THE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITIES 01 リリースイベント感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITIES 01 リリースイベント感想

2016-11-07 21:01
    ミリオンライブが新しく発売したCDシリーズ、「The@ster Activitiesシリーズ」。
    これまでに発売されたCDにもドラマパートは含まれていたが、
    これほどメインとして売り出されているのは初めての試みだ。
    自分はドラマCDはそこまで興味を持っている方ではないが、
    試してみる価値のある企画だとは思った。

    そんなシリーズのリリースイベントの夜公演の抽選に当選し、
    横浜ベイホールまで足を運んだ。
    初めて訪れる会場ということもあって、新鮮さと緊張感があった。
    始発で最寄り駅に到着し、まだ主催者も到着していない会場の周りをウロウロした。
    今回の物販のラインナップはどれも中々センスの良いものばかりだったので、
    是非購入したいと思っていた。十分な数も購入できたので、満足の物販だった。





    そして肝心のイベント内容については、りえしょんともちょの絡みを期待していた。
    互いにミリオン声優の中では自由奔放なタイプであり、
    そんな二人の化学反応がどうなるかに期待していた。
    結果、コーナー説明を伊藤美来さんが行っている間にイチャイチャする二人を見て
    予想通りだと思った。

    伊藤美来さんについては、やはりミリオンでは出演が多い方なだけあって、
    場慣れしている感じがあった。アニバーサリーライブで何回も御呼ばれしているし。
    それでもやはり、進行役となるとまだ場を取り仕切るのは慣れがない様子だった。
    というより、今回のメンバーを取り仕切るの役目をこの人に任せるのは酷だとも思った。
    もちょとりえしょんという制御不能なお二人が居る以上。

    小岩井ことりさんについては、外見での変化が毎度感じられる方だ。
    幕張2ndライブで初登場した時は編み込んだ腰まで伸びている長髪を披露。
    LTD04リリイベではその長髪をサイドのツインテールで結って登場。
    幕張3rd一日目ではシンプルなポニーテールで再度長髪を披露していた。
    そして今回のリリイベで遂に、担当キャラである天空橋朋花ちゃんと同じ
    お団子を作っての登場となった。
    自分は毎回ことりさんが登場されるときはお団子のエクステを付けて会場に居るのだが、
    本物はやはり違った。
    ようやく、キャラクターとな時髪型で登場するというのはこれまたレアで美味しい。

    まだまだ初々しさが感じられたのは中村温姫さん。
    ミリオン関連のイベントではLTD05のリリイベで初登場。
    ミリオン3rdツアーでは福岡公演でご出演された。
    ラジオ関係では出演がちょこちょこある印象だが、
    頻繁にお声が掛かる方では無いからやっぱりお顔を拝見できる機会があるのは貴重だ。
    スピンオフドラマコーナーで野球のスイングをしていたのをみて、
    そういえばこの人は巨人ファンだったということを想いだした。

    イベント内コーナーについては、収録裏話が披露されたのが貴重だった。
    普段なら雑誌やネット記事のインタビューで知ることが多い裏話を、
    参加者であるご本人たちから聞けるというのは経験がなかった。

    スピンオフドラマコーナーはやっぱりかと思ったアドリブ豊富な色合いとなった。
    会場に集まったPと一緒に子豚ちゃんコールを練習するシーンのりえしょんの
    リアクションはあれは台本には載っていないものだっただろう。
    会場からも大きな大きな笑い声が起こった。

    そして自分が待っていたライブステージ。
    CD収録曲の「創造は始まりの風を連れて」と「DIAMOND DAYS」が披露された。
    いつまたこのフルメンバーが揃うとは限らないことを考えると、
    リリースイベントで初めて見られるという貴重な機会を逃すことはできない。
    そしてこの目で見たフルメンバーのステージはとても凛々しい印象を受けた。
    特にことりさんは、ステージでの緊張感がメンバー内で一番感じられた。
    それは硬いというわけではなく、場を支配する糸をピンと張ったようなイメージだ。
    りえしょんは格好いい曲もこなせる引き出しの多さを改めて感じさせてくれた。
    ミリオンの安打製造機こと伊藤美来さんの安定感は抜群。
    センターのポジションを任せるにふさわしい。
    温姫さんは徐々にミリオンのステージに慣れてきた感じがした。
    これからライブ出演回数をこなせば、より伸び伸びとしたパフォーマンスが見られそう。
    もちょはやっぱりトークの姿と歌う姿のギャップがたまらない。

    初めて訪れたライブハウスで、初めて目にしたTA01オリジナルメンバーのステージ。
    色々と満足感を覚え、次なるTA02ライブがどうなるかが非常に楽しみになった。
    そしてあくる日、自分のメールボックスにTA02第一回イベント当選のメールが届いた。
    自分はとても興奮した。もう今年は会いえないと思っていた愛美さんにまた会える。
    それだけでもう有頂天だった。この人みたく。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。