ダイマを受けましたので自分なりにダイマ継投してみます。(奥山沙織編)-13
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ダイマを受けましたので自分なりにダイマ継投してみます。(奥山沙織編)-13

2020-01-16 21:53
    おはこんにちばんは。
    バウアーです。

    アイマスアイドルの
    ダイマ継投記事シリーズの第13弾です。

    今回は「奥山沙織」にスポットを当てます。




    出身地の訛りが抜けないまま上京し、
    アイドルを志す気持ちは誰にも負けない。
    しかし逆にその訛りが彼女に色を与え、
    彼女にしかないものを見せることになります。

    ①兎に角アイドルをやってみたい

    アイドルとして活動をする際に、
    言葉の訛りが本人のキュートポイントに
    なることは昔からあります。
    それこそ関西弁とか。

    ですが彼女の場合は秋田県出身。
    特に言葉の訛りがキツい地方です。
    お年寄りで県外に出たことがないような方の
    喋っている言葉があまりにも訛っていて、
    聞き取るのすら非常に困難なこともあるとか。

    そんな訛りを持ってきた彼女は、
    意識こそしていないでしょうがそれが逆に
    希少価値となって彼女の魅力に結びついたと分析します。
    よくある関西弁などではなく、
    東北弁という訛りは彼女の武器として大いに使うべきでしょう。

    ②ルックスの差の大きさ

    これはダイレクトマーケティングしてくださった方のコメントなのですが、
    奥山沙織は特訓前と特訓後の雰囲気の変わり方が大きい、と言われました。
    一例を出してみましょう。

    これは「ニューマイセルフ」の特訓前のカード絵柄です。
    真剣にハイヒールの見つめる姿は、
    いつもの沙織ちゃんそのものです。



    そして特訓後のカードがこちら。
    眼鏡を外しているのもそうですが、
    変身に近いレベルでアイドル「奥山沙織」がステージに
    立っています。
    堂々としたその立ち姿は、
    他のアイドルに負けていません。




    スイッチ切り替えで性格すら変わるアイドルもいる中、
    本人はそのままでここまで雰囲気が変わるというのは
    王道的なギャップを感じさせるアイドルではないでしょうか。

    ③彼女の名前のお米って作れないでしょうか

    彼女はお米にうるさいです。
    デレステのウワサにもあるように、
    そのお米に関しての拘りはかなりあると伺えます。

    ならばここで彼女の才能とも言える利きお米の能力を使い、
    ブランド米を作る、というプロデュースが見えました。
    現実の芸能人の中にはお米をプロデュースしている人もいるので、
    彼女にもそれが若くして出来るのでは、とバウアーは思いました。

    まとめ:
    秋山から上京してきたアイドルは訛りもまだ抜けていない、
    垢抜けていない女の子。
    だがその子のアイドルへの憧れは誰にも負けず、
    ステージに立てば変身とも言えるレベルでの雰囲気の違いを
    生み出すポテンシャルがあります。
    プロデュース次第では大きな舞台に立つことも、
    最短で達成できるのも夢ではありません。

    自分が持てる知識、
    ダイマしてくださった
    Pの皆様から受け取りました知識をベースに
    のダイマ継投をしてみました。
    これで彼女の魅力が伝われば、
    より一層輝くことでしょう。

    次回は「ナターリア」を
    ピックアップ予定です。
    次回の記事を楽しみにしてください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。