アイドルにあやかりたいバウアーです
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アイドルにあやかりたいバウアーです

2019-11-06 22:04
    おはこんにちばんは。
    バウアーです。

    自分と名刺交換したPの皆様、
    特にシンデレラガールズのライブでお会いする皆様は、
    その時の自分の姿の奇抜さに驚かれているかと思います。
    知人からはキメラと称されるその格好は、
    自分にとってライブの出演者が担当するアイドルに、
    あやかりたいという気持ちが表れているのです。

    始まりはミリオライブの中野1stでした。
    MOIW2014で愛美さんのギター演奏と同時に、
    フェイスペイントをしているのを目の当たりにし、
    自分もやりたいと思ってやってみました。
    それが今や定着し、
    ミリオライブのイベント関係だけではなく、
    いつもお世話になっているコミュニティの飲み会参加時に
    必ずフェイスペイントをしています。

    シンデレラではそれがさらに進化し、
    出演者が担当するアイドルにあやかるように、
    様々なグッズを身に纏うようになりました。
    うさ耳、猫耳、しっぽ、法被、何でもござれです。
    美玲ちゃんに声が付いてからは、
    眼帯をしながら名刺交換をするようになりました。
    先日のバンナムフェスでもやりました。

    あやかりたい気持ちが起こる理由としては、
    少しでもアイドルとの距離を縮めたい気持ちが
    強いのだと自己分析しています。
    1990年代に安室奈美恵さんがJ-POPシーンで
    センセーションを起こしていたあの時代。
    アムラーと呼ばれる女性の方々が
    現れて社会現象になりました。
    もっと遡れば、
    松田聖子さんがトップアイドルの時代に
    聖子ちゃんカットなる髪型が流行となり、
    世の女性が真似していた時代がありました。

    自分はその方々の気持ちが何となくですが分かります。
    ステージ上で輝くアイドルに憧れる。
    自分はPという立場で長年このゲームを愛してきましたが、
    ライブ現場で目にした出演者の皆様の輝きは、
    あやかりたくなる気持ちを呼び起こすほどのものでした。
    それが今では、
    名刺交換の時に少しでも目立つ手段となりましたが、
    あやかりたい気持ちは変わらないままです。

    見た目だけのあやかりと言われてしまえば、
    それでおしまいです。
    ですがそれで構いません。
    自分は自分なりに近づいてみたいと思って、
    あの行動を起こしているだけです。
    変なリターンを期待しての行動ではありません。
    究極的には自己中心的な行動です。

    しかし逆を言えば、
    そんな行動を自然に起こさせるほどに、
    アイマスライブに出演される皆様のパフォーマンスは
    素晴らしいということの裏返しではないでしょうか。
    今回のライブでも、
    自分は自分なりの着飾りをしてナゴドに行きます。
    そしてそんな中で名刺交換を繰り返し、
    もっと独自色のあるPの皆様と出会えたら、
    自分のモチベーションアップになります。
    時に自分の予想の斜め上を行くようなアピールを
    敢行する方々もいらっしゃり、
    名刺交換がとても楽しくなります。
    そして自分は自分なりのやりかたで、
    出演者が担当するアイドルへの愛を表現したいと、
    改めてこの場で決意表明します。

    今回はここで筆を置きます。
    次回の記事でまたお会いしましょう。
    それでは失礼いたします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。