THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆ 4/30(第二部)参加感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆ 4/30(第二部)参加感想

2018-04-30 22:21
    おはこんにちばんは。
    バウアーです。

    最初このライブの情報を知った時、
    どんなことをやるのかと想像ができませんでした。
    開催場所が横浜の「DMM VR THEATER」。
    それまでの開催してきたライブを見ると、
    年少層の女児向けの「アイカツシリーズ」の
    CGキャラクターを使ったライブが開催されたり、
    ONE PIECEのドラマシアターがあったりと、
    有名どころのコンテンツのイベントに
    使われている場所であることがまず分かりました。

    場所の売りは「3D眼鏡無しで3D映像を満喫できる」
    ということからも、
    これまで3Dキャラクターを動かしてきたアイマスと
    この会場との相性はとても良いと感じました。
    これまでは家のテレビで見てきたアイドル達が、
    眼鏡無しで、VR装置を装着しなくても臨場感のある
    ライブを見られる。
    非常に前衛的なイベントになるだろうと予想しました。

    そして実際に会場に向かうと、
    横浜駅からとてつもなく近い場所であることに驚きました。
    公式サイトを確認して頂ければわかりますが、
    徒歩5分で本当に到着しました。
    これまでの箱物の中では、
    アクセスが抜群に良い場所でした。

    そして席に映画館風の折り畳みの席に座り、
    回りを見渡してみると小規模の箱であることを感じる狭さを感じつつ、
    ステージ上の装置に目が行きました。
    一見すると普通のステージに見えますが、
    その裏にはとんでもない装置で観客を驚かせる驚きの技術がありました。

    開演時間となり、いつもの小鳥さんの諸注意挨拶が終わると、
    ゲームで見たモデルのアイドル達がこれまで発表された楽曲の
    ショートバージョンを次々と披露しました。
    確かに売り文句である「3D眼鏡無しで3D映像を体験する」というのは、
    これまでテレビで見てきたモデルが目の前で臨場感と一緒に
    踊る姿を見るのはこれまでに体験したことが無い形でした。

    そしてライブも中盤。
    この日の日替わり主演アイドルである天海春香がCGモデルで登場。
    恐らく舞台裏でモーションキャプチャー装置を付けたダンサーさんが
    踊っていたのでしょうが、
    それより前までのショートバージョンのステージとは違い、
    何か緊張感を感じました。
    「キラメキ進行形」をダンサーとCGモデルの春香で踊り、
    場を盛り上げました。

    MCタイムに入ったら今度はアドリブ交じりの会場のPとのやり取りが展開。
    ステージ上の春香がPに対して色々と質問するという、
    まるでゲームの世界に入ったかのような感覚。
    すると自分の席の真後ろの女性のPの方に突如指名されるというサプライズが
    起きました。
    ツイッターのタイムラインで既に知っていましたが、
    こんな形でアドリブが行われるとは思っていませんでした。
    あと、春香の法被を着ていた方が指名されまして、
    その方を法被Pと春香は読んでいたので、
    その方は今後その名前で活動するでしょう(笑)

    まさかの壇上の春香から指名が起こるというサプライズが起こったMCパートが終わり、
    後半戦もCGモデルキャラによるショートバージョンの曲の連発。
    最後は「乙女よ大志を抱け」で終わり。
    第二部の公演は終わりました。

    ライブ後の感想としては、
    新たな可能性を十分感じさせてくれるライブだと強く思いました。
    VRが今後も発展していくことを見据えると、
    シンデレラガールズも同じようなライブを開催することが出来るでしょうし、
    ミリオンやSideMもモデルを持ってきて踊らせることは
    技術的に可能だと感じました。
    小規模でいいので定期ライブを欲していた自分としては、
    その夢がこういう形で叶うのだと、
    強い感動を覚えました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。