格闘技評価シリーズ:モハメド・アリvsジョージ・フォアマン(キンシャサの奇跡)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

格闘技評価シリーズ:モハメド・アリvsジョージ・フォアマン(キンシャサの奇跡)

2016-06-20 22:13
    2016年6月3日、ボクシング界の歴史に燦然と輝くレジェンドボクサー、
    モハメド・アリ氏がこの世を去った。

    自分がこの人の名前を知ったときは、既にパーキンソン病と戦っている時期に入っていた。
    足元がおぼつかないが、彼が登場すると大歓声に包まれる。
    ボクシングファンではなかった当時の自分にとって、不思議な人物だった。

    その後、プロレスファンになってからは色々な試合を視聴し、
    あのアントニオ猪木氏と対決した世紀の一線で再びその名前を知った。
    そこで初めて、自分はモハメド・アリの凄さを知り、試合動画を沢山試聴した。

    そして今回アリ氏が亡くなったのをきっかけに、今まで腰を据えてみていなかった
    超有名な試合をちゃんと見てみようと思うようになりました。
    それが「キンシャサの奇跡」と呼ばれる、
    1974年10月30日に起こった世紀の大どんでん返しの試合でした。

    当時のアリ氏はベトナム戦争の徴兵を拒否し、当時持っていた王座を剥奪されるだけでなく、
    3年7ヶ月もの長期ブランクを作ってしまった。
    さらに年齢も30代に入り、ピークを過ぎていたと見られていた。

    そんなアリが挑戦する当時のチャンピオンはジョージ・フォアマン。
    この試合まで40戦無敗。さらに1972年から74までの試合すべてで2ラウンド内
    KOを重ねてきた、当代最強のハードパンチャー。当然下馬評はフォアマン有利だった。

    試合が行われたのは現在のコンゴ民主共和国、当時はザイール共和国の
    ナショナルスタジアムで開催された。恐らく現地に集まった多くのファンは、
    フォアマンが早いラウンドでアリをKOする姿を見に来たのではないだろうか。
    しかし結果からすれば、誰もが予想だにしなかった形でアリがKOする逆転劇を
    目撃したのであった。

    試合開始からフォアマンは積極的にアリを攻めて試合の流れを作ろうとした。
    その勢いづくフォアマンを、アリは後退しつつ、時にロープにもたれかかって防御。
    一見するとフォアマンが一方的に前進して攻めているように見えた。
    しかしアリは後退しつつも、ポイントを稼ぐパンチはカウンターで入れていく。
    そしてロープにもたれてフォアマンのパンチをいなし、ダメージを軽減。
    結果、徐々にフォアマンの動きが徐々に鈍り、スタミナ切れを起こしてきた。

    そして運命の8ラウンド目。攻めるが決め手に欠けるフォアマンの動きが鈍くなり、
    アリのパンチを貰うようになってきた。
    アリはこの好機を逃さず、「蜂のように刺す」と表現された鋭いパンチを
    フォアマンの顔面に叩き込んだ。
    フォアマンはリングに倒れ、そのままレフェリーストップが宣告された。
    下馬評で不利とされた男が、王座返り咲きを果たしたのであった。

    自分はこの試合を見て、防御に優れたボクシングスタイルの極意が表現されたと思っている。
    ロープにもたれかかり、相手のパンチを可能な限り軽減できるようにかわし続ける。
    それはラウンドが進むごとに、対戦相手のスタミナが切れるという形で効果が出る。
    どんなボクサーでもスタミナ切れを起こせば動きが鈍くなる。
    そこにポイントを稼ぐパンチを叩き続ければ、相手は防御がままならないまま崩れ落ちる。
    攻撃は最大の防御と言われるが、その逆も可能であることをこの試合で証明した。
    そして既にボクシング評論家やファンの間で言われているような評価は
    正しかったと実感した。

    なお、この試合が「キンシャサの奇跡」と言われるようになったのは、
    試合会場のナショナルスタジアムが首都キンシャサであったことが由来とされる。
    さらにこのキンシャサの名前は、現在WWE所属のスーパースターである
    中邑真輔の必殺技の名前にもなっている。
    その理由については、Wikipedia等を参考にしてみてください。

    総評
    ボクシングは互いのパンチが交錯する殴り合いのだけのスポーツではない。
    時に相手のパンチを上手くかわし、ダメージを軽減させ、相手を疲れさせる技術は
    一発のパンチを凌駕する効果を発揮する。
    全盛期を過ぎたアリはそれを体現し、自身がまだまだやれることを王座獲得という形で
    証明した。史上最高の試合と評される試合に、高度な防御技術の究極の勝ち方を見た。
    9/10


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。