THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆ 5/4(第一部)参加感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆ 5/4(第一部)参加感想

2018-05-04 21:59
    おはこんにちばんは。
    バウアーです。

    このMR ST@GEに参加するのも、
    これで三回目となりました。
    会場場所もこれだけ頻繁に通えば、
    覚えるというものです。
    今回は主演アイドルが菊地真ということもあり、
    スポーツ系の質問が飛んできてもいい様に、
    いくつか答えを用意していました。
    会場に到着するまでの間でしたが。

    今回の席はB列とこのイベント参加では最前列のポジションでした。
    これまではG列やF列と真ん中あたりでしたが、
    近くで見ても3Dモデルの出来が悪くなったりしないのか、
    そういう部分が気になりました。

    そしてライブが始まりました。
    ショート曲のセットリストは4/30に見た流れと同じでした。
    ですが今回は機材が不調だったのか、
    途中でモデルがカクカクになっているシーンがいくつかありました。
    それまでは会場の真ん中あたりで見ていたために
    気付かなかったのか、
    3Dモデルも接近しすぎるとそういう風に見えてしまうのか、
    兎に角これまでとは違った発見がありました。

    前半の締めは主演アイドルの菊地真による「tears」でした。
    本家ライブでも歌われる頻度が多いとは言えない曲を、
    3Dモデルで間近で見られるというのは、
    一種の特権だと感じながらも興奮しました。
    二人のダンサーさんと、
    3Dモデルの真によるダンスシーンは一見の価値ありでした。

    そして今回のMCタイム。
    どんな形で指名してい来るのか期待していましたが、
    まさか会場内の「キクチ」さんと「マコト」さんへ
    指名するというのはこれまでになかったシステムです。
    恐らくはこれまでは壇上から主演アイドルが指名していたやり方では、
    裏方のカメラで客席を見て指名するのが思ったよりも
    やりずらいと思ったのでしょう。
    条件付きでどなたかを指名するスタイルの方が、
    裏方の負担も減ると考えてのアイディアでしょう。

    後半のセットリストも、
    前に見たことのある流れでした。
    恐らくは前半と後半で2パターンずつ用意し、
    それをこのライブ機関の間に使いまわしていく予定なのでしょう。
    準備期間がどれ位あったかは知りませんが、
    毎回違ったセトリを使いまわしとはいえ準備するのは大変だったのか、
    使いまわしも止む無し、と言ったところでしょうか。

    そして最後は「自転車」。
    ライブでもお馴染みの真の個人曲の中でもノリの良い曲で
    締めてくるのはベタですが大正解だと思いました。
    アニバーサリーライブでこれまで聞いてきた、
    「好きだよ!」と「嫌いだよ!」のコールは何度聞いても、
    そして自分自身でやっても気持ちよいものでした。



    今回が三回目の参加となりましたが、
    MCタイムで投げかけてくる様々なアプローチのおかげで、
    飽きることがありません。
    これまでとは違うPの皆様とアイドルの距離の近さが、
    このMRイベントの何よりの独自色だと、
    通うたびに感じています。
    そして明日も足を運んで、
    どんな違ったアプローチを仕掛けてくるのか、
    とても楽しみです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。