ミリシタはやっぱりグリマスの後継者だった
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ミリシタはやっぱりグリマスの後継者だった

2018-03-25 21:29
    おはこんにちばんは。
    バウアーです。

    昨日、GREE版ミリオンライブことグリマスが終わったことに対する
    バウアーの心境を書き綴りました。
    一つのコンテンツが終わってしまう寂しさを初めて味わい、
    これまでの日々への深い感謝を自分なりに述べさせてもらいました。

    と、思っていたら今のミリシタのイベントとガシャを見て
    明らかな非常に差を覚えました。
    それはそれまでシアターデイズとして、
    シアターの皆のとの日々を絵柄にし続けたガシャや
    イベントのシナリオの数々と比べて、
    明らかな変化を感じました。

    まずは先日まで開催していたガシャ。
    ショッピングを楽しむ765プロのアイドル達の
    ショッピング模様をカード絵柄にし、
    としても朗らかな印象を受けます。


    そしてこちらは現在開催中の
    「クールに決めろ!バトルガールガシャ」のメインであるのり子の絵柄です。
    のり子がバイクに乗りながらギャング団と思われる悪人たちに向かって
    マシンガンをぶっ放す様子が描かれています。


    ・・・急に変わり過ぎでは?

    恐らく多くのミリオンPの方々も感じていると思います。
    グリマスのスタッフがミリシタに流れ込んできた、と。

    これまでのグリマスのガシャ、
    イベント関係ではプロデューサーを飽きさせない刺激的なカード絵柄や
    シナリオが展開されてきたのは、
    前回書いた通りです。
    そして今回のこのガシャイベント。
    グリマス時代の匂いをプンプン感じてきます。
    カード絵柄が新規で、
    のり子に新しい衣装が追加されたということはおめでたいですが、
    同時にグリマス時代のはっちゃけ具合を覚えます。
    ガシャのタイトルにバトルガールと付いていることもあり、
    のり子が起用されたということに対してはピッタリな配役です。
    ですがマシンガン片手にギャング団の団員と闘うというのは、
    これまでのミリシタのガシャの中では刺激度がトップクラスでしょう。

    これに関しては、
    自分はグリマス時代の刺激がミリシタにやってきたとしたら、
    嬉しいことです。
    後発コンテンツとして刺激的なイベント内容を提供してきたグリマス。
    そしてその後継者であるミリシタ。
    血を受け継いだミリシタに眠っていたグリマスの血が目覚めて、
    遂にガチャではっちゃけるようになったとしたら、
    今後の展開がとても楽しみです。
    現在展開中の「プラチナスターツアー~ZETTAI × BREAK‼ トゥインクルリズム~」は
    これまでのイベントからしても刺激のベクトルが違っていて、
    寧ろグリマス寄りの内容だと思っています。
    このままグリマスの色とミリシタの色が上手く混ざり合い、
    シアターデイズがそれまで持ち合わせていなかった刺激あるコンテンツ展開の
    ノウハウをグリマス受け継ぎで発揮出来たら、
    バウアーはこの上なく嬉しいです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。