課金額の高さを理由にマウントしてくるN先輩は最悪の部類のP
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

課金額の高さを理由にマウントしてくるN先輩は最悪の部類のP

2018-09-29 22:21

    おはこんにちばんは。
    バウアーです。

    「課金額の高さを理由に
     マウントしてくるN先輩は最悪の部類のP」

    先日のことでした。
    有名なまとめサイト、
    「オレ的ゲーム速報@JIN」にて、
    元アイマスPの方がどうしてアイマスから
    離れたかを書いた記事を見ました。

    「元アイマスPの悲痛な叫びが話題に
     「プロデューサーよ、お前らの愛は結局金か?
     画像や音声データに金ぶち込んで一生イキってろ」

    http://jin115.com/archives/52234039.html


    仮にこの方の書いた内容が100%の体験談だとしたら、
    悪い人に出会ってしまったと悲運さを
    嘆きたくなります。
    課金ゲーが当たり前となった今日、
    課金額をそのままコンテンツへの愛だと主張する輩は
    どこにでも一定数いると感じています。
    それこそアイマスも含めて、
    どこに行っても逃げられないほどの人数がいるのでは、
    時々想像してしまいます。

    自分も課金ゲームをやっている人間です。
    ですが掛けた金額=愛情の証だなんて、
    どうしたらそういう思考回路になるのでしょう。
    この参照元記事のタイトル通り、
    冷静に考えたら課金ゲームで得られるのは画像、
    音声データです。
    もちろん時々貰えるチケットやジュエルの類で、
    無料でカードを獲得することもできますが、
    我慢の出来ない人は一気にお金をつぎ込みます。
    そしてその姿を皮肉って、
    ツイッター上では時々、
    使用済みiTunesカードの山と一緒に燃え尽きた姿の絵を
    投稿、或いはスクショした別の人の過去絵を
    投稿したりするのでしょう。
    この記事内で投稿者が「N先輩」とした人は、
    きっとその課金額の高さで自身のプライドを保つ、
    見当違いの人なのでしょう。
    好きで課金しているのだから、
    それを他人に自慢したところで何になるのでしょう。
    そこが理解できません。

    あとはこの方がアイマスPを辞める経緯についてですが、
    もしこの人が自分と同僚関係にあったら、
    少しは愚痴を聞いてあげられるかもとも思いました。
    自分は課金については別段重視しておらず、
    どちらかと言えばこの方と同じライブ重視なので、
    気が合う人かもしれないと思いました。

    また、もしこの方が付き合う場所を変える勇気があれば、
    とも思いました。
    この世にはアイマス好きで集まっているグループが
    いくつも存在します。
    かく言う自分も、
    そんなグループに所属して月一回は飲み会に
    参加しています。
    割合ソロで活動が多い自分なので、
    そこそこの付き合いができるようなグループがベストでした。
    この記事の方の場合は大学のサークルのようですが、
    いっそそこを飛び出して
    別グループに参加するのはどうでしょう?
    たまたまN先輩という最悪の人物にあったのなら、
    そこから離れて記憶をリフレッシュした方が、
    アイマスだけでなく
    人生レベルでリフレッシュができるのではと
    思います。

    もしこの人とコンタクトが取れるのなら、
    一度面と向かって話し合いたいと思います。
    それは興味本位の部分も込みですが、
    このまま嫌なイメージを持ったまま
    アイマスから離れるのは、
    しこりがあって個人的に嫌だからです。
    余計なお世話なことは承知です。
    ですが飽きてコンテンツから離れるならともかく、
    嫌な人間関係が理由で離れるという理由には、
    コンテンツそのものに落ち度はないはずです。
    最終的に離れるにしろ復帰するにしろ、
    コンテンツに対するイメージを払拭してから行動しても、
    遅くはないでしょう。
    また周囲の人間には引退を告げたようですが、
    場所を変えて復帰というのは一つの道ではないでしょうか。
    自己啓発セミナーの講師のような発言になってしまいますが、
    環境を変えた時のインパクトは大きいはずです。
    お節介なバウアーが一言言えるのは、
    「是非ご一考を」
    それだけです


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。