERシリーズで
    一番目を務めたことからも、
    センターポジションを任せられた存在。
    しかしあえてここでは、
    原点に立ち戻って彼女のアイドルとしての
    姿を見つめ直してみませんか?

    それでは彼女のアピールポイントを整理しましょう。

    ①「何か」を見つけるスタート

    デレアニもそうでしたが、
    デレステでも凛はアイドル世界への興味はゼロでした。
    しかししつこくスカウトを繰り返す中で、
    自分の中に追い求めたい「何か」が無いことに気付きます。
    それは「夢」なのか、
    「目標」なのか。





    夢中になれる何かを実は探していた自分に気付きます。
    そしてその夢中になれる何かがアイドル世界にあると信じ、
    飛び込むことを決意したのでした。





    ②凛は基本的には不器用

    練習場に通っていた卯月とは違い、
    凛は完全スカウトの身でレッスンに参加、
    宣材撮影に臨んでいます。
    何もかもが分からない世界で、
    自分なりにぶつかって経験値を積むしかない。





    しかしそのぶつかっていく中で、
    彼女はアイドルになっていきます。
    ぶつかってぶつかって、
    その摩擦熱が彼女の中の炎を燃やし、
    蒼白い炎が誕生します。
    凛はアイドルの世界に夢中になれる何かを見出し、
    この世界で生きていく意思を固めるのでした。




    ③飛び込んだ世界で広がる凛の輝き

    飛び込んだ世界アイドル世界で、
    心の友とも言える友人と出会います。
    卯月、未央、加蓮、奈緒と。
    また他ユニットとの繋がりがあるコミュもあり、
    探し求めていた「何か」があったアイドル世界は
    凛自身の輝きに磨いています。
    だからこそ目を離せない。
    どんなふうに彼女が輝くのか。
    誰と組んだらどんな科学反応が起こるのか。
    それが楽しみでなりません。




    自分が持てる知識、
    ダイマしてくださった
    Pの皆様から受け取りました知識をベースに
    彼女のダイマ継投をしてみました。
    これで彼女の魅力が伝われば、
    より一層輝くことでしょう。

    ダイマ継投シリーズは、
    一旦これで募集した分は終了となります。

    ですがこれで終わりではありません。
    今回はシンデレラガールズ中心に紹介しました。
    ですが受け付けたアイドルの中には他コンテンツの
    アイドルもあります。

    次回からは数は少なかったですが、
    他コンテンツからのアイドルダイマを
    紹介させていただきます。

    次回の記事を楽しみにしてください。